数量:1
ドリアン・グレイ [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。注)レンタル専用商品でディスクは1枚です★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスク、ジャケットに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。 注文確定後48時間以内に発送予定です。■発送はプチプチ梱包のうえ日本郵便のクリックポスト(ポスト投函で追跡可能)で発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドリアン・グレイ [DVD]

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,972 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,132 (28%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,972より 中古品の出品:1¥ 1,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ドリアン・グレイ [DVD]
  • +
  • ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)
総額: ¥3,814
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベン・バーンズ, コリン・ファース, レベッカ・ホール, レイチェル・ハード=ウッド, ベン・チャップリン
  • 監督: オリヴァー・パーカー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2012/06/02
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007C13L8S
  • EAN: 4907953042162
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,131位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ベン・バーンズ「ナルニア王国物語」シリーズ×コリン・ファース「英国王のスピーチ」 アカデミースタッフが贈る、オスカー・ワイルド原作のサスペンス・ダーク・ファンタジー!

絶世の美貌と肖像画に隠された謎─あなたは、この暗闇から逃れられない。

■『ナルニア王国物語』シリーズのベン・バーンズ×『英国王のスピーチ』のコリン・ファース競演!
『ナルニア王国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』で一躍注目を浴びたベン・バーンズがドリアンを演じ、ドリアンを罠にはめていく男ハリーに『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞受賞のコリン・ファースが熱演!

■オスカー・ワイルド原作「ドリアン・グレイの肖像」をアカデミースタッフ陣が映画化!
原作は、『サロメ』『理想の女』などが映画化された作家オスカー・ワイルド。「ドリアン・グレイの肖像」はオスカー・ワイルド唯一の長編小説であり、過去に2度映画化され、今回が3度目となる。また映画だけでなくTVドラマ、日本でも舞台化されている人気原作を、アカデミー受賞作『英国王のスピーチ』の制作スタッフ陣が映画化!

【ストーリー】
美青年のドリアンは、ロンドン社交界で華麗なるデビューをする。ある日、一流画家のバジルに肖像を描いてもらう。仕上がった肖像画はまるで生き映し。美貌と純心な性格のドリアンは瞬く間に噂になるが、ハリーと出会いドリアンの人生が変わっていき、ある日、ドリアンは女優シビルに出会い2人は恋に落ちる。しかし、ハリーは、ドリアンに若い女たちとの夜を過ごさせ甘い罠に落とす。シビルにバレてしまい、傷心のあまり自殺をしてしまう。ドリアンは、ハリーにも言えない肖像画の秘密を持ち、姿を消す。十数年後、ドリアンは再び戻ってくるが…

【キャスト】
ベン・バーンズ、コリン・ファース、レベッカ・ホール、レイチェル・ハード=ウッド、ベン・チャップリン、ピップ・トレンズ

【スタッフ】
監督:オリヴァー・パーカー、脚本:トビー・フィンレイ、音楽:ジョナサン・エリアス、原作:オスカー・ワイルド『サロメ』

【初回生産特典】
ポストカード2種封入

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

オスカー・ワイルド原作のサスペンスファンタジー。美青年のドリアンは社交界で一躍世間の注目を集める。彼は一流画家のバジルに肖像画を依頼するが、生き写しのように美しいその肖像画にはある秘密があり…。ベン・バーンズ、コリン・ファースが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作に忠実版、オカルトテイスト、B級スリラー、果てはマカロニエロ路線など。
何度も映像化されているご存知オスカー・ワイルド原作の幻想小説「ドリアン・グレイの肖像」
であるが、私的にこの映像化が最も出色だと思う。
何よりキャストが素晴らしい。だいたいこれまでのドリアン役はルックス重視は当然ながら
エゴと理想崩壊で自滅するこの難キャラクターを、内面と直結して消化できている例は
残念にもいなかったのだけども、今作のベン・バーンズの演技は表裏内外の自己葛藤が
その美貌に負けずただの堕落者でなく、且つ人間らしい弱さへの共感すら新たに付け加える
という大変良い仕事をしていて、原作好きとしてはかなり首肯できるドリアン具現と言える。
そしてこの映像化に一番貢献してくれたであろうコリン・ファース、これでオスカーでも
いいんじゃないか、ってぐらいブリリアントなヘンリー・ウォットン卿に扮している。
正直このストーリー自体、一歩間違えればただのイロモノになってしまうスレスレ物語なところを
文学原作ものというジャンルからゆるがせもせずカテごライズしてくれるのは、偏にこのひとの
名演賜物。英国貴族に会ったことがないひとは彼をしてその具象を見ることができる、ぐらい、
このひとの知性と
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/4
原作とは大幅に人物設定等が脚色されていた。
特にドリアンが自身の肖像画に抱く強烈な嫉妬心、初恋の相手への恋心が冷める動機の「芸術至上主義」の部分が描かれていない点が惜しい。
この点が描かれていればよかったのにと思う。
画家バジルとの男性同士の妖しく危険な関係は、本作では明確に表現されていて、他にもドリアンの官能的な性描写のシーンが多い。

世紀末のロンドンの退廃的、危険な香りが濃厚に出ている点はよかった。
また、主人公ドリアンの人間的な苦悩や心理描写は細やか。
田舎から出てきた初心で純朴な青年ドリアンが、ウォットン卿(コリン・ファース)に感化されて悪魔に魂を売り、次第に堕落して邪悪な美青年に変貌していく様子はじっくりと描かれていた。
ドリアンが次々と罪を重ねた後に、一瞬見せる驚きや悔恨と苦悩の表情を見せるシーンには、人間らしいリアリティーを感じられる。
特に肝心なドリアングレイの肖像画は、本作がもっとも美しいと思うが、女優陣に艶やかさと華やかさがない点は残念。
前2作の映画と比べて鑑賞すると、面白いかもしれない。
ドリアン役のベン・バーンズは、ノーブルな美青年で魅力的だった。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これ2009年の映画なんだけど、日本では未公開。
こないだやっとDVDが出たので。

オスカー・ワイルドの代表作、『ドリアン・グレイの肖像』を映像化。
どんな端正な映画になってるかと思えば、
文芸作品らしい気取りや堅苦しさはまるでなくて、
どちらかと言えばちょっとお下品な感じの、
エロもグロもありのホラーサスペンスになってる。
原作の知名度に物怖じしないこの姿勢やよし。

ドリアン・グレイ役はベン・バーンズ。カスピアン王子の人。
ドリアン・グレイといえばブロンドで線の細いイメージだったけど、
まあとにかくどえらいイケメン。ケツアゴだけど。
ロンドンに出てきたばかりの純真でウブな青年が、
乱交に男色に親子丼にと、快楽に身を堕としていく様を熱演。

彼を快楽の世界に導くヘンリー卿はコリン・ファース。
シニカルな毒舌を武器に社交界でブイブイ言わせている彼。
原作とはちがって、後半では子供ができ、まっとうで退屈な人間になっていく。

わりとシンプルな原作を大胆にアレンジしてあって、
特に後半部分は完全に映画オリジナルの展開。
決して老いることのない美貌の裏で、モンスターと化
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2012/6/7
Amazonで購入
その印象を語るなら“文学的ホラー”
その美貌に自ら囚われて行く青年の末路を描く。

 舞台はロンドン、夢や憧れ,ねたみや嫉妬が渦巻く華麗なる社交界
そこに突如として現れた青年ドリアンは、その類稀なる美しい容姿で、
一躍注目の的となる。
田舎青年の雰囲気残る純粋な青年は、気取りはなく人なつっこい感じさえ。
男女の区別なく惹きつけるその魅力、まだ本人は気づいていない。

 ドリアンに事あるごとに悪さ?を吹き込むヘンリー卿。
彼の持つ美しい容姿の利用価値を見抜き、それが社交界のもう一つの遊び?
ドリアンをミスリードして行く。
真剣な初めての恋、それさえもゲームのコマにしてしまう…
 もう一人の友人画家のバジルが描いた、ドリアンの肖像画。
まるで生きているかの様な傑作に仕上がる。
その中に永遠に失われることのない美を見たドリアンは嫉妬さえ感じ、
そして…自ら悪魔に魂を売ってしまう。
そこから始まる狂気…堕落、冷酷、更には残忍さが顔を出す。
とどまる事のない欲望の果てに待つものは…

 一歩間違えばそこがクローズアップされそうな、夜な夜な繰り広げられる怠惰な世界。
今作品が踏みとどまっ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック