中古品
¥ 299
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ミクブックス
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 5%割引中!!(注文確定後、商品代金の5%ご返金します)。カバーに多少傷みあり。でも全体的には非常に綺麗な商品です。書き込みもなし。発送の際には、汚れは出来る限り取り除き、丁寧に適切に包装してお届けさせていただきます。 * 万が一、商品説明と著しく異なる場合にはお知らせください。迅速に対応致させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書 単行本 – 2005/8

5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 299
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20世紀を代表する偉大な思索家ドラッカー初の自伝。著名人らと身近に接した少年の頃の思い出からナチス政権下の新聞記者時代、GMの企業調査を通じて「マネジメントの巨人」になるまでの波瀾に富んだ半生を語る。

内容(「BOOK」データベースより)

多くの著名人と身近に接した少年時代、ナチス政権下の記者稼業、人生を決定づけたGMとの運命的な出合い―。マネジメントの巨人が波乱に満ちた人生を振り返る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 201ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532312329
  • ISBN-13: 978-4532312329
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 433,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
今年11月11日、96歳を前に他界した氏は、大学教授、コンサルタント、文筆家として「20世紀産業界の発展に最も寄与した巨星」という言葉がふさわしい。

世界の新聞ランキング1位の英フィナンシャル・タイムズ紙は、最も影響力のあるビジネス作家や経営専門家を1位と評したことは何よりの証である。

チャーチル英首相が激賞し、米・英等の政府からGE、GM、IBM、インテル、マッキンゼー〜ソニー、松下、セブン&アイ、NECなど超一流企業にいたるまで、直接・間接的に経営変革に多くの功績を残す。あのGEのジャック・ウェルチ氏の革命を指南したのも氏である。

氏は未来などすべてを俯瞰しているかのように洞察力は鋭く、経済・社会・文明の潮流を読み取り、ソ連崩壊や、知識社会、高齢化社会到来の予言、そして日本が経済大国になると論文を書き、いち早く日本の可能性を見抜いた欧米人でもある。組織と経営のマネジメントの概念を発明し、民営化、分権化、知識労働者、目標管理は氏による造語である。

本書は今年2月に日経新聞の連載「私の履歴書」をまとめたもので、訳者解説で逸話や背景説明など加わり理解を深めてくれる。書き下ろしとしては最後の作品で、かつ唯一の自伝で日本語版限定である。

台頭する前のヒトラーに取材した話。ハーバー
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は世界的な経営学の権威であり、日本のビジネス界でカリスマ的な影響力を誇るドラッカー氏の自伝的書物です。
 一番の特徴は、ドラッカーという権威に親しみを覚えることです。彼も若いころには多くの失敗をしていたことが分かり、親近感を覚えると同時に、妙に慰められます。また、彼の人柄や考え方がダイレクトに伝わってくるので、参考になることも多いと思います。
 ドラッカーの著作を読み込んでいる人には副読本として、これからドラッカーを読んでみようかと思っている人には入門書として、とてもいい本です。文章が平易な上に短時間で読めるので、一読をお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経済学者・社会学者として20世紀後半から21世紀へ多大なインパクトと貢献を果たしたドラッカー氏、
その功績は一連の著書に随時垣間見ることができ、そこはあえて言及する必要はないだろう。
本書はその舞台裏で氏がどんな経歴でどういう過去を持ちどんな人物と出会ってきたかの軌跡を知ることができる一風変わったつくりになっている。
挿絵には当時の写真が掲載されており新鮮でした。
中でもおもいのほか文筆業を意識されていたこととドリスさんの支えが大きかったことが意外でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
   ドラッカーの凄さは、若干29歳でナチスドイツの本質を暴いた「経済人の終わり」を出版しチャーチルにタイムズの書評で評価されたこと、90歳を超えてシェイクスピア全集に挑戦したこと等、書けばキリがない。
   「マネジメント」を筆頭に卓越した経営学書や文明評論等膨大な著作を読んで、その思想家としての偉大さに驚嘆してきたが、この自伝は、巨人ドラッカーを生み育んできた歴史と背景を語りながらその偉大さの秘密と驚異的な軌跡を余す所なく明かしている。日経の「私の履歴書」に表れなかった逸話等を追加した訳者の解説が更に価値を高めている。
   ドラッカーの最高の幸福は、世紀末の様相とは言え、文明の十字路・世界帝国の首都ウイーンで幼少年時代を送りその息吹を吸い、フロイトやシュンペーター等偉大な先哲に遭遇したこと。ワシントンポストのE・マイヤー、IBMのT・ワトソン、GMのA・スローン、デミング等との出会いも興味深いが、もっと驚きは、退屈なウイーンを見限ってドイツへ移住、ナチスの危険を察知して英国へ移住、結婚する為に妻の就職を認めない英国を見限って米国へ移住等、危機察知の嗅覚の鋭さと決断の速さとその行動力である。
   GMでの企業調査が、ドラッカーの企業研究、そして、経営学への基礎となったことは事実で、分権管理・事業部制の概念を掴み、将来の重要テーマとなる知識労働者へ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日経『私の履歴書』と、翻訳を担当した牧野洋氏の訳者解説。

ドラッカー氏のマネージメントに関するものでないものはこれが始めてであった。マネージメントの研究は氏の主な仕事ではあるが、すべてではないことが分かり、また人となりを知れたことで今後ドラッカーを読む際の受け入れ態勢がずいぶん変わると思う。

経営コンサルタントなのかと思っていたが本人は文筆家と認識しているとの事。この辺の感じもちょっと面白く感じた。

27回しか連載されなかったのはあまりに短く残念だが、少ない紙幅しか許されなかったため結果的に凝縮された記事になっていた面もあるのだろう。

人生としては、二つの大戦をまたぎ歴史絵巻のような雄大さもあり、歴史の証人としての驚きも随所にあり、また一方で各地で仕事を探すところや、奥さんとロンドンで出会うコミカルなシーンなどは生活者としてのドラッカーをぐっと身近に感じられる一面もある。
経営書としてのドラッカーだけ読んでいると、冷静に物事を分析しているタイプかと思ってしまうが、生活していれば色々な面があるのは当たり前のことだ。ドラッカーを人物として奥行きをもって感じられるようになった。

組織をどう回すか、ということを研究対象にしていながら、本人は生涯一匹狼として組織に距離を置い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー