通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドラッカー名著集3 現代の経営[下] がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ドラッカー名著集3 現代の経営[下] 単行本 – 2006/11/10

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 941

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドラッカー名著集3 現代の経営[下]
  • +
  • ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
  • +
  • ドラッカー名著集1 経営者の条件
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

経営における不変の真理を鋭く指摘し、読む者に行動を促すロングセラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ドラッカー,P.F.
1909‐2005。20世紀から21世紀にかけて経済界に最も影響力のあった経営思想家。東西冷戦の終結や知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、「分権化」「目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み発展させたマネジメントの父

上田/惇生
ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、(財)経済広報センター常務理事、ものつくり大学教授を経て、現職。ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』がある。ドラッカー自身から最も親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2006/11/10)
  • ISBN-10: 4478307016
  • ISBN-13: 978-4478307014
  • 発売日: 2006/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,362位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
現代の経営、下巻のテーマは「組織」「人」「経営管理者」です。
印象的なのは、ドラッカーが「人という資源」が秘めている可能性を極めて前向きに高く評価している点です。「要求が大きければ大きいほど、大きなものを生み出せるのが人の特性」と言い切ってくれています。そして、その資源を活用できるのは他の誰でもない、自分である、とも。
経営管理者について触れた第5部では、経営管理者は一方的に使うことのできない唯一の特殊な資源である人とともに働くため何より「真摯さ」が求められる、と説きます。経営者ならずとも心にとめておきたい素晴らしい言葉です。
また、企業と社会の関係にも言及しています。曰く「社会に対する(企業の)マネジメントの第一の責任は利益をあげること。なぜなら、企業が十分な利益を生まなければ社会が損失を蒙る」。50年も前に「企業の社会的責任(CSR)」の本質を鋭く指摘していたとは…。
ところで読んでいるあいだ、ずっと感じていたのですが、本書でドラッカーが言っていることって松下幸之助が言っていることとおんなじじゃないですか!「真摯さ」(ドラッカー)は「素直」(幸之助)のことだし、人間という資源を尊重して信用して育てるべし、とか、企業は利益とイノベーションによって社会の発展に貢献すべし(幸之助は「赤字企業は社会的な罪悪」とまで言った)、とか…。本書を読んで、ドラッカーも幸之助もますます好きになったように思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上巻に続き非常に面白く、為になり、考えさせられる、「経営学の永遠のバイブル」の呼び名にふさわしい素晴らしい書物であった。「組織論」から始まり、「人と仕事のマネジメント」を「動機付け」「人間組織」「経済的報酬」などの面から論じ、最後に「意思決定」に舞い戻る構成。理解力がある人が読めば、各章に書いてある事項がオーケストラのように頭の中で響き合って壮大なハーモニーを奏でるのであろうが、今の私には無理。一文一文が名言過ぎて、それの意味を噛みしめながら読むので精一杯で、全体の構成を考えながら読む余裕などなかった。再読すれば理解も深まるのだろうが、他の本を読む時間がなくなるので、「もしドラ」を誰もが忘れて、AKBの平均年齢が30歳を過ぎるころ、「マネジメント(上・中・下)」の3部作に挑戦する事にしよう。

 それにしても、50年以上も前の本で、企業の社会的責任まで論じていたとは恐れ入りました。でも、ドラッガーの良いところは、最終的に人間性(=真摯さ)が一番重要だと位置付けている所だよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
通算8回目読了。ほぼ1年に1回は本書を読んでいることになる。何度読んでも新たな視点を通した発見があり新鮮である。巷に溢れる経営書はそれなりの価値を持っているものもあるが、根本的な所は、本書に集約されている。60年前に書かれた本書はまさに経営書の古典中の古典であり、今後も読み継がれていくことであろう。上田氏の訳も非常にわかりやすく、違和感なくスーッと頭の中に入ってくる。今度は原書でも読んでみる予定である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第2次大戦後に現代のマネジメントが形成された時期に発行された本ですが、
時代を超えて読み続けられています。
上巻は企業の使命や事業目的といった外向きのことが中心でしたが、
この本(下巻)は、組織の構造・人と仕事の管理・企業の意思決定等のように、
企業内部のことが中心です。

実例ではIBMの経営危機に関する動きが興味深かったです。
また、仕事への動機付けや専門職に関する話は21世紀の今こそ大事だと感じました。
この本で本質的なものの見方・考え方を知ることによって、多くの書籍で紹介されている
ドラッカーの言葉(大事なことが凝縮された金言)をより深く理解できるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック