通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドラゴン桜(12) (モーニング KC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送手配致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷等ある場合がございますが、問題なくご利用頂けます。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠致します。すべて消毒清掃をして発送致します。記載ない限り帯や特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドラゴン桜(12) (モーニング KC) コミックス – 2006/3/23

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
ドラゴン桜 コミック 全21巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドラゴン桜(12) (モーニング KC)
  • +
  • ドラゴン桜(13) (モーニング KC)
  • +
  • ドラゴン桜(14) (モーニング KC)
総額: ¥1,698
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

おバカが集まる龍山高校が、倒産の危機。債権整理するためにやってきた弁護士・桜木は、急に気を変えて、一年以内に東大合格者を出して、学校を超進学校化して有名にし、再建することにした。桜木自らが、特別進学クラスの担任となり、集まった水野と矢島の二人を教える。伝説の数学教師・柳、英語の川口、国語の芥山、理科の阿院と個性的で強力な教師陣集まった。それぞれの教師が教える勉強法は、ユニークで効果的なものばかり。受験生必読の東大合格請負漫画!!
第29回講談社漫画賞 一般部門受賞作品

著者について

三田 紀房
1958年生まれ、岩手県出身。一般企業に就職した後、漫画家へ転進。モーニングで連載し、社会現象を巻き起こした『ドラゴン桜』で2005年に第29回講談社漫画賞(一般部門)、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他に、『エンゼルバンク』『透明アクセル』『マネーの拳』『銀のアンカー』などのビジネス漫画、高校球児を描いた『クロカン』『甲子園へ行こう!』などがある。


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063725030
  • ISBN-13: 978-4063725032
  • 発売日: 2006/3/23
  • 梱包サイズ: 18.1 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
英語の試験は時間配分とテンポとリラックスがカギ。分かっちゃいるけど、なかなかできないんですよね。時間を食べちゃうイメージっていうのは面白かったなぁ。

前巻からこの巻にかけて東大生の印象がだいぶ変わった。東大生は頭でっかちの知識馬鹿ではなく、面倒くさがりの工夫屋さんらしい。だとしたら、東大生って素晴らしい。しかし実際に官僚のおエライさんを見ると、工夫屋の部分はどこへやら。高い情報収集能力を使って楽して金儲けするという面倒くさがりの部分だけが残っているように見えるけど..頭がいいだけに悪の道へ進むと質が悪い。

この巻で紹介されている二重目標と英英辞書ゲームはいいと思いました。二重目標は実生活でも有益ですね。英英辞書ゲームは楽しく勉強できそうだ。それにしても、この学校の教師は、何を聞いてもいい答えを持っているから質問し甲斐がありますね。羨ましい限りです。

最後の「歴史は現代から遡れ」というのは、私も感じていたことなんですよね。親しみがあるのは現代なんだから、現代との比較で覚えた方がいいに決まっている。現代の制度になる前はどのような制度を採用していて、なぜ現代の制度に変えたのか? そういう視点で覚えた方が絶対いい。そして、その前は..というようにどんどん遡っていけば、現代の制度を見て、過去の制度を思い出せるようになるはず。「過去から現代へ」というのは実に馬鹿げた授業だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻は大きく3つの内容に分かれると思われる。

最初の部分は東大英語模試、次に『東大に行くやつ』の発想法、最後にセンター試験対策。

このマンガを読む人間によって、興味をもつ部分は全然違う。受験生ではない私には、『東大に行くやつ』の発想の解説に新鮮な驚きをもった。

要は、東大に行くような人間が問題にぶちあたったら、どう解決するのかということである。

一般には、とりあえず自分で考え、模索し、ベターと思える解決方法をとるらしい。

しかし彼らは、まずは情報を集め、1番効果的な解決方法を探す。

前例を見習って解決するのが、一番楽で効率的であることを知ってるわけである。

私たちが何か問題に直面したときにも利用できる考え方だろう。

反面、各省庁などに、このような考え方の人間がたくさんいるからこそ、時々、私たちにはどうも理解しがたい対応をとるのかもしれないと苦笑してしまった。

社会に出たら、前例にこだわりすぎることによる弊害も考える必要があるのではないかと感じた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I'll go to a place in the sun VINE メンバー 投稿日 2008/2/2
形式: コミック
この巻では、東大生の考え方が紹介されるが、うなずける点が多い。
社会人になって、東大出身者と仕事をする機会が多かった。
そのときに思ったことは、東大出身者は、人の使い方が非常にうまいということである。
また、情報を重んじるという点もそうである。
いやらしい言い方をすると要領がいいということになるのだろうが、
彼らは、そう思わせないところがうまいね。
彼らを見ていると、バランス感覚が大事ということがよくわかる。
このバランス感覚は、後天的というより先天的なものという気がする。
だから、普通の人がやると嫌味に思えることでも、
彼らがやると、自然で人に不快感を与えない。
桜木に言わせれば、東大マジックにかかっていると言われそうだが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告