Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 26の割引 (5%)

(税込)
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三田紀房]のドラゴン桜(17) (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

ドラゴン桜(17) (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ドラゴン桜(モーニングコミックス)の21の第17巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566 ¥ 288

紙の本の長さ: 224ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

本物の受験生それは、「自分で勉強する」ということ。自分がしたい勉強をする、そうなれば周りが余計な指導をする必要はない! 「不安なときこそ、『ドラゴン桜』に立ち返ろう。自信が湧いてくる!」――セラピスト石井裕之(『なぜ、占い師は信用されるのか?「コールドリーディング」のすべて』著者)

出版社/著者からの内容紹介

本物の受験生それは、「自分で勉強する」ということ。自分がしたい勉強をする、そうなれば周りが余計な指導をする必要はない!
「不安なときこそ、『ドラゴン桜』に立ち返ろう。自信が湧いてくる!」——セラピスト・石井裕之(『なぜ、占い師は信用されるのか?「コールドリーディング」のすべて』著者)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 56669 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/1/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KWU67G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この巻では、受験生を抱える親のあり方が学べる。
「子供の成功を望まない親がどこにいる!」と我が子に過度のプレッシャーを与える親の正体は、実は「周りの人に子供を自慢したい」だけの親だったりする。すぐに成功しなくてもいいじゃない。子供の頑張りは将来にきっと成功の糧になる。結果を求めず努力や過程だけを認めてやることのできる人間は親だけしかいない。真実を語る素晴らしい台詞に打ちのめされた。
激励するだけが能じゃない。子供の状態をしっかり把握して不足しているものを補うことが重要。頑張りすぎているときには息抜きをさせ、悩んでいるときには相談相手になる。親は手柄を欲しがってはいけない。必要がなければ何もしない方がいい。父親は大仏のように動じず母親は観音様のように微笑みを浮かべる。過度の干渉を止め、環境作りやサポートの裏方に徹する。寂しくても子供の独り立ちは親にとっての喜びであるべき。「親のため」ではなく「自分のため」に勉強する子供を誇らしげに眺めるべきなのだ。彼らはいずれ「社会のため」に何かを成してくれるだろう。
あと、予言や思い込みがそれを実現させてくれるというのも結構よかったなぁ。予言は自分や他人を引っ張って成功に導いてくれる。洗脳ってやつも、使いようで役に立つということですね。また、期限の決められた仕事をする上では、材料を選択して集める時期と、集めた材料を活用
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
マンガの裏面に、
「本物の受験生それは、「自分で勉強する」ということ。
自分がしたい勉強をする、
そうなれば周りが余計な指導をする必要はない!」
と書いてあります。

う〜む、ついにその域まで来たか、といった感じです。

このマンガは受験テクニックだけでなく、
「勉強とは何か」「なぜするのか」「どうしたらやる気になるのか」
といった本質論も扱われているので
当初から注目していました。

東大を受験しようがしまいが幅広く人生に応用の利く哲学・方法論が
ストーリーの中にわかりやすく織り込まれています。

なににしろ、読む価値があるマンガです。
「勉強」をひろくとらえ、本当の成功をめざす人に、強くオススメします。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
センターまで46日、東大2次まで81日。

この巻の重要なテーマは、<<自分で勉強する>>ということ

東大合格をエサに勉強を始めた水野と矢島は、ごく自然に

自分から勉強するようになります。

弁護士桜木によると、この時期は、ひたすら、収穫することに

専念し、新たな問題に手を付けてはいけないと言います。

妻も、高校受験の最後に、過去にやった問題集の間違を

繰返し繰返し解いたことで、予想外の好成績が取れたと言います。

息子も、この方法に習って間違った問題をなんべんも

やらされたようですが、何回やっても同じ間違いを繰り返して

いるようでした。

弁護士桜木は、自分の意思で自発的に勉強を始めたものが

強いと断言します。

<<仕事においても進んで興味の幅を広げどんどん挑戦していく

...何事も行動の基準が自分にある...こういう人間が大成功

を収めるのです>>(ドラゴン桜17 参照)

また、この巻、桜木の言う受験生の親のありかた
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
矢島の父母と桜木の会話は、親として重要である。
愚息は誰のために勉強しているか。
自分のためとは信じたいが、親のためというのも多分にあるように思う。
中学受験するわが子をつぶさないために、
一喜一憂しないを肝に銘じよう。
でも、ついついよかったら誉めるし、悪かったら・・・なんだよなぁ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover