ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [D... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: 雪加書店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]

5つ星のうち 4.0 78件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]
  • +
  • ミレニアム2 火と戯れる女<完全版> [DVD]
  • +
  • ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士<完全版> [DVD]
総額: ¥8,941
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ミカエル・ニクヴィスト, ノオミ・ラパス
  • 監督: ニールス・アルデン・オプレヴ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2012/02/03
  • 時間: 180 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 78件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005UKP0X2
  • JAN: 4527427649644
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,387位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

デヴィッド・フィンチャー監督によるリメイク版が2011年12月全米公開 2012年2月日本国内公開!
完全版は、現行商品の劇場版153分バージョンより、27分長い180分のオリジナル全長版。

【ストーリー】
40年前、ヴァンゲル一族が住むストックホルムの孤島ヘーデビーで忽然と姿を消した少女ハリエットの失踪事件。
一族の重鎮ヘンリックは、姪の身に起こった真実の調査のため、名誉毀損で有罪判決を受けた雑誌「ミレニアム」のジャーナリスト、ミカエルを雇う。
ミカエルは、調査員リスベットに協力を求める。
背中にドラゴン・タトゥーを入れた彼女は、スウェーデン随一の天才ハッカーだった。堅い殻に閉じこもって生きてきたリスベット。
精神状態不安定という烙印を押され、後見人の保護観察下に置かれてきた彼女は、その頃、新任後見人の度重なる性的虐待に対し、想像を絶するような復讐を果たしていた。
ミカエルとは、次第に心が通じ合うリスベット。
ハリエットが日記に残した電話番号、生前の彼女を写した最後の写真・・・2人は、事件の真相に迫っていく。

【スタッフ】
原作:「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」(早川書房刊)
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
原作:スティーブ・ラーソン
脚本:ニコライ・アーセル、ラスムス・ハイスタバーグ
音楽:ジェイコブ・グロス
プロデューサー:ソロン・スターモス
撮影:エリック・クレス
編集:アシネ・ストラッド
装置:ニールズ・セイエ
衣装:シーラ・ロービー

★以下代表的な復活シーン(カット)
●主人公のミカエルと、雑誌「ミレニアム」の共同責任者であるエリカとの不倫に関するセリフや密会シーン。
●主人公のリスベットが唯一心を許した、彼女の元後見人の病室に実は見舞いに行っていたシーン。
●主人公のリスベットが、新しい後見人に初めて会う(セクハラ質問の)シーンがやや長い。
●後に経済界の大物(ヴェンネルストレム)側に、(スパイとして)裏切った事が発覚する「ミレニアム」のスタッフ・ヤンネが、裏切りの誘いを受けるシーン。
●単身ヘーデビー島で調査をしていたミカエルのもとに、実は一度エリカが逢いに来ていたシーン。
※この時の一連のシーンの中で、今回の事件の依頼者であるヘンリック・ヴァンゲルが、今後「ミレニアム」のスポンサーになる事が描かれている。
●ミカエルをスパイしている「ミレニアム」スタッフ・ヤンネの怪しいメールにより、別のスタッフが疑い始めるシーン。
●リスベットが、後見人への復讐に使う刺青の機械を購入(?)するシーン。
●ミカエルとリスベットが、警察署で情報入手するシーンが、実はテレビ番組のリポーターを装い偽って取材をしていたというセリフ。
●ヤンネの行動を怪しいとにらんだ「ミレニアム」スタッフが、上司のエリカに報告するシーン。
●スパイしていた「ミレニアム」スタッフ・ヤンネが、エリカにクビにされるシーン。
●ミカエルのえん罪が証明されたのち、リスベットが姿をくらます前に実はミカエルに

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーグ・ラーソン原作のサスペンス。40年前、ストックホルムの孤島で少女が忽然と姿を消した。事件の調査を依頼されたジャーナリストのミカエルは、天才ハッカー・リスベットと共に真相に迫っていく。カットシーンを復活させた完全版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アキ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/3/1
形式: DVD Amazonで購入
<amazon.co.jpの怠慢でなぜかデヴィッド・フィンチャー監督の
 『ドラゴン・タトゥーの女』の商品ページに本レビューが掲載されていますが
 下記レビューは本来スウェーデン映画の『ドラゴン・タトゥーの女/ミレニアム<完全版>』
 に対して投稿したものです。最近のamazonは同一作品に対して、異なる仕様の商品のレビューを
 まとめて掲載することが多いですが、この場合は完全に別作品なので酷いと思います。
 ご注意ください。>

この商品に収録されている本編は、テレビ放送用に
153分の劇場公開版に未公開シーンを加えて再編集したバージョンです。

留意すべきは、ただ単に劇場版を長くしたというわけではなく、
前編・後編(各90分)からなる2部構成となっている点です。
そのため、前編と後編のそれぞれにオープニング・タイトルとエンドロールが入ります。
(つまり『ヒトラー 〜最期の12日間〜』エクステンデッド・エディションと同様の構成です)

また、劇場公開版のDVDは画角がシネマスコープ・サイズだったのに対し、
こちらの「完全版」は画面上下の黒帯を外したビスタ・サイズとなっています。

特典映像として、『ミレ
...続きを読む ›
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bunocio VINE メンバー 投稿日 2012/2/8
形式: DVD
スウェーデン人のジャーナリストが女性パートナーの協力を得て書いた
世界的ベストセラー推理小説「Millennium」三部作の第一部
「MAN SOM HATAR KVINNOR」の映画化。
日本でも早川書房から発売され、週刊文春ミステリーベスト10第1位、
このミステリーがすごい!2010年(宝島社)第2位等に選ばれています。

主人公は、原作者二人を投影したような社会派ジャーナリストと
彼の助手として働く映像記憶能力を持ち、仲間から“ワスプ(スズメバチ)”
の愛称で呼ばれている天才ハッカーの女調査員。
鼻にピアス、背中にドラゴンのタトゥーを入れてパンク・ファッションに
身を包んだ彼女の存在感が、この作品を魅力的なものにしています。

本作は、大企業グループの元会長から40年前に失踪した孫の調査を
依頼されたジャーナリストが、女調査員の協力を得て、
事件に関する膨大な資料から真相に迫って行く話ですが、
パソコンが大活躍する点で、現代的な推理小説と言えます。
しかし、最終的には、データーベース化されていない書庫の中から、
手作業で事件の真相に辿り着く落ちになっていますので、
コンピューター万能社会に対する、
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
※ややネタバレあり

原作を読んだ後、ハリウッド版そしてこのスウェーデン版の両方を観ました。

おそらく原作の雰囲気を一番よく再現しているのが、本作です。(同じ土地で作られたのだから当然とも言えますが)
しかし原作の話自体を忠実に再現しているのは意外にハリウッド版だと思いました。(それでも一部改変はありますが)

上記の通り、ギリギリ気になる程ではありませんが原作と比べて話の所々に改変が散見されます。
しかし話の展開自体は、前後編と別れていて尺が長い分ハリウッド版に比べてテンポ良く語られていると思いました。
映像の作り込みに関しては、さすがにハリウッド版と同じ土俵で比較するのは蛇足かと思いましたが、
ほど良いローカル感があって、原作の雰囲気がうまく出ていたのではないかと思います。全然寒そうではありませんでしたが。
また、本作のシンボルでもあるリスベットの再現度合いはイメージ通りで大変申し分ありません。

しかし、ど〜もしっくりいかないのがミカエルです。間が抜けた感があります。
原作にも確かに「頭が切れるが、たまに抜けている時がある」みたいなニュアンスの表現がありましたが、
それでもやはり只ならぬ切れ者感を漂わせ、様々な助けがあったもの
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiro トップ100レビュアー 投稿日 2016/5/5
形式: DVD
デヴィッド・フィンチャー監督のハリウッド版(2011年)を先に観ていたのですが、私にはこのオリジナル版(2009年 スウェーデン)の方が楽しめました。
何故かと言うと、オリジナル版は、ストーリー展開に無理がないからです。
もちろん、007のダニエル・クレイグが主演のハリウッド版の方が花はあるんですけど、オリジナル版の地味な役者の演技にリアリティを感じました。
犯人が暴き出されるシチュエーションも自然です。
さて、地味な演技と言ってしまいましたが、影の主人公、リスベットを演じたノオミ・ラパスは、この映画で注目を浴び、リドリー・スコット監督の「プロメテウス(2012年)」でヒロインに抜擢されたんですよね。
竜の刺青を入れた、社会から隔絶されながらも自由で強い女、リスベットに憧れる女性は多いのでは?
私は、最悪な後見人にリスベットがリベンジするシーンはたとえようもなく痛快で、ハリウッド版もスウェーデン版も思わず拍手してしまいました。劇場でも、心で拍手された方が多いと思います。
この女性の強さを原作者、スティーグ・ラーソンは描きたかったのかもしれません。
それは、主人公、ミカエルが探し出そうとする少女、ハリエット・ヴァンゲルの強さにもつながっていく、と観終わってから感じました。
リアルといえば映像描写も怖いくらい。監督のニールス・アルデン・オプレヴは、現実はこんなもんじゃないよ、と言いたげなんですが・・。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー