中古品:
¥2,624
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/09/08 18:21:18 出品商品】
この商品をお持ちですか?

ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]

5つ星のうち4.4 1,126個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 1枚組 ¥265 ¥1,797
DVD 1枚組 ¥628 ¥978
DVD [DVD] ¥1,436 ¥2,898
DVD [DVD] ¥2,006 ¥1,741
DVD 通常版 ¥3,392 ¥500
DVD 1枚組 ¥3,840
DVD 通常版
¥2,624
¥7,153 ¥2,485
無料配送: 9月24日 - 25日 詳細を見る

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.78:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 梱包サイズ : 30 x 10 x 20 cm; 82 g
  • EAN : 4527427649644
  • 監督 : ニールス・アルデン・オプレヴ
  • メディア形式 : 色, ドルビー, ワイドスクリーン
  • 時間 : 3 時間
  • 発売日 : 2012/2/3
  • 出演 : ミカエル・ニクヴィスト, ノオミ・ラパス
  • 字幕: : 日本語
  • 言語 : スウェーデン語 (Dolby Digital 5.1), 日本語 (Dolby Digital 5.1)
  • 販売元 : アミューズソフトエンタテインメント
  • ASIN : B005UKP0X2
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 1,126個の評価

商品の説明

内容紹介

デヴィッド・フィンチャー監督によるリメイク版が2011年12月全米公開 2012年2月日本国内公開!
完全版は、現行商品の劇場版153分バージョンより、27分長い180分のオリジナル全長版。

【ストーリー】
40年前、ヴァンゲル一族が住むストックホルムの孤島ヘーデビーで忽然と姿を消した少女ハリエットの失踪事件。
一族の重鎮ヘンリックは、姪の身に起こった真実の調査のため、名誉毀損で有罪判決を受けた雑誌「ミレニアム」のジャーナリスト、ミカエルを雇う。
ミカエルは、調査員リスベットに協力を求める。
背中にドラゴン・タトゥーを入れた彼女は、スウェーデン随一の天才ハッカーだった。堅い殻に閉じこもって生きてきたリスベット。
精神状態不安定という烙印を押され、後見人の保護観察下に置かれてきた彼女は、その頃、新任後見人の度重なる性的虐待に対し、想像を絶するような復讐を果たしていた。
ミカエルとは、次第に心が通じ合うリスベット。
ハリエットが日記に残した電話番号、生前の彼女を写した最後の写真・・・2人は、事件の真相に迫っていく。

【スタッフ】
原作:「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」(早川書房刊)
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
原作:スティーブ・ラーソン
脚本:ニコライ・アーセル、ラスムス・ハイスタバーグ
音楽:ジェイコブ・グロス
プロデューサー:ソロン・スターモス
撮影:エリック・クレス
編集:アシネ・ストラッド
装置:ニールズ・セイエ
衣装:シーラ・ロービー

★以下代表的な復活シーン(カット)
●主人公のミカエルと、雑誌「ミレニアム」の共同責任者であるエリカとの不倫に関するセリフや密会シーン。
●主人公のリスベットが唯一心を許した、彼女の元後見人の病室に実は見舞いに行っていたシーン。
●主人公のリスベットが、新しい後見人に初めて会う(セクハラ質問の)シーンがやや長い。
●後に経済界の大物(ヴェンネルストレム)側に、(スパイとして)裏切った事が発覚する「ミレニアム」のスタッフ・ヤンネが、裏切りの誘いを受けるシーン。
●単身ヘーデビー島で調査をしていたミカエルのもとに、実は一度エリカが逢いに来ていたシーン。
※この時の一連のシーンの中で、今回の事件の依頼者であるヘンリック・ヴァンゲルが、今後「ミレニアム」のスポンサーになる事が描かれている。
●ミカエルをスパイしている「ミレニアム」スタッフ・ヤンネの怪しいメールにより、別のスタッフが疑い始めるシーン。
●リスベットが、後見人への復讐に使う刺青の機械を購入(?)するシーン。
●ミカエルとリスベットが、警察署で情報入手するシーンが、実はテレビ番組のリポーターを装い偽って取材をしていたというセリフ。
●ヤンネの行動を怪しいとにらんだ「ミレニアム」スタッフが、上司のエリカに報告するシーン。
●スパイしていた「ミレニアム」スタッフ・ヤンネが、エリカにクビにされるシーン。
●ミカエルのえん罪が証明されたのち、リスベットが姿をくらます前に実はミカエルに

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーグ・ラーソン原作のサスペンス。40年前、ストックホルムの孤島で少女が忽然と姿を消した。事件の調査を依頼されたジャーナリストのミカエルは、天才ハッカー・リスベットと共に真相に迫っていく。カットシーンを復活させた完全版。

続きを見る