通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中身に書き込みや焼はありません。なお、中古品になりますので多少のスレ等はご了承ください。 本商品は2017年2月27日の初版です。ご購入後は丁寧に梱包し発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか? 単行本 – 2017/2/24

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,580

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
  • +
  • モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

来たるべき自動運転車社会のインパクト、最新技術を丁寧に解説!

ごくありふれた存在だった車が、私たちの生活を一変させようとしている。
移動ロボット工学が急速に進歩し、車は今や、私たちの命を預けられる最初の本格的な自律ロボットになりつつある。
運転を自動化する試みは、1世紀近く前に始まって以来、失敗を繰り返してきた。だが近年になって、ハードウェア技術が進歩し、
「ディープラーニング」と呼ばれる新世代の人工知能(AI)ソフトウェアも生まれた。
それにより車は近い将来、不確かな環境でも、人間並みに安全に移動できる能力を持つようになるだろう。
この車の進化の物語を伝えるために書いたのが本書だ。

・車が知能を持つ輸送ロボットにどのように変わっていくか?
・ドライバーレス・カーは自動車産業にどんな影響を及ぼすのか?
・毎日退屈で危険な運転をしていた状態から、快適かつ自由に移動できる状態になると、街はどう変わるのか?
・過去60年近くに及ぶ自動運転の失敗の歴史とは?
・無人運転を可能にする最新のハードウェアやソフトウェアのテクノロジーとは何か?

こうした疑問を一つひとつ、丁寧に解き明かします。

内容(「BOOK」データベースより)

自動運転車が走り始めるのはいつ?実用化を阻んでいるのは何か?既存の自動車メーカーは生き残れる?交通事故死傷者はどのくらい減る?自動運転車はどんな仕組みで動くのか?最新の自動運転技術はどんなもの?人の運転に比べてどの程度安全か?自動運転車産業の覇者は誰か?もうそこまで来ている自動運転社会の疑問にすべて答える!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 452ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822251950
  • ISBN-13: 978-4822251956
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,448位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/12
形式: 単行本
自動運転車の話題が徐々に高まって来つつあるが、我々の生活の中で大きなウェイトを占める自動車だけに、その技術的な進歩のみならず、社会全体にどのような影響を与えるのか、という点についても興味は尽きない。

毎年約120万人が自動車事故で亡くなっているが、自動運転車が普及することによって大きく減らすことが出来る時代が来るかもしれない。その移行については、国や地域による跛行性があり、完全な移行には数十年から1世紀近くかかるかもしれない。自動運転車になると道路の幅が狭くて済み、都心の駐車場も不要になり、交通渋滞も大幅に解消する可能性もある。

自動運転車を人間が運転する場合、どのような危険があるかということにも思いを至らせる必要がある(人間は中途半端な「責任」を持ち「注意」を払うのは苦手であり、周囲を自動運転車に囲まれた人間運転者は寧ろ危険な存在である)。
米国の平均的なドライバーは約30万キロに一度、事故を起こし、事故の0.3%が死亡事故とのことであるが、自動運転車に求める安全度はどの程度か、という点も一つの課題である。

本書によれば、自動運転車により大幅にコストを下げられるものは4つあると云う。一つは事故による損害、二つめはドライバーのコスト、三つめは運転に費やす時間、四つめは、車のサイズを小さく出来ることである。
技術的な進化を含め、様々な角度から広範囲に亘る自動運転車を取り巻く事情を整理した本書は、一読の価値がある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
クルマやセンサー類といったハードウェアよりも、それを動かす人工知能、その発展を加速させる機械学習やディープラーニング、さまざまなデータといった、ソフトウェアが大事!ということがよくわかりました。
自動車それ自体や各種センサーは十分に安価になっており、あとはソフトウェアの開発が進み、人間が自動運転車に適応して自動運転車が普及すれば、多大なメリットがあると筆者は言います。とはいっても、既存業界の抵抗や人間自身の論理的な抵抗(例えば「トロッコ問題」)が立ちはだかっている現状も。決してバラ色の未来一色の内容ではなく、これまでの技術の歩みを辿り、現状を踏まえた上で、今後解決すべき問題点まで触れられており、とてもバランスのとれた内容だと感じました。

クルマの話なのに、既存の自動車メーカーの話題はあまり登場せず、むしろ「既存の自動車メーカーが盛んに宣伝している『自動運転技術』なんて誇大表現だ」と筆者は批判的です。また、米国運輸省が提唱する「スマート道路構想」(高速道路にセンサーを埋め込んで、クルマとの間で通信を行って運転支援を行う)にしても、「税金の無駄遣い」と容赦なくばっさり。いずれも既存の自動車業界や土建業者といった「ハードウェア」で飯を食っている人たちにとっては、本書の内容は痛い指摘かもしれません。
ソフトウェア(人工知能)の解説に重点が置かれてい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告