¥ 463
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) コミックス – 1974/7/31

5つ星のうち 4.7 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)
  • +
  • ドラえもん (2) (てんとう虫コミックス)
  • +
  • ドラえもん (3) (てんとう虫コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●日本を代表する漫画家藤子・F・不二雄先生の傑作作品『ドラえもん』。未来の国からやってきたごぞんじ、ネコ型ロボットのドラえもんが親友のび太とともにくりひろげる友情ファンタジー。四次元ポケットから取りだされる不思議な道具で日本じゅうを笑いに包みこむ。しずちゃんやスネ夫、それにジャイアンも元気いっぱい。大きな夢をあたえてくれるワクワクドキドキ素敵な道具でキミを心温まるドラえもんワールドにご案内。
▼第1話/未来の国からはるばると▼第2話/ドラえもんの大予言▼第3話/変身ビスケット▼第4話/秘(丸囲み)スパイ大作戦▼第5話/コベアベ▼第6話/古道具きょう争▼第7話/ペコペコバッタ▼第8話/ご先祖さまがんばれ▼第9話/かげがり▼第10話おせじ口べに▼第11話/一生に一度は百点を▼第12話/プロポーズ大作戦▼第13話/◯◯が××と△△する▼第14話/雪でアッチッチ▼第15話/ランプのけむりオバケ▼第16話/走れ! ウマタケ

出版社からのコメント

四次元ポケットの中からいくらでも出てくる、ふしぎな道具とゆかいなお話。日本中を笑いでつつむ、人気者ドラえもん。


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 小学館 (1974/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091400019
  • ISBN-13: 978-4091400017
  • 発売日: 1974/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
『ドラえもん』は未来から来た猫型ロボットが活躍する日本を代表する漫画作品の一つである。第1巻では多くの長寿作品と同じく、絵柄が後に知られるものとは微妙に異なる。ドラえもんの頭と胴体のバランスに違和感がある。それでもストーリーの完成度は高い。しずちゃんやスネ夫、ジャイアンのキャラクターは固まっている。のび太のパパとママの馴れ初めも第1巻「プロポーズ大作戦」で登場する。
『ドラえもん』にはドラえもんが、のび太を甘やかしているとの批判がある。「のび太君があまりに安直にドラえもんに頼っていないか。彼の優しさは認めるが、時にはドラポッケを使わず、課題に向かって努力する姿があってもいいのでは」(弓野真孝「ドラえもん頼りすぎでは」読売新聞2001.2.10)。
これに対しては以下のように反論される。「このアニメは『こんなことがあったらいいな』という発想の楽しさが原点。実生活では一人で頑張る子供にとり、甘えられるドラえもんは夢であり、心の救いでもある」(山田礼子「ドラえもんは心の救い」読売新聞2001.2.19)。PTA推奨作品にするために漫画家は漫画を描いている訳ではない。
一方で第1巻収録の最終話「走れ! ウマタケ」は、のび太が竹馬を乗りこなす話である。のび太は何度も転んで怪我をしながらも、ドラえもんに叱咤激励され、遂に竹馬に乗れるようになる。第1巻の時点で作品の形ができている。(林田力)
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KAOSU 投稿日 2006/11/14
形式: コミック
大人が純粋に楽しめるものでないという意見は

ちょっと分かるけれど、そんなことより、

『ドラえもん』は既に歴史的な作品だと思います。

時代を越えて受け継いでいくべき

日本の宝ではないでしょうか。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 2411 投稿日 2007/2/21
形式: コミック
十数年ぶりに読みました。

舞台が日常的だったためか、読み進めていくたびにぐいぐいドラえもんの世界に引き込まれてしまい、読後もしばらくその世界から抜け出せず、ボーっとしていた記憶があります。小さい頃にそういう体験をすると、成長しても読書(マンガに限らず)に夢中になり、想像力が育まれるのかもしれません。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
小学3年生の子供が読みたいと言ったので実家にある自分が買った「ドラえもん」を引っ張り出して読ませた後、自分も読み直した。この単行本を買ったのが子供と同じ3年生の時、最初にTVで放送される少し前だったと記憶している。裏には330円と記されていた。あらためて第一巻を読んでみて、少し考えさせれた。先ず、のび太君パパの登場回数が多い!当時は高度成長期のはずだから、父親はあまり家にいる存在では無かったはずだが、それでも3話に1話は登場する感じだ。それも話の主役として、ちび丸子ちゃんのお父さんよりも存在感があるのだ(パパの初恋の相手はのび太君!?)。自分の存在はどうだ?3日に一度は子供と遊んでいるのか?のび太君の名前の由来の話も面白い。自分の名前の本当の由来は何だっけ?(隣にいるジジとババは覚えているのか?)子供の名前はどうして付けたんだっけ?(安易に付けた名前にもっともらしい理由を探すことになった)という展開になる。ドラえもんのセリフもスパイスが効いている。例えば、のび太君の先祖を出世させるために戦争中の殿様の一方を助けるシーンでは「戦争なんてお互いが自分が正しいと信じて始めるものだから、助けるのはどっちでもいいんだよ」、生まれたばかりの「のび太君」を見て非常に大きな期待を寄せる両親を陰から見ては「両方の悪いところを受け継いだのか」と。最近のやたらと説教臭いTVの「サザエさん」より遥かに親の...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
なんでもできる丸くて青いロボット「ドラえもん」の第一巻。

故 藤子先生は、生きていく上で大切な事をとても上手く漫画に込められました。

子供の頃はドラえもんを「漫画」としてしかとらえられませんでしたが、今はりっぱな人生書です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
奥付によると「ドラえもん」の単行本第1巻は1974年の発売だ。この長い物語はのび太のお正月から始まったのだ。羽根つきをする少女や竹馬で遊ぶ少年たちに遙かな時代を感じる。初登場のドラえもんは図体が大きく可愛くない。ノビ太の子孫が派遣した教育係であって遊び友達ではなかった。近頃では本屋に並ぶ本は入れ替わりが早いので「ドラえもん」の単行本を本屋で探すのもたいへんだろうと思う。ダウンロードで全巻買えるのはうれしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー