通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドミトリーともきんす がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 鷲宮書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドミトリーともきんす 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/24

5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 445
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドミトリーともきんす
  • +
  • 黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • 棒がいっぽん (Mag comics)
総額: ¥3,104
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不思議な学生寮「ともきんす」。お二階には寮生さんが4人。

朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹……
テーマは科学者たちの言葉―高野文子最新コミックス!

高野文子が新作のテーマに選んだのは「科学者たちの言葉」でした。日本の優れた科学者たちが残した文章を、なぜいま読み返すのか。
その意義を、架空の学生寮を舞台に、「科学する人たち」と一組の母娘の交流を通じて丁寧に描いていきます。
「道具を持ち替えることから始めた」と著者が語る通り、画面を行き交う線はさらなる進化を遂げ、
フィクションとノンフィクションのあわいに、唯一無二の世界が生まれました。
本書には、Webメディア「マトグロッソ」で連載されていた表題作に加え、連載への布石となった短編
「球面世界」「Tさん(東京在住)は、この夏、盆踊りが、おどりたい。」の二篇を収録。
漫画単行本としては前作『黄色い本』から12年―大判サイズで絵の魅力をあますことなく伝えた、ファン待望の一冊です。

もくじ

球面世界

ドミトリーともきんす

プロローグ
1 トモナガ君 おうどんです 朝永振一郎「鏡のなかの物理学」
2 トモナガ君 泣かないで 朝永振一郎「滞独日記(一九三八年四月七日?一九四〇年九月八日)」
3 マキノ君 お正月です 牧野富太郎「松竹梅」
4 ナカヤ君 お手紙です 中谷宇吉郎「簪を挿した蛇」
5 ナカヤ君 コタツです 中谷宇吉郎「天地創造の話」
6 マキノ君 蝶々です 牧野富太郎「なぜ花は匂うか?」
7 ユカワ君 お豆です 湯川秀樹「数と図形のなぞ」
8 ユカワ君 松ボックリです 湯川秀樹『「湯川秀樹 物理講義」を読む』
9 ユカワ君 ハゴロモです 湯川秀樹「自然と人間」
10 ようこそ、ガモフさん ジョージ・ガモフ『G・ガモフ コレクション1 トムキンスの冒険』
11 詩の朗読 湯川秀樹「詩と科学??子どもたちのために??」
ともきんすと白銀荘について

参考資料
あとがき
Tさん(東京在住)は、この夏、盆踊りが、おどりたい。

ブックデザイン: 服部一成

内容(「BOOK」データベースより)

朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹―テーマは科学者たちの言葉―高野文子最新コミックス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 126ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2014/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120046575
  • ISBN-13: 978-4120046575
  • 発売日: 2014/9/24
  • 梱包サイズ: 24.8 x 18 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,484位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
高野文子さんの絵が大好きです。
その、昭和30年代の「ぬりえ」の雰囲気を持った絵が好きです。
淡々としたお話も大好きです。

これはコミックとしては珍しく
「本の紹介」それも、科学の本。

ドミトリーに住む「朝永振一郎」くん「牧野富太郎」くん
「中谷宇吉郎」くん「湯川秀樹」くんの
著作の紹介。

一部、本の解説文は高野さんではなく
「田中祥子」さんという、編集者さんが書かれています。

あーーー紹介されてる本
ぜんぶ読みたくなってしまいました。
古い本ばかりですが、手に入るのでしょうか?

P104からの湯川秀樹さんの「詩と科学」の詩は、すばらしい。
この詩を読めただけでも、この本を買った甲斐がありました。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 特に朝永振一郎について描いた章が秀逸だと思いました。
紹介された彼の本を読みたいと思わせてくれたので。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
高野文子さんの漫画はいつも独特な視点をもっていて
読むとそっと新しい価値観を差し出されるような気がします。
自然への不思議を追求する気持ちから科学は始まった。
なんだかとても温かい気持ちになりました。
本書で「自分の気持ちを入れすぎない」「涼しい風が吹く」ような絵を追求した
高野文子さんもまた、絵画の世界を探求する科学者のようです。
良い本を読みました。ありがとうございます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/7/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
 10年ぶりくらいに高野文子さんの本を読んだ。たまに読むと本当に味わいがある。
 朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹の4人の学生時代を漫画化したもので、ただ、まったく伝記とかそういうものではなく、彼らが下宿する「ドミトリーともきんす」を舞台に、寮母さんやその娘との交流を描いたり、彼らの著作を紹介したりする内容だ。
 特に一般向けの著作やエッセイを解題するのに重点が置かれており、朝永振一郎なら「鏡の中の物理学」と「滞独日記」、牧野富太郎「松竹梅」と「なぜ花は匂うのか?」、中谷宇吉郎「天地創造の話」、湯川秀樹「数と図形のなぞ」と「物理講義」と「自然と人間」と「詩と科学」が取り上げられている。
 科学というものへの真っ直ぐな期待とか希望みたいなものが漫画によって表現されており、みずみずしい一冊であった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著名な科学者さん達をモチーフにしたショートストーリーだというのは分かる。
では、科学者さんたちが主役なのか…といえば、それにしては掘り下げが浅い。
科学者さんたちを紹介している文章は、編集者さんが書いているのだという。
しかし、編集者さんがなぜ大勢の科学者の中から、彼らを推しているのか…という想いまでは伝わってこない。
著者である高野氏は、今回、漫画という表現方法を使って、何を読者と共有したかったのだろう? うーむ、それもやっぱり分からない。
なんだか薄味のお料理を前に、「上品な味でしょ?」と尋ねられ、しぶしぶと「そうですね」と答えている気分になるのは、自分だけなのだろうか?
きっと、誰か一人の科学者さんに絞って、もっと深く掘り下げて描かれていたとしたら、こんな私にでも何かを感じられたのだろうと思う。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
長年、高野文子の新刊を待っていました。朝永振一郎、牧野富太郎中谷宇吉郎、湯川秀樹が出てきていろいろ話します。初め「難しそうだな」と思っていましたが、彼らの文を紹介されつつとも子さんときん子ちゃんとお話が流れるのですいすいと彼らの本が読みたいなー。という気になってきます。私は湯川秀樹の「旅人」が大好きなのですが(それは出てこない)他の本は難しいだろうと思っていたのですが、他の物もとても魅力のあるものであると解りました。(彼は分が苦手みたいに書いてあったのが驚きでした)
何しろ、おとなしく、待ち続けた高野文子の新刊が、彼女が「書きたかった」「静かな絵がかけた」と思っているところが大変うれしい。(るきさんの時にすぐに「書きたいこと全部描いた」とページが余ってしまうといっていたので)私の好きな漫画家は皆、なかなか新刊が出ないが、皆、待たされてもとてもいいものを出してくれるので大変うれしいです。
また10年ちょっと待ちます。なに、貴方の描いた漫画を読んでいれば飽きずに待てます。なんつったって、何度読んでも面白いからね。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー