ポイント: 53pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 1月26日 水曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
8 時間 33 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ドビュッシー最後の一年 (単行本) がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥290 ): 1月27日 - 29日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ご注意:この商品は併売(EK)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。防水封筒で包装後、都内より発送いたします。音楽t
シェアする

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ドビュッシー最後の一年 (単行本) 単行本 – 2018/12/7

5つ星のうち4.0 5個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥1,000

対象の本の購入で9%分ポイント還元

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • ドビュッシー最後の一年 (単行本)
  • +
  • ドビュッシーとの散歩 (中公文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

没後100年。55歳で生涯を閉じた作曲家の「終活」を追う。最晩年に凝縮された真実の姿とは?演奏・解釈・研究の第一人者による最新のドビュッシー論。

著者について

青柳いづみこ
ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。一九九〇年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、『翼のはえた指 評伝安川加壽子』で吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイスト・クラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で講談社エッセイ賞、『ロマンティック・ドビュッシー』でミュージックペンクラブ賞を受賞。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社 (2018/12/7)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/12/7
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 237ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 412005148X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4120051487
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 5個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

 ピアニスト・文筆家。

 安川加壽子、ピエール・バルビゼの各氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。

1980年の東京デビューは毎日新聞紙上で大木正興氏に絶賛される。83年、東京芸術大学大学院博士課程に再入学。89年、論文『ドビュッシーと世紀末の美学』により、フランス音楽の分野で初の学術博士号。90年、武満徹・矢代秋雄・八村義夫作品を集めた『残酷なやさしさ』により、平成2年度文化庁芸術祭賞。

 演奏と執筆を両立させる希有な存在として注目を集めており、1989~2000年まで《ドビュッシー・シリーズ》開催。これまでリリースした8枚のCDが『レコード芸術』誌で特選盤となるほか、師安川加壽子の評伝『翼のはえた指』(白水Uブックス)で第9回吉田秀和賞、祖父の評伝『青柳瑞穂の生涯』(平凡社ライブラリー)で第49回日本エッセイストクラブ賞を受賞。

  2001 年には、『水の音楽』の書籍(みすず書房)とCD(キング・レコード)を同時刊行、話題を呼んだ。2003年リリースの『浮遊するワルツ』(ナミ・レコード)も、各紙誌で「創造の手応え」「行間にこめられた情念」を絶賛される。

  2005 年『ピアニストが見たピアニスト』(白水社、中公文庫)、2007年『ピアニストは指先で考える』( 中央公論新社) 、2008年『ボクたちクラシックつながり』(文春新書)を刊行。

  2008 年にはドビュッシー没後90周年を記念して、全4 回のコンサート《ドビュッシー・シリーズふたたび》を開催、好評を博した。カメラータよりリリースされた7枚目のCD『ドビュッシーの時間/版画・練習曲集』は2008年度日本レコートアカデミー賞にノミネートされる。日本初の知的障害者施設・滝乃川学園で発見された最古級のアップライト・ピアノを演奏するとともに、朗読を通じて旧所有者石井筆子の業績を紹介したCDアルバム『天使のピアノ』も大きな感動を呼んだ。

 2009年2月刊行の『6 本指のゴルトベルク』 (岩波書店) で第25回講談社エッセイ賞を受賞。同年4月には春秋社より『指先から感じるドビュッシー』を刊行。9 月にはエドガー・アラン・ポー生誕200 年を記念して、浜離宮朝日ホールにて『音楽になったエドガー・アラン・ポー~ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」をめぐって~』を開催、11月には同パリ公演も果たした。

 2010年3月に『無邪気と悪魔は紙一重』(文春文庫) 、9月には『我が偏愛のピアニスト』(中央公論新社)、9枚目のCDアルバム『ロマンティック・ドビュッシー』(カメラータ)刊行。同月、浜離宮朝日ホールにてコンサート『大田黒元雄と「音楽と文学の仲間たち」』を開催。

 10月には初の小説『水のまなざし』(文藝春秋) 刊行。

 JMLセミナー入野義朗音楽研究所にて「ドビュッシーのピアノ曲・解釈と演奏法」開講。大阪音楽大学教授、青山学院大学仏文科講師。オフィシャルホームページ:http://ondine-i.net

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
5 件のグローバル評価
星5つ
36%
星4つ
30%
星3つ
34%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月15日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年2月21日に日本でレビュー済み