通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドッグファイトの科学 (サイエンス・アイ新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧いただきありがとうございます■ご注文後できるかぎり24時間以内の発送をしております■全体的にキレイな状態です、汚れ、書き込み等はありません日焼けも少ないですが中古品なので若干の使用感あります■万一説明と違う場合や不良があった場合は返金にて対応いたします■ご注文後は丁寧に梱包し郵便局のゆうメールで確実に迅速発送を心掛けてます■納品書・領収書ご一緒に同封しております
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ドッグファイトの科学 (サイエンス・アイ新書) 新書 – 2012/9/15

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 259

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドッグファイトの科学 (サイエンス・アイ新書)
  • +
  • 図解 戦闘機の戦い方
  • +
  • 戦闘機パイロットの空戦哲学―トップガンの素顔 (光人社NF文庫)
総額: ¥3,285
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本の空を守るジェット戦闘機の戦い方に迫る
「ドッグファイトは、戦闘機同士の格闘戦です。
空対空ミサイルの高性能化でその機会はなくなるともいわれましたが、近年登場しているレーダーに映りにくいステルス戦闘機が
より一般的になれば、至近距離でいきなり敵機と遭遇し、ドッグファイトにもつれ込む可能性が高まるとも考えられています。
本書では、おもにジェット戦闘機のドッグファイトで用いられる空中戦闘機動を科学的な観点から解説します。


第1章 戦闘機の機動の基本を知る
3次元空間を自由自在に駆け抜ける戦闘機は、どんなしくみで飛行しているのでしょうか。
第1章では飛行に関する原理や物理法則、そして期待の最大性能を発揮するために編み出された「曲技飛行」の課目について解説します。

第2章 各種の基本戦闘機動
ドッグファイトにおいて敵に勝利するためには、どのような機動テクニックを駆使する必要があるのでしょうか。
第2章では、飛行中の機体の保有エネルギーと機動との相関関係、そして各種の基本戦闘機動について解説します。

第3章 戦闘機に搭載される武装
戦闘機にはミサイルをはじめ爆弾や砲弾など、実にさまざまな種類のウエポン(武器)が搭載されています。
第3章では、戦闘機同士の戦闘で使用される空対空ミサイルやレーダーなどの搭載電子機器について紹介します。

第4章 戦闘機の戦い方
第一次世界大戦以降、戦闘機は実戦に投入されて世界の各地で激しいドッグファイトを繰り広げてきました。
第4章ではドッグファイトの歴史や、実践で使われてきた各種の戦術、そして具体的な戦い方などを流れに沿って解説します。

第5章 曲技飛行の技
戦闘機による豪快なアクロバット飛行は、戦闘において重要なテクニックの一部をわかりやすく紹介したものです。
第5章では、これを正式なスポーツ競技としてさらに発展させた「曲技飛行」の課目について解説します。

第6章 素朴な疑問
ドッグファイトや戦闘機の運用方法などについては、高度な専門性があるため、まだまだ不明な部分が多いと思われます。
第6章では、みなさんが抱かれるであろう素朴な疑問についてお答えします。

内容(「BOOK」データベースより)

「ドッグファイト」は、戦闘機同士の空中格闘戦です。空対空ミサイルの高性能化でその機会はなくなるともいわれましたが、近年登場しているレーダーに映りにくいステルス戦闘機がより一般的になれば、至近距離でいきなり敵機と遭遇し、ドッグファイトにもつれこむ可能性が高まるとも考えられています。本書では、おもにジェット戦闘機のドッグファイトで用いられる空中戦闘機動を科学的な視点から解説します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2012/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797356391
  • ISBN-13: 978-4797356397
  • 発売日: 2012/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,139位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 著者の赤塚氏は、学生時代から航空雑誌に投稿されているのをお見かけしたが、後に自衛隊に入隊、イーグルドライバーになられるという、評者の様なただのヒコーキマニアからみればまさに「雲の上の存在」である。

 このため、本書には実際の戦闘機操縦経験に基づく貴重な知見が収められている。

 新書版オールカラー、約200頁の本書は、基本的に1トピックス2頁の記事約90編から構成される。これらは航空工学、戦闘機動概説、兵装関連ハードウエア、空中戦の歴史、曲技飛行、FAQの6項目にカテゴライズされており、それぞれテキスト1頁、図版1頁のフォーマットでまとめられている。

 記述は、航空雑誌の読者が記事をより深く理解するのに適切なレベルで、これらの雑誌に頻出する専門用語(「シザーズ」、「ヨーヨー」、「エネルギーマネージメント」など)を分かりやすく解説されている。

 特に1章に記述された航空工学の内容(揚力、荷重倍数、旋回性能の関係)、2章に示されたエネルギーと空戦の幾何学は、エンジニアリングとドッグファイトの関連をこれほど解りやすく解説された類書を他に知らない。このあたりは、「プロフェッショナルなファイターパイロット」ならではの内容と思う。

 また、3次元空間に展開されるマヌーバの軌跡を表現した
...続きを読む ›
2 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
戦闘機の戦い方を記述した本

この著者の赤塚さんは、元自衛隊のF15Jのパイロットとまさにこの本を書くには最適な
人になっています。

この本の構成は、
 1.戦闘機の機動の基本を知る
   いわゆる飛行機に働く4つの力から始まり、バレルロール・アンロード加速など
   戦闘に使う飛行機の動き(機動)について説明しています。
 2.各種の基本戦闘機動
   この章が、いわゆるドッグファイト(戦闘機同士が飛行しながら戦う)方法を記載しています。
   おもしろいのは、最近のドッグファイト方式に加え、ゼロ戦の時代の方式である
   木の葉落としや、スナップロールまでカバーしています。
 3.戦闘機に搭載される、武装
   機関銃(バルカン砲)から、ミサイル、チャフ、フレア、ECM装置、火気管制レーダーと
   さすが、元F15Jパイロットです。見開きでわかりやすく解説してくれています。
 4.戦闘機の戦い方
   各時代における典型的な戦い方について、まとめています。また、不審機発見から
   戦闘に至るまでの手順もこれまたわかりやすく解説しています。
 5.6.曲技飛行の技、素朴な疑問
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
航空自衛隊の元ジェット戦闘機パイロットが書かれた本はこれまでにも何冊か読んだが、十分におもしろいものであるものの、回顧録に近いものが多い(決して非難しているわけではないのだが)。そのため、具体的にどう戦うのかが断片的にしか書かれておらず、いまひとつピンとこなくて物足りなさを感じていたのも事実である。

それらの本は比較的古い機体の話が多く、現役で活躍しているF-15Jの話が知りたかった私としては、著者として活躍している航空自衛隊の元ジェット戦闘機パイロットの中ではかなり若い部類に入るとお見受けする生粋の元イーグルドライバー、赤塚氏の書く一言一言を食い入るように読んでしまった。氏の個人的な思い出話などは皆無と言っていいほどで、これがまた徹底しており、ほとんど戦闘機パイロットの教科書といってもいいと思うが、こんなにおもしろい教科書は見たことがない。

ドッグファイトというと、熱い戦いのイメージがあるが、氏の文面からは戦いのさなかでも極めて冷静で合理的な判断が要求されることが伝わってきて、これが本物なのかとミーハーな自分がやや恥ずかしくなるほどである。子どものころトップガンやエリア88に夢中になり、エースコンバットで心ときめいていたただの格闘戦好きからいわせていただくと、ドッグファイトを体系的にまとめたこのような本が、なぜいままでなかったのだろうと
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書を読むと、すごいパイロットであれば、どんな戦闘機でも自在に乗りこなして空戦に勝利する・・という私のような素人の幻想を打ち砕いて、まるで研究室にいるような技術者魂で、与えられた機体を研究しつくしてその力を最大限に生かすために、知恵の限りを尽くして有利な状況を作り出す、非常に精密さを要求される仕事であることが分かる。パイロットにとって直観的な判断は、最後の最後、それこそ技術を尽くして天命を待つと言った、ほんのわずかな瞬間に有効な能力で、そのほとんどは、計算し推論して理論的な組み立てで空戦を行っているのだと思った。几帳面でない奴はパイロットになれないとつくづく感じる。パイロットを目指さなくて良かった・・というよりとても私には無理だけど・・
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー