¥ 1,015
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる (星海社新書) 新書 – 2017/2/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/2/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる (星海社新書)
  • +
  • プロ野球戦国時代!
  • +
  • 2017年版 プロ野球問題だらけの12球団
総額: ¥4,147
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



フィギュアスケートLife Vol.9
羽生結弦 限界への挑戦ほか、「ユーリ!!! on ICE」特集も >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

球団経営を知れば、プロ野球はもっとおもしろくなる!
本書は、選手や監督ではなく、親会社の事情も含めたプロ野球12球団の事業構造そのものに焦点をあてた一冊である。現役の金融ジャーナリストが、公開情報はもちろん、球団代表への取材や全球団への質問状送付、顧客満足度調査に全本拠地の現地取材といった、12年間の取材と執念で得たプロ野球の“経営”に関するデータを結集し、12球団を一球団ずつ詳細に分析する。本来「同業他社」というのは基本的な収益構造が似通ってくるものだが、プロ野球のそれは多種多様を極めており、各球団の運営はおもしろいほどに「らしい」。あなたのひいきのチームは何で儲け、損しているのか。「カネまわり」を知れば、プロ野球はもっとおもしろくなる!

まえがき
クラブ経営に当事者として関心を持つJリーグサポーター
12球団中10球団は決算公告義務を履行
予想通り厳しかった球団の対応
目的は事業構造の解明
1、球団経営の基礎知識
2、パ・リーグの経営
3、セ・リーグの経営
4、プロ野球興業を支える裏方たち
裏方なくして、プロ野球なし
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、選手や監督ではなく、親会社の事情も含めたプロ野球12球団の事業構造そのものに焦点をあてた一冊である。現役の金融ジャーナリストが、公開情報はもちろん、球団代表への取材や全球団への質問状送付、顧客満足度調査に全本拠地の現地取材といった、12年間の取材と執念で得たプロ野球の“経営”に関するデータを結集し、12球団を一球団ずつ詳細に分析する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061386107
  • ISBN-13: 978-4061386105
  • 発売日: 2017/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,303位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

1978年にライオンズを失い、1988年にホークスを得た、福岡という街の野球ファンです。球団喪失のショックを記憶しているというあたりで歳がバレますが(笑)、プロ野球を安心して楽しもうと思ったら、球団の経営に無関心でいてはならない、というのが「福岡の教訓」なのです。
本書は、必ずしも公表されていない球団の財務データをたいへんな手間暇をかけて収集し分析した労作です。ビジネスパーソンでプロ野球ファンの方々、ぜひお読みください。面白いです。
財務データは、本当に正直です。チームカラーを実によく反映しています。我が福岡ソフトバンクホークスの財務体質は、「がっぽり稼いで、がっつり使う」といういかにもそれらしいもので笑えました。
総じて、パリーグが21世紀の「スポーツビジネス」を希求しているのに対してセリーグは20世紀の「野球興行」に留まっている姿がくっきりと浮かび上がっています。
また、今日の球団経営において、球場の活用は死活的であることから、「ビジネスの視点で見た球場案内」にもなっていて、漫画「球場三食」とも違った風味のスタジアム・ツアーガイドになっているので、お買い得です。
なお、図表のタイトルなどに細かい誤植がいくつか見られました。重版出来の節には是非修正願います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告