¥ 6,499
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
ドキュメンタリー : ユジャ・ワン~Through... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドキュメンタリー : ユジャ・ワン~Through the eyes of Yuja (Yuja Wang | Camerata Salzburg | Lionel Bringuier / Ravel Piano Concerto | Gershwin Phapsody in Blue) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語帯・解説付]


仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 直輸入盤日本語帯解説付
¥ 6,499
¥ 5,850
この商品の特別キャンペーン 【10%OFF】 まとめ買いで割引 1 件

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 【10%OFF】AV機器とDVD/Blu-rayのまとめ買いがお買い得。詳しくは詳細ページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。



登録情報

  • 出演: ユジャ・ワン
  • 監督: アナイス&オリヴィエ・スピロ
  • 形式: ワイドスクリーン
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: C Major / King International
  • 発売日 2018/11/21
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • ASIN: B07G327TPD
  • JAN: 4909346016620
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 142,971位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

スター・ピアニストとしての苦悩と葛藤を描いた
ユジャ・ワン密着ドキュメンタリー映像


[商品番号 : KKC-9347]
[原盤番号 : 74-5504]
[版型 : Blu-ray]
[画面 : Full HD 1080i | 16:9]
[音声 : PCMステレオ | DTS-HD MA5.1(コンサートのみ)]
[原語 : 英語]
[字幕 : 独仏韓日]
[収録時間 : 89分 (ドキュメンタリー : 47分 | コンサート : 42分)]
[Import]
[日本語帯・解説付]
[C Major / King International]

[収録内容]
●ドキュメンタリー
ユジャ・ワン~Through the eyes of Yuja

監督 : アナイス&オリヴィエ・スピロ
プロデューサー : ベルンハルト・フライシャー
出演 : ユジャ・ワン | グスターヴォ・ドゥダメル | ゴーティエ・カプソン | レオニダス・カヴァコス

●コンサート
ガーシュウィン : ラプソディー・イン・ブルー
ラヴェル : ピアノ協奏曲 ハ長調

ユジャ・ワン | カメラータ・ザルツブルク | リオネル・ブランギエ

収録 : 2016年 ザルツブルク音楽祭 (ライヴ)


★今や押しも押されもせぬスター・ピアニストとして世界で活躍するユジャ・ワン。彼女は年間120回以上の公演を行い、世界中を飛びまわり、様々なアーティストと共演する刺激的な生活を送る一方、常に孤独で、過度なプレッシャーに耐え、移動にともなう疲労や時差ボケ、など多くの苦悩と困難を日々乗り越えています。このドキュメンタリーは彼女のそんな生活に密着し、アーティストとしてひとりの人間として彼女の素顔に迫っています。
★ドゥダメル& ロス・フィルとラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏、ニューヨークからカンザスシティへ移動し、さらにチューリヒに飛んでリオネル・ブランギエ& トーンハレ管弦楽団とのプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を弾く。パリではチェロのゴーティエ・カプソンとのリサイタル、と目の回るようなスケジュールをこなします。14歳から一人で暮らしているという彼女のスケジュールはすべてiPadで管理しているという。また彼女の強靭なテクニックやきらびやかな衣装は時に論争を巻き起こすこともあり、それについてユジャ・ワンは、それはただのうわべの姿で、自身はいつも作曲家、作品に寄り添い、音楽に向き合っているひとりの音楽家であるといいます。衣装については、ダンサーだった母親の影響もあり、露出に抵抗はなく、ただおしゃれが好きなだけと。「私は音楽家としてみられたいし、ハイヒールをはき、短い服を着た、ただの速弾きピアニストには見られたくない」(ユジャ・ワン)10代で世界のトップ・アーティストの仲間入りをしたユジャ・ワンならではの、苦悩と葛藤、そしてそれに打ち勝ってきた彼女の強さがよくわかるドキュメンタリー映像となっています。
★ボーナス映像には、2016年ザルツブルク音楽祭でのライヴ映像が収められています。

内容(「Oricon」データベースより)

今や押しも押されぬスター・ピアニストとして活動するユジャ・ワン。彼女は年間120回以上の公演を行い、世界中を飛びまわり、様々なアーティストと共演する刺激的な生活を送る一方、常に孤独で、過度なプレッシャーに耐え、多くの苦悩と困難を日々乗り越えている。彼女のそんな生活に密着し、アーティストとしてひとりの人間として彼女の素顔に迫るドキュメンタリー。2016年ザルツブルク音楽祭でのライブも収録。


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう