¥1,980
無料配送: 4月24日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 23日の金曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ドキュメンタリー撮影問答 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ドキュメンタリー撮影問答 (日本語) 単行本 – 2021/4/5


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2021/4/5
¥1,980
¥1,980 ¥1,890
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

1970年和歌山県生まれ。日本大学芸術学部映画学科在学中、小川プロダクションが製作したドキュメンタリー映画のカメラワークに衝撃を受け、映画監督志望から一転、ドキュメンタリーキャメラマンを志す。卒業後、テレビドキュメンタリーを多く手がける制作会社と契約、多くのキャメラマンの助手を務め、インド、北極、中東など世界中の撮影に連れ回された。1998年、フリーランスキャメラマンとして独立。以降『ザ・ノンフィクション』『世界の車窓から』『ETV特集』『情熱大陸』など、数多くのテレビドキュメンタリーを撮影する。2003年に故・若松孝二監督に誘われ『17歳の風景』『実録・連合赤軍』『キャタピラー』など、劇映画の撮影も担当するようになる。2011年に映像制作会社ハイクロスシネマトグラフィ設立。以後、撮影のみならず企画、演出、プロデュースなども手がける。最新撮影作はテレビドキュメンタリー『良心を束ねて河となす~医師・中村哲 73年の軌跡~』(日本電波ニュース社・NHK)、劇映画『MOTHER マザー』(監督 大森立嗣)など。

ドキュメンタリー映画『日本心中』の撮影でJSC賞審査員特別賞、劇映画『実録・連合赤軍』の撮影で三浦賞および毎日映画コンクール撮影賞、『キャタピラー』の撮影で大阪シネマフェスティバル撮影賞を受賞している。

登録情報

  • 出版社 : 玄光社 (2021/4/5)
  • 発売日 : 2021/4/5
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4768314791
  • ISBN-13 : 978-4768314791
  • 寸法 : 14.8 x 1.5 x 20 cm

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません