ドキドキレンアイ がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,480
通常配送無料 詳細
発売元: 新文化流通市場  《ご購入前に商品状態の詳細をご確認下さい》
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドキドキレンアイ

5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,480 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、[CDDVD専門] 毎日発送。クレカ不要 sanyodoが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/12/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B000XZT6TS
  • EAN: 4988102522223
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 221,006位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ドキドキレンアイ::ヒトツ屋根の下
  2. ドキドキレンアイ::ヤキモチひちろ
  3. ドキドキレンアイ::チャンス到来?
  4. ドキドキレンアイ::ジャマ者登場
  5. ドキドキレンアイ::刺されたトゲ
  6. ドキドキレンアイ::ドキドキは続く!
  7. ドキドキレンアイ::おまけのズキズキレンアイ
  8. ドキドキレンアイ::キャストコメント

商品の説明

商品の説明

キャスト: 遊佐浩二・鈴村健一・小野大輔・野田順子・ほか  原作・イラスト: 山本小鉄子  発売日: 2007年12月21日 3,000 円  収録時間: 64分14秒  トークあり  発売元: フィフスアベニュー GNCA-71

メディア掲載レビュー

はじまったばかりの恋は、なにかとドキドキ!大洋図書クラフトコミックスの山本鉄子のコミックをドラマCDに! (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 00 投稿日 2008/5/9
完全なキャスト買いなので原作は知らないのですが…攻めが見事にわんこっぽいですね。

個人的にはそれなりに楽しめて良かったと思います。
ただ攻めの圭吾役が遊佐さんで、受けのちひろ役が鈴村さんだったのですが攻めの性格もあって逆にも聞こえる感じです。
遊佐さんの声が受け役の時と同じくらい高く役作りされてるので、鈴村さんの声が落ち着いた感じでやられてる分特に攻めと受けが逆に感じることがあるのでキャスト買いをされる方は注意が必要かもしれません。

ストーリー的には高校生同士のピュアな感じが出てて可愛らしい感じです。
「俺はちひろが好きなんだよ」とか普通に言い出すストレートな圭吾が可愛くも格好良くも思えます。
圭吾を狙う桶沢もメイン二人にちょっかいを出すポジションにしては個人的にですが、憎めない実はいい人キャラに感じましたし、ちひろのお姉さんも格好良くキャラが素敵な作品です。

あと圭吾は標準語ですが、ちひろは関西弁なので鈴村さんの関西弁が好きな人にはお勧めです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
かわいらしいお話でした。声優さんの声が高かったので新鮮でした。原作未読のためイメージしづらかったけど聴きやすい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
乙女攻め(圭吾/遊佐さん)と男前?受け(ちひろ/鈴村さん)。
ですが、突っ込まれるのがどちらかと云うだけで(…)、全体的に受けは圭吾の方だと思います。
何故ちひろが突っ込まれる側なのかが分からない程に、そう思う。

遊佐さんは余裕めいた攻めか俺様受けしか聞いた事なかったので、一瞬本気で「………誰?」と思いました(笑)
これは予想外な役で来ましたな!と少し違和感を感じつつも、ワンコな遊佐さんが可愛くて微笑んでしまった(笑)
他の色々なBLCDのフリートークとか聞く度に「遊佐さんは可愛い人だなあ」という印象があったのですが、それを思うと圭吾の役が妙に合ってるような…。寧ろこれまで聞いてきたクールな攻めや大人な攻め役の方に違和感を感じるような…。そう思うのは只の気の迷いかもしれないような…(どないやねん)

お話は最初から最後まで、とにかく可愛いです。えっちぃシーンは少しですが、ちひろが"自分が下で良かった"と思う理由も可愛い。基本的に濡れ場が少ない可愛さ重視なBLになど興味ないのですが、許せてしまえました。

平和に可愛いピュアなBLが好きな方、乙女で可愛いワンコな遊佐さんと出会いたい方は是非どうぞ☆
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
女の子が何かと登場します。主人公の男子二人が好き好きと言っている、という点を除けば普通の少女漫画によくある男女学園ものホームドラマものです。むしろ印象的には女の子の方が多い。
そして二人がいいムードになると、必ず女性の邪魔が入ってしらけるという場面が何度も繰り返され、それがハラハラドキドキで楽しめなければ単なるイライラの積み重ねに。
お姉さんがまたパターンそのままの口煩い説教タイプ。妨害はしないしむしろ見守りポジションではあるのだが、二人の濡れ場の気配に聞き耳をたて、嫌味にも聞こえるセリフを捨て台詞口調に言い放つ。そのセリフを聞かされているのは主人公の片方に恋情を公言している男性。
周囲を取り巻くキャラ、特にお姉さんをかなり好意的に解釈していかないと後味が悪く爽やかに聞き終えるのは難しい。
かき回し系の少女漫画が好きなら、たぶん面白く聴けるのではないかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
意外にレビューがよくて正直びっくりです。
遊佐さんと鈴村さんコンビが好きなので買いました。

このCD聞いててストーリー的には別に嫌いじゃなかったのですが
遊佐さんの高い声が私的に無理でした。
低い声の時の遊佐さんは高校生もイケる!!って思うんですけど
この役の遊佐さんは無理に声作ってるって感じで、高校生は
ちょっときついかなーと・・・・・。

新鮮さはあるかもしれませんが、低い声の遊佐さんがお好きな方には
あまりオススメできないような。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック