この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドイツ兵士の見たニッポン―習志野俘虜収容所1915~1920 (丸善ブックス) 単行本 – 2002/1

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,092
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

第一次世界大戦に敗れ、捕虜となって日本の収容所に収容されたドイツ人兵士たちの、五年間にわたる生活と、日本人との交流を、かれらが伝え、残していった文化―ヨーロッパの音楽や、ソーセージなどの製法など―を通して描く。

内容(「MARC」データベースより)

第一次世界大戦に敗れて捕虜となり、日本の収容所へ収監されたドイツ兵たちの五年間にわたる生活と日本人との交流を、彼らが伝え、残していった文化(音楽やパン・チーズの製法など)を通して描く。


登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 丸善 (2002/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621060945
  • ISBN-13: 978-4621060940
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,114,901位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本における第一次世界大戦がどうだったのか、よくわかりました。ヨーロッパのみならずドイツ人居留地チンタオに日本軍攻撃が行われ、その時5000人にも及ぶドイツ兵が日本の各地に5年にわたって収容生活を余儀なくされた事実をどれだけの人々が知っているでしょうか?ユーハイム、ヘルマン、ローマイヤー、ヴァンホーテン、ケテル、バイエル、ジャーマンべーカリー、山梨ワイナリーなど現在我々が知るところのこれらの名が、すべてドイツ兵が日本に残していったものであったことに
驚きと感動を感じます。どんなドラマよりドラマティックであり、その一こまから戦争の周辺が見えて興味は尽きません。素晴らしい本でた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本に於ける第一世界大戦の関係が分かりました。チンタオ(中国)を攻めた理由、ドイツ俘虜が当時の日本の各地に5年におよび収監されていた事実を現在の人々はどれほど知っているでしょうか?更に驚きと感動を覚えるのは、今我々のよく知る名である、ユーハイム、ヴァンホーテン、ヘルマン、ケテル、バイエル、ローマイヤー、山梨ワイナリーなど(まだまだ続々続きますが・・)は当時のドイツ兵が日本に残りその技術を日本に置いていったものだとは。
「チンタオ戦の俘虜と日本」を通して見える第一次世界大戦の周囲が興味深く書かれていて、本書は当時を知る貴重な本になっていると思います。お薦めです。(K・S)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
BR>広大な習志野原の捕虜収容所に、華麗なるウインナワルツが鳴り響いていたとは! 本当に感銘を受ける本だと思いますよ!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告