¥ 626
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫) 文庫 – 2016/12/1

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 350 ¥ 34

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)
  • +
  • いじわる令嬢のゆゆしき事情 灰かぶり姫の初恋 (角川ビーンズ文庫)
  • +
  • 皇太后のお化粧係 後宮に咲く偽りの華 (角川ビーンズ文庫)
総額: ¥1,857
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

共犯者になるなら守ってやる――暴君指揮者と“婚約”の結末は!?

“養護院出身の伯爵令嬢”にして、新人バイオリニストのミレア。そんな彼女が、「音楽の邪魔になる求婚者よけ」という利害が一致し、公爵家の跡取りで、気鋭の指揮者でもあるアルベルトと仮婚約することに……!!

内容(「BOOK」データベースより)

「共犯者になるなら、守ってやる―婚約者なら当然だろう?」バイオリニストの伯爵令嬢・ミレアは、気が進まない婚約話に困っていた。そんな時、宮廷楽団指揮者で公爵令息・アルベルトから“嘘の婚約”を提案される。「で、でも私、お付き合いとかしたことないし」「僕の言う通りにすればいい。この総譜を片付けろ」「下僕扱いじゃない!」かくして、互いに望まぬ婚約よけで熱愛中ということに!?宮廷ラブ・ストーリー!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041049997
  • ISBN-13: 978-4041049990
  • 発売日: 2016/12/1
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 つばめ 投稿日 2017/2/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
テンポ良く一気に読むことが出来ました。ヒーローもヒロインも可愛いです。個人的には、マエストロのふざけた姿とプロとしての厳しい姿が怖くもあり、格好良くもありました。続きがあったら良いなと思える作品でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
デビュー作から追っている作家さんですが、一番おすすめしたい本です!
この作家さんの特徴として、飛び抜けて優れている構成力が挙げられます。毎回よく作り込まれたストーリー展開で、冊数が増えるたび、ドラマがいくつもあるので飽きません。
個人的には予言のシリーズが一番好きだったのですが、たった二冊で終わってしまって本当に残念です。

今回は初めてのファンタジーなしの話ということで、どうくるのだろうと不安なものの買ってみましたが、予想を裏切られました。指揮者とバイオリニストの組み合わせが、こんなにきゅんきゅんくると思いませんでした。最高です!
前作は設定がつめこみすぎだった感もありましたが、新作は無理なく読み進められます。中のイラストもかわいいです。私はオーケストラの知識は乏しいですが、充分に楽しめましたし、あとがきを読んでいて興味が出てきました。
社会人になってからは時間がなくて一回しか読まないのですが、何度か読み直しました。というか読み直したいシーンが多すぎて。まだまだミレアとアルベルトの絡みを読んでいたい気分です。

いつもはレビューは書かない派ですが、本は売れないと次が出ません。続きが読みたいと思うからこそ、レビューを書くことにしました。もし買おうかどうしようか悩んでいる方は、ぜひ購入を検討してほしいです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮廷楽団をめぐる人間模様がよく描かれていると思いました。

永瀬氏のデビュー作である『精霊歌士と夢見る野菜』にくらべると文章が濃密になり、シリアスなシーンもうまく描けるようになったと感じました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヒロインに振り回されるヒーローという2人の関係がとても良かったです!

全て知っていて手の上で転がしているはずのヒーローでもじゃじゃ馬なヒロインをコントロールすることはできないんだなと微笑ましく思いながら読みました。

個人的にはヒーローはヒロインに振り回されるのがすきです。
溺愛しているからかなんでも1人で解決しようとしてヒロインを泣かせたつけがクライマックスに繋がるわけですが、まわりの援護もありあのような形になったのだなと思うと、自分達が思っているよりも2人は愛されているのだな〜と。

思い描く未来のためにヒーローの知らないところで奮闘するクライマックス手前のヒロインは健気でかわいかったです。
楽団のみなさんや師匠が自分達を頼るように促すシーンもすきでした。

クラウスは…そうだったんですね。
途中から、おや?と思いましたが、なるほど〜と。彼は彼なりの愛情も持っての行動だったんですね。
利害関係が一致したヒーローとクラウスの2人はヒロインに隠れてうまく情報交換をしていきそうだな〜と想像してみました。

メインの2人以外の脇役達もみな2人に好意的で、特にちょこちょこ登場する第一楽団のみなさんとヒーローであるアルベルトのやり取りも楽しかったです
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告