中古品
¥ 1,456
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややヨレスレ 本体概ね良好小口ややヤケ2か所角折れ ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ドアの向こうのカルト ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/18

5つ星のうち 4.4 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,198
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東京ガールズコレクションの仕掛け人としても知られる著者は、ロス、NY、ハワイ、東京と9歳から35歳までエホバの証人として教団活動していた。信者の日常、自らと家族の脱会を描く。

内容(「BOOK」データベースより)

東京ガールズコレクションを手掛けた天才プロデューサーによる驚愕の手記!洗脳された教団生活から、私と父母、妻、弟を解約し脱会へ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309021557
  • ISBN-13: 978-4309021553
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,161位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「事実は小説より奇なり」と小説を読むのは好きですが、思いました。最後のほうに「人生の答えを他の人に委ねた瞬間、自分の人生はなくなってしまう」「答えとは探すものではなく、創るものである」と格言されています。宗教問題だけではなく、生き方を考えさせる本でもありました。
人は宗教だけでなく、社会にも洗脳される傾向があります。そこから自由に自分らしく生きるヒントが書かれていると思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
新婚ホヤホヤの主婦だった私。遠方から嫁いできたため家族以外の知り合いはいない。ある日うちに訪ねて来た上品なご婦人と聖書研究が始まる。幸せな家族生活のためになると思い 何の警戒もなく研究は進み、2年後バプテスマを受けた。
その後妊娠、出産。子どもは生後1カ月から集会デビューさせる。しかし1歳になるころから集会中にじっと座らせることが大変になってくる。すると、周りから戒めの鞭をするよう言われ、一気に不信感が増す。「愛ある親は鞭を!」エホバは本当にそれを望んでいるのか?乳幼児が鞭で打たれながら座っていることを強要されることは神のご意志なのか?それは恐怖政治と同じでは?

といういきさつでこの本を読ませていただきました。一世の私にはわからなかった二世の苦悩が書かれていて大変参考になりました。今後の自分と家族にとって最善の決定を祈りのうちに考慮したいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
内容については他の方が詳細に語ってますので、気になった点をひとつ。

主に解約に関する部分ですが、色々なアプローチがあると思います。
どのようなアプローチでもダメな人もいるでしょう。
ですが、少し強引な気がしました。
理論武装して、矛盾点を相手に突きつけ論破するやり方では、
マインドコントロールされてる人はさらに殻に閉じこもってしまうと感じました。

誰よりも信じたい。だから逆に教えて欲しいという態度で接しないと、
骨の髄までエホバの証人の方とは、まず対話が成り立たないのです。
親、兄弟、親戚、愛する人々。わかってほしいが故に感情的になり、資料を突きつけ、
無理やり飲み込ませようとすると、向こうはパニックに陥り、サタンがやってきたと
思って心を閉ざしてしまうかも。

愛する者を救出したい。相手によって効果的な方法があると思います。
救出を試みられる方は、感情的にならず、慎重になさいますように。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「良心の危機」の著者と本作の著者はどちらも
「神もイエスも信じる。しかしこの組織は真理を持っていない」
という同じ結論に達した点が興味深いと思いました。
むしろ、だからこそイエスが神殿で義憤ゆえに行動を起こしたのと同じように、
多くの人に真実を伝えるべく本を書かれたのかと思います。

私自身現在まだ現役で奉仕の僕として会衆で奉仕していますが、ゆるやかにフェードアウトを目指しているところです。
ここ1,2年で不信感が強まり、本作の著者とは違いほとんど無神論的な考えに至りました。
(それだけに本作中の霊能者の登場には少し面食らいました)
それでも即断絶しないのは、現役の家族との関係まで断ち切りたいわけではないからです。
そして家族(主に母)を脱会させることが決してより幸福な選択とは考えにくいのです。

著者が家族を脱会させ、自身も退会届を出してけじめを付けられたのは本当に立派でなかなかできないことだと思います。
かなり難しいですが、できるだけ多くの現役信者がこの本を手にとって欲しいと思っています。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今までにも、ものみの塔について書かれた書籍は何冊も世に出てきた。その最たるものは組織の最高中枢にまで上り詰めたレイモンド・フランズの「良心の危機」だろう。これを機に読み直してみたが、10年近く前に読んだ当時よりも私自身の成長もあってか、全く色褪せることなく更なる新鮮な読み方ができ、この本の大変な重要性を再認識できた。今は亡きレイモンド氏のなした大仕事に敬意を表したい。

1970年代、二世である著者は奉仕の僕として10代を過ごし、極度の精神抑圧に耐えられなく1人で世に飛び出す。二世の境遇と心のケアを書いた「昼寝するぶた」

普通の家庭を営んでいたが、妻の入信により家庭崩壊を余儀なくされ、最終的に離婚することとなった「エホバの証人の悲劇」

祖母に連れられて中学生の頃に大国会館へと足を運んだことのあるフリーのライターが,、輸血拒否により亡くなった少年の経過を、再度組織の中に入り込み追いかけた「説得」

プロテスタントの牧師として長年の間ものみの塔の問題に取り組んできたウィリアム・ウッド氏の書いたマインド・コントロールの実態」や「カルト集団の実態」

これらの本には多くの裁判事例や社会的な問題、またエホバの証人を脱会した人間の言葉が語られています。やはり組織の中に長く深く過ごしてきた方達
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー