中古品
¥1
+ ¥340 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 『発行年』2005年第1刷 『外函』軽いスレはありますが、状態は概ね良好です。 『本編・中身』本編は使用感少なく、開き癖も付いておりません。日焼け・折り跡・書き込みも無く、全体のコンディションとしては、充分に楽しんで頂けます。 『梱包・発送等』商品はクリーニング後、OPP袋に梱包後、基本ゆうメール・レターパック・ゆうパックにて発送致します。複数同時購入の場合は一括にて梱包・発送となりますが、その場合も送料は1点づつ頂戴しておりますが、2品目以降の送料より50円を一部返金致します。(国内発送のみ) 『領収書』Amazonに領収書発行機能がリリースされました。領収書が必要な方はAmazonに直接お問い合わせ下さい。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

トーキョー焼肉エクスプローラー (日本語) 単行本 – 2005/9/29

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2005/9/29
¥1
¥1
お届け日: 7月6日 - 8日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

焼肉探究集団「YAKINIQUEST(ヤキニクエスト)」が手がけた、東京の焼肉を楽しむための究極の一冊。日々マスメディアで流される情報には目もくれずに独自の情報収集活動を行い、自らの舌だけを信じて焼肉を「QUEST」し続けてきたYAKINIQUESTが、その中で見つけた珠玉の名店、悶絶の名肉、究極の焼きテクニックを余すところなく紹介します。

・本のコンセプトはズバリ「QUEST」。東京の美味しい焼肉屋紹介が中心ですが、単にお店を羅列するだけのよくあるグルメ本ではなく「焼肉への探求心」をかき立てる読み物としてお楽しみ頂ける内容です。

・店紹介にはダイジェストの英訳があります。外国の方にも是非。
・更に、部位別攻略法やコラムなどの読み物も充実。
・持ち運びに便利な別冊「トーキョー焼肉フォトインデックス」付き。
・おまけとして、極上の「ハネシタ」をスキャンした「肉しおり」が入っています!

出版社からのコメント

彼らが旅にでる理由 『トーキョー焼肉エクスプローラー』

「孤独に向かう旅、道標に出会う旅、情に触れる旅、妄想城府への願望」。直木賞作家の藤本義一が著書「彼らが旅にでる理由」のなかで語った人が旅にでる理由の数々です。
YAKINIQUESTが『トーキョー焼肉エクスプローラー』のなかで主張したかったことはこの4つの旅に出る理由にあると考えます。
まず、彼らは焼肉に向かう態度としての「自由と自己責任」を主張します。YAKINIQUESTは料理としての仕上がりが、「焼き手=食べ手」に依存する特異な料理である焼肉に向かうとき、そこに究極の孤独を見出します。真剣に自分自身と肉に向き合った者にのみ許される至福の瞬間を得ることが出来るのです。
道標は古くより旅人の道案内として、石等に里程や方向を示し、三叉路の路傍に立てられたものです。現在は全国画一化され道路標識にとって代わられ、道端に忘れられた様な存在になっていますが、散歩・ドライブの途中気をつけてみると、今なお大切に残されている道標を見かけます。
私はなぜか風雪にたえ、人々の往来を見守り続ける道標にひかれます。三河島、浅草、大久保などで日本の焼肉の歴史に思いをはせ、焼肉の来し方に考えをめぐらせながら町の雰囲気を楽しみ、焼肉を食べることは最高の娯楽だと思います。こうした町に点在する焼肉店は、まさに東京の道標といえるでしょう。
こうした、道標といえるような店の店主、おかみさんたちは、店を訪れる旅人に、時には厳しく、時にはやさしく肉をどうやって美味しく食べるかについていろいろな知識を授けてくれます。不思議なことですが、美味しく肉を食べようとしてくれている旅人は、肉と向き合う孤独と店主の温かい情との交流というアンビバレトな状況のなかで、自分自身と焼肉との関係について再確認することができるのです。
妄想城府とは、「妄想を長年かかって体系化してその中に安住すること」です。ディズニーランド、横浜ラーメン博物館など、束の間の非日常をエンターテイメントにして成功しているテーマパークがあります。ところが、『トーキョー焼肉エクスプローラー』に掲載されている焼肉店の数々はリアルな非日常です。こうした東京の裏路地の非日常を追い求め、そこに最高の快楽を見出すことができます。こうした「妄想城府」を追い求めてしまう特性を人間はもっているのでしょう。
また今夜も焼肉に行ってきます。


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2005年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年10月13日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告