この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トーキョー・リアルライフ 42人の消費生活 単行本 – 2003/3

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

東京生活者の1ヵ月─隣の人は、何を買い、どこで遊んでいるのだろうか?─
私は、自分が1ヵ月にいくら使っているか正確には知らない。なんとなく自分の給料と帳尻を合わせながらお金を使っている。もちろん詳細などわかるわけがない。が、家賃や光熱費といった生活のインフラを除けば、私の1ヵ月の消費で突出しているのは、外食費と雑誌・書籍代とコーヒー代のはずだ。これはそのまま私の嗜好品となる。
本書に登場する10代~30代の彼ら/彼女らの消費も、どこかいびつだ。洋服、映画、友達とのお茶、歯医者の治療費々、何かが偏っている。
1日で大量のモノを買う日もあれば、何も使わない日だってある。メリハリが効きすぎているのかもしれないが、誰もが独特の消費スタイルで生活しているのだ。
本書には、そんな42人の生活スタイルが詰まっています。隣の人の生活が気にな! る人にも、人々のお金に対する価値観を知りたい人にも、損のない1冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

合計42名の消費者行動の記録。2001年1月~2002年12月に参加いただいた中から、東京近郊在住の方に絞り、毎日の出費と日記を、ひとり1ヵ月ずつ計2年間をまとめたもの。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408105392
  • ISBN-13: 978-4408105390
  • 発売日: 2003/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 820,929位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
すごく面白かったです。日経流通新聞の書評で興味を持って買ったのですが、当たり。一人ひとりの消費動向を見ていると、ほんとにマーケティングって難しいなぁ・・と思います。お金のない若者が、身を削って趣味に資本を投下する姿には、幸せ感があふれています。「楽しい消費」って、お金はなくなるけど、ハッピーだ!と思いました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ただ東京近郊に住む人の消費生活が赤裸々に淡々と日記形式でつづられているだけの一冊ですが、現実は小説より奇なりとはよくいったもので、毎日のコンビニの買い物に共感を覚えたり、買ってみようと思ったり。他人の懐をのぞく機会なんてめったにないので、興味本位にめくるだけでも楽しめます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 miyu666 投稿日 2004/11/10
形式: 単行本 Amazonで購入
 通勤時間にこつこつ読んでいたのですが、とにかく面白い!
しかも、消費生活プラス一言(で済まない人もいますが)日記がついてきて、それを読んでいると「みんな、ブツブツ言いながらも忙しく毎日を送っているんだなあ」と妙に関心させられ、自分もやらなきゃという気持ちにもさせてくれる不思議な本でした。続編が欲しい!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
東京近郊に在住する42名の日常、特に消費行動を一人1ヶ月の割り当てで、2001年から2002年にかけて記録した本。下流社会の著者が一時期編集長を担当していたマーケティング誌、アクロスによるもの。下流社会の前触れを感じさせる年代であるため、誰が上流で誰が下流になったのかは明確でなくとも、紹介されている消費活動からその前触れを予感させる内容で、下流社会の副読本としてお勧めです。

日記の内容そのものから受ける影響は何も無いのだが、その日々の消費活動とその月間集計から面白い傾向が現れているところが興味深い。個人的に一番気になったのが、月間支出が月間収支を上回っている人が多いこと。

一人一ヶ月分の割り当てなので、まさか毎月そのような消費生活をしているわけではないのだろうが、普通に考えるといわゆる赤字生活である。クレジット・カードなどの翌月返済を繰返す、返済先送りの自転車操業的消費生活なのかもしれないと個人的に推測しているが、そういう消費生活を軽妙な語り口(消費者自身によるもの)で赤裸々に公開し、返済については一言も語らないところに薄ら寒いものを感じた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告