トンマッコルへようこそ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,231
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,800
通常配送無料 詳細
発売元: ☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トンマッコルへようこそ [DVD]

5つ星のうち 4.4 59件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,400 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,704 (42%)
この商品の特別キャンペーン 2 点以上購入すると、¥50 割引 1 件

残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【★年中無休★丁寧迅速発送、在庫確実】SMP WEB SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 872より 中古品の出品:10¥ 201より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【★年中無休★丁寧迅速発送、在庫確実】SMP WEB SHOPから対象商品を2個以上お買い上げになると、¥ 50割引になります。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • トンマッコルへようこそ [DVD]
  • +
  • シルミド / SILMIDO [DVD]
総額: ¥6,900
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シン・ハギュン, チョン・ジェヨン, カン・ヘジョン
  • 監督: パク・クァンヒョン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 韓国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2007/03/02
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 59件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000J6HYPO
  • JAN: 4988103631375
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,889位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

1950 年―笑顔を守るために、俺たちは戦う。
「戦争も武器も知らない村」で男たちは国を超えてひとつになる!


800万人がこの一本に驚き、そして喝采した! 韓国で2005年のNo.1ヒットに輝き、日本でも大ヒットを記録した『トンマッコルへようこそ』が遂にDVDリリース! 朝鮮戦争を舞台に韓国軍、人民軍、アメリカ軍の兵士たちが、「戦争も武器も知らない」平和な村“トンマッコル”で出会い、対立、葛藤の果てに、敵・味方の壁を越えて村を守るために立ち上がる姿を描く、傑作エンタテインメント! 監督は本作が長編デビュー作のパク・クァンヒョン。そして音楽は日本映画界が誇る久石譲が担当。キャストには『JSA』のシン・ハギュン、『シルミド/SILMIDO』のチョン・ジェヨン、『オールド・ボーイ』のカン・ヘジョンなど、実力派スターが集結!今までに観たことのない、まったく新しい「戦争映画」。あふれる興奮と感動をお届けします!

<ストーリー>
時代は熾烈極まる朝鮮戦争。森で道に迷った2人の<韓国軍>、敗走する3人の<人民軍>、偵察飛行で墜落した1人の<アメリカ軍>パイロット。彼らが偶然出会ったのは戦争が起こっていることさえ知らない村”トンマッコル”。国も立場も異なる男たちは互いに反発しあうが、トンマッコルでの平和な生活を送るうちに、やがて友情を育んでいく。そんな時、トンマッコルがアメリカ軍の空爆を受けることを知った男たちは、村を守るために立ち上がる。国を超えてひとつになった男たちの熱い勇気と友情が、アメリカ軍大部隊の前に立ちふさがる!

<キャスト>
シン・ハギュン『JSA』
チョン・ジェヨン『シルミド/SILMIDO』
カン・ヘジョン『オールド・ボーイ』
イム・ハリョン『ARAHAN アラハン』

<スタッフ>
監督:パク・クァンヒョン
音楽:久石譲『男たちの大和/YAMATO』『ハウルの動く城』
製作・原作:チャン・ジン『ガン&トークス』
脚本:チャン・ジン、パク・クァンヒョン、キム・ジュン

発売元:日活
販売元:ハピネット

Amazonレビュー

   朝鮮戦争のさなか、韓国軍と人民軍、そして連合軍の兵士たちが偶然にも不思議な村トンマッコルに迷い込んできた。まるでユートピアのような村とそこに住む人々の純朴な温かさに、始めは反目していた兵士たちもやがて打ち解け始めていく。しかし、同胞を探しに連合軍が村へ侵入してきたことから、トンマッコルの平和は打ち破られてしまい…。
   ファンタジックかつユーモラスな構えで、朝鮮半島南北分断の悲劇を描いたヒューマン・エンタテインメントの秀作。まさにユートピアとしか言いようのないトンマッコルの素晴らしさがうまく描けており、兵士たちならずとも永遠にそこにい続けたい気持ちにさせられる。クライマックスは一転して一大戦闘スペクタクルになり、それはそれでよくできているが、前半部ののどかさとは真逆なものであり、もっと別の解決策はなかったものかと思わせるほどであった。監督はこれが長編映画デビューのパク・クァンヒョン。『シルミド』のチョン・ドヨン、『オールド・ボーイ』のカン・ヘギョンなどキャストもみな好演。音楽は久石譲が担当し、ファンタジックな情緒を大いに盛り上げてくれている。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
演出などもそうですがあまりリアリティを追及するというよりは童話のような味わいのストーリーです。コミカルなシーンなどもありとても楽しめました。ラストシーンには賛否あるとは思うのですが個人的には納得できました。特にシン・ハギュン氏の演技が良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
泣きました。

劇中の重要人物に、知恵遅れの可愛い女の子が出てきます。
子供たちが、にらみ合い殺し合う大人の前で
「ばーか、ばーか」と歌うように言います。
それは女の子に向けた言葉ということになっているのですが、
まあ 心ある大人なら即座に理解することでしょう、
「ばかなのは女の子じゃない、大人たちなんだ」と。

どうやって優位に立とうか、どうやって相手を殺そうか、
それだけに必死で周囲が全く見えなくなっている、北と南の兵隊たち。

トンマッコルの住民たちは、銃も見たことがなく
手榴弾も知らない。
そんな村でのにらみ合いが実に滑稽です。

現実世界では、まさにこのトンマッコルのような平和な村に軍隊が押し入り、
住民を皆殺しにしました。

それを知っているからこそ(いや、この村はあるのだ)と
強烈に理解致しました。

憎々しげな南北の兵隊の顔が、お話が進むに連れて 
(人間性を取り戻すに連れて)どんどんハンサムに
なっていくように見えるのが面白い。

ヒロインのカン・ヘジョンさんは正面から撮ると
デビュー当時の、一番可
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
(ネタバレ注意)

後半、村を戦場にしないために米軍を引き付けて全員死ぬのだが、米軍だけでなく交戦中の米と北の両方を引き付けて全員死んだ方が反戦映画としてもっと純粋に悲劇を強調できたと思う。前半は桃源郷の話みたいでとても良かっただけに残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
泣きました。
偶然たどり着いた、トンマッコルの村での平和でのどかな生活の中で、対立していた兵士たちが、次第に肉親のような想いを抱くようになり、平和な時間を過ごし、ひと時の安らぎ・・・。しかし自分たちの存在が、争いを知らない村の人々の暮らしを、壊してしまうかもしれないという事態になった時、村を守るために命をかける。本来は同一の民族である兵士たちが南北に分断され、不本意ながら対立していたが、心をひとつにして戦う。
お互いを想う心が切なすぎて涙が止まりませんでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2006/10/28
Amazonで購入
韓国でヒットした舞台劇の映画化。CMでは久石氏の優しいサウンドが流れ、ファンタジーというので全編ホンワカした映画かと思いきや、突然プライベート・ライアンばりの戦闘シーンから始まり驚いた。子供と一緒に観に行こうかと思っている方は要注意。体が千切れます。それだけにトンマッコルへの導入は見事な演出でした。1時間後には血なまぐさかった彼らが草ぞりで楽しそうに遊んでいるのですから。この映画は反戦映画ですが主張の押しつけはありません。平和に暮らすトンマッコルの人々とアクション戦争映画に登場するような兵士達を交互に描くことによって、自然と兵士達が愚か者に見えてしまうのです。可笑しくも悲しく、心が優しくなり、そして何より映像の美しい映画でした。11月はイーストウッド監督の「父親達の星条旗」を観ることを楽しみにしていましたが、この映画を観た後ではもう戦争映画が観たくない気分です。上映館が少ないようで、遠方の映画館まで観に行きましたが、鑑賞に値する映画なだけに全館で上映して欲しいものです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
ファンタジーなのかよく分からなくて、今一乗り切れず見ていました。

朝鮮戦争の時代ということは「JSA」と違って、ずっとこの先南北分断が続くわけです。

話の結末をどこに持っていくのか、予測が付きませんでした。

しかし後半の戦闘場面で北の軍の兵士が言った言葉「私たち南北共同軍ですね」を聞いたとき、

「ああー、これが言いたかったんだ」と思いました。

それを言うためのファンタジー・寓話仕立てだったのかと。

アメリカ相手に本当は朝鮮民族で連合を組んで闘いたいのだろうと言う気がしました。

どんなことがあっても、結局は同じ民族、本音の底では一番信頼し強い同胞意識を持っているから、

こういう映画ができたし、本音を出せる雰囲気に韓国社会がなってきているんではないだろうか。

勝手な推測かもしれないが。

シン・ハギョンの心の奥がひりひりしているような表情が印象的です。

「JSA」「ナイスガイ」の頃よりさらに、演技が深くなったようです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ボール 空気入れ