中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トワイライト 上 (ヴィレッジブックス) ペーパーバック – 2008/4/19

5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,903 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

映画化決定!話題のベストセラー、ついに文庫化!
「きみは自分のことがぜんぜん見えていない。きみ はこれまで会った誰とも違うんだ」
ハチミツ色の瞳、シルクのような声、彫刻のような横顔……
雨と霧の街フォークラスで出会った美少年エドワードは、他とは違う空気をまとっていた。
なぜかベラだけをにらみつけ、避けようとするエドワード。そこには、彼にしかわからない秘密が隠されていた。
土地に伝わる<冷人族>の伝説、狼を守り神とするインディアンの掟……。
禁断の恋におちたベラとエドワードの切なく甘い運命が動きはじめる。
全米500万部の究極のヴァンパイア・ロマンス<トワイライト>、待望の文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

「きみは自分のことがぜんぜん見えていない。きみはこれまで会った誰とも違うんだ」ハチミツ色の瞳、シルクのような声、彫刻のような横顔…雨と霧の街フォークスで出会った美少年エドワードは、他とは違う空気をまとっていた。なぜかベラだけをにらみつけ、避けようとするエドワード。そこには、彼にしかわからない秘密が隠されていた。土地に伝わる“冷人族”の伝説、狼を守り神とするインディアンの掟…。禁断の恋におちたベラとエドワードの切なく甘い運命が動きはじめる。全米500万部の究極のヴァンパイア・ロマンス「トワイライト」、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 332ページ
  • 出版社: ヴィレッジブックス (2008/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863320132
  • ISBN-13: 978-4863320130
  • 発売日: 2008/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,820位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
過去に本と映画を両方読んだり見たりしたものについてはほぼすべてと言っていいほど本の方が楽しめたが、トワイライトシリーズは例外だった。はっきり言って映画の方がおもしろい。たぶん日本語訳の問題もあると思うが、本の方ではベラのエドワードへの恋心の表現が安っぽくて興ざめだった。
映画の方が二人の複雑な心境をよく表せていたと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
アメリカでティーンズ向けに出版された小説ですが、世界規模であらゆる年齢の女性の間で大ヒットし、ヴァンパイア好きでなくても普通に読めると思います。
特にアメリカのTVドラマでよくあるヒロインとヒーローの描き方にイライラしていた人には、お勧めです。思いっきり自分を甘やかしてくれるヒーローに浸って下さい。

そして翻訳本ですが、はっきり言ってかなり原作と違和感があります。特に主人公ベラのキャラは翻訳本では理解しがたい。

具体的に言うと、英語ではベラは30代女性のような話し方。決して翻訳本のようなギャル語はしゃべりません。翻訳本はこの「トワイライト」しか読んでいませんが、この口調が最終章の「Breaking Dawn」まで続くとしたら、ますます不思議ちゃんな感じが。
そしてエドワードは、昔風の話し方もするし、丁寧な言葉使いながら、もっと若い感じ。他のロマンス本のヒーロー達と比べてみると、子供っぽさがチラホラ。やっぱりなんだかんだ言っても17歳なんだな、と。

作品としてはすばらしいので、映画化された「トワイライト」を字幕で先に観てから、細かいところを理解するために翻訳本を読む、のがお勧めかな。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
もう、本当に残念です。 せっかくのストーリーが翻訳のせいで台無しです。 なぜ翻訳者さんは、ベラの語りをあんなチープな女子高生言葉に変えてしまったんでしょうか・・・。 私はアメリカでの大ブレイクの時に原書を買って読んだのですが、ベラはティーンなのに、エキセントリックなお母さんを逆に支えるような『大人な』女の子・・・という設定のはずで、それゆえに英語での彼女の喋り方や語り方もシッカリした標準語を喋る子・・という感じです。 それなのに、なんでこの日本語版はいかにも女子高生♪って感じの語り口調なんでしょうか・・・? 

友達にお勧めとしてプレゼントするつもりで買ったのですが、読み始めたところからその友人も「なんかこの口調のノリについていけない・・・」と言っていました。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
原書を読んでから、日本語版を読み始めてまだ10ページ目くらいですが、とにかく翻訳が残念な感じですねぇ。アメリカの普通の女子高生からは滅多に聞けない「my mother」という知的な言い方が「あたしのママ」と訳され(作者があえてmy momと書かなかったのだから、「私の母が」と訳して欲しかった)、文体がいかにも女子高生っぽい軽〜い感じに仕上がっていることに、とても違和感があります。さらに、原書にある文章が抜けている箇所があるかと思えば、逆に原書にはない文章が加えられていたり、ある段落から削除された文章が別の段落に唐突に挿入されていたりと、かなりめちゃくちゃです。訳しづらかったのか、ものすごい意訳になっている部分も結構あります。最初の10ページを読んだだけでもこれだけめちゃくちゃなのですから、全体ではどんなことになっているんでしょうね?

作品自体はとても面白いので、本当なら星を5つつけたいところでしたが、翻訳のせいで星3つにしました。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
だいたい映画より原作の方が面白いので期待して読んだんですが、イメージが違ってちょっと、て感じでした

そういう理由でエドワードは二ヤっとしてたんだ、とか映画ではよくわからなかった場面には、なる程と思いましたし
映画でカットされていた場面が楽しめてとても面白かったです

エドワードは映画の方がよりクールな感じだけど、原作、映画どちらでもキュンとする素敵なキャラクター
こちらは自分としては問題なし

しかしベラは明らかに映画の方がいい
ベラ視点で語られているので、お前の気持ちはもういいよ!と思ってしまう
映画の様に一歩下がって、両者の気持ちがわからない方が良い
ジェイコブに伝説を聞き出そうとベラはそんなことを考えてたのか、とショックを受けました
マイクに対しても同じく
他の方も書かれていますが、携帯小説みたいな感じです

エドワードの素敵さがなんとか勝って最後まで読みました
文章は置いておいて、話の内容は面白いしエドワードは素敵で、続きを読みたくなるんですが、またベラの話を聞かないといけないのかと思うと億劫になってしまいます
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー