ポイント: 358pt  (20%)  詳細はこちら
無料配送: 8月5日 木曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
4 時間 15 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 8月5日 - 7日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 カウゾー
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: [A]★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/7

5つ星のうち4.1 284個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,400 ¥41

よく一緒に購入されている商品

  • トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ
  • +
  • トロント最高の医師が教える世界最有効の糖尿病対策
  • +
  • トロント最高の医師が教える 世界最強のファスティング
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

著者について

ジェイソン・ファン(Jason Fung)
1973年生まれ。医学博士。
カナダのトロントで育ち、トロント大学医学部を卒業。同大学の研修医を経たのち、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて腎臓専門医の研修を修了。
2型糖尿病と肥満に特化した独自の治療を行う「インテンシブ・ダイエタリー・マネジメント・プログラム(集中的な食事管理プログラム)」を開発。クリニックでは、薬物療法ではなく、食生活の改善というシンプルだが効果的な方法に力を入れている。減量と2型糖尿病の治癒を目的として、治療のためのファスティングを臨床現場に取り入れた第一人者。
雑誌『ジャーナル・オブ・インスリン・レジスタンス』の編集長(科学部門)、NPO「パブリック・ヘルス・コラボレーション」の理事長も務めている。このNPOは、エビデンスに基づいた栄養学上の情報を提供する国際的な団体である。
現在はトロントで、妻とふたりの息子とともに暮らしている。

多賀谷 正子(たがや・まさこ)
上智大学文学部英文学科卒業。銀行勤務などを経て、フリーの翻訳者に。訳書に『THE RHETORIC 人生の武器としての伝える技術』(ポプラ社)、『大人の育て方』(共訳、パンローリング)など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ファン,ジェイソン
1973年生まれ。医学博士。カナダのトロントで育ち、トロント大学医学部を卒業。同大学の研修医を経たのち、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて腎臓専門医の研修を修了。2型糖尿病の肥満に特化した独自の治療を行う「インテンシブ・ダイエタリー・マネジメント・プログラム(集中的な食事管理プログラム)」を開発。クリニックでは、薬物療法ではなく、食生活の改善というシンプルだが効果的な方法に力を入れている。減量と2型糖尿病の治癒を目的として、治療のためのファスティングを臨床現場に取り入れた第一人者。また、雑誌『ジャーナル・オブ・インスリン・レジスタンス』の編集長(科学部門)、NPO「パブリック・ヘルス・コラボレーション」の理事長も務めている

多賀谷/正子
上智大学文学部英文学科卒業。銀行勤務などを経て、フリーの翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ サンマーク出版 (2019/1/7)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/1/7
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 463ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4763137026
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4763137029
  • 寸法 ‏ : ‎ 12.8 x 2 x 18.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 284個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
284 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月18日に日本でレビュー済み
1,057人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
482人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
262人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
189人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月8日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 「睡眠時間7時間」は無理無理~
ユーザー名: HMBetaTOR、日付: 2019年2月8日
91.5点/100点

後日追記:一通り目を通しましたが、1番の収穫は「食べる回数を減らす」ことですかね。少食は太らないのはもちろん、健康にもいいみたいですね。この本の影響ではないですけど、最近1日1食(他にホエイプロテイン他サプリメント十数種類を起床後と午後の2回補給)を始めました。ちなみにお昼12時~15時くらいの間に1回だけ食事を摂っています。1年ほど前までは「さすがに1日1食はやりすぎでしょ、逆に身体に悪いでしょお」とか試してもいないのに勝手に思っていましたが、意外と平気なもんなんですね。身体も少食に慣れるようです(逆も然り)。約24時間おきに1回食事をするわけですが、食後24時間(以上)経っても思ったよりもお腹が空かない。24時間とか固形物を食べないでいると2日に1回くらいお腹が「グゥ~」と鳴ります。1日2回以上食べていた時は滅多になかったことです。体調自体は1日2食(+サプリ2回)の時と比べてそこまでのメリットや違いは感じないが、体調が悪い、疲れやすい、気力がわかないなどのデメリットは感じない。もちろん眠くもならないです(夜は普通に眠くなる)。ただ1食減らしても睡眠時間はやはり減らすことができない。7時間は無理だ。8時間寝させて(笑)あとは食べる回数が少ないと1日複数回食べるよりも代謝が落ちると思っていたのですが、関係ないようですね。これで心置きなく1日1食が続けられそうです。1日1食に慣れてきたら今度はたまにでも24時間以上のファスティング(断食)も試してみようかと思っています。*成長期の子供(未成年)や妊婦さん、食が細くなりがちなお年寄りは普通にしっかり1日3食とか食べた方がよいかと思います。また栄養のないものばかりを食べている(栄養のあるものをあまり食べていない)方も栄養失調が怖いので1日1食は止めておいた方がいいです。

単純にこういう本は読んでて面白いしいくつか学べることもあったので☆6つレベル。
すでに知ってることも多々ありましたが。
ページ数も450近くあり、内容も充実しているので何か1つくらいは学べるのではないでしょうか?

まず、太らない睡眠時間は7時間とありますが、まず実行不可能だし(笑)
私は毎日7時間45分~9時間くらいは寝ないと無理。
ちなみに毎日運動する30代半ばの超健康男子です。
7時間が1番太らないのかもしれないが、
そんな生活してたら1日中眠いし仕事の生産性も落ちる。
睡眠時間は年齢などかなり個人差あるのであまり気にしなくていいと思います。
6時間~10時間くらいで自分の好きな時間だけ寝ればいいと思います。

あとはパンとか麺類などの小麦粉製品の摂りすぎはよくないのは
ここ数年に発売された他の本にもよく書かれていますね。
私は一切食べないですが。

肉類についても納得できました。
乳製品は賛否両論ありますが、この本では肯定的に書かれていますね。
ただ他の本(複数)には乳製品は何かの病気(ガンだったかな)の発症率が上がるとか
とにかくあまりよくないようなので私はすでにすべて止めています。
牛乳が原料のホエイプロテインはまだ一応摂取していますが。

ホエイプロテインやプロテインバーについても書かれています。
私は毎日プロテインパウダーは当たり前のように摂っているので色々参考になりました。
プロテインバーは少し前(この本を読む前)にほとんど処分しました。今年中には完全に止めます。

そういえば、卵については特に書かれていなかったな。すべてのページに目を通したわけではないので見逃しているかもしれないが。個人的には、今年中には卵の摂取を完全に止めようと思っているので卵について書かれていると嬉しかったのだが。別に卵が身体に悪いと言いたいわけじゃないですからね。「別に要らない」と思ってるだけです。

あとは運動について。
走っても走っても痩せないとかあるけど、
やった分だけカロリーは消費されるから食いすぎなければ痩せる可能性の方が高い。
運動すると食欲が増すかは個人差あるでしょ。激しい運動なんかは逆に食欲なくなると思うよ。
私はどちらかというと有酸素でも無酸素でもハードな運動でも軽い運動でも運動後は余り食欲はないですけどね。
実際、私は数年前までほぼ毎日平均10km~15km走って全身の筋トレもしてたけど、
やはり痩せるというか1年通して体脂肪率一桁(7、8%)で
平均体重よりも3kgほど軽かったですし。(171cm、61kg)
この時は今程にはまだ本格的に食事管理をしていなかったが、運動の効果は十分実感できた。
今思えばやりすぎだったと少し後悔しているが。(疲れるし時間がもったいない)

今は走る距離はかなり減らしているので平均体重マイナス2kg(62kg)くらいですが体脂肪率はず~っと一桁です。
ちなみに最近は運動量は減らしていますがその分、食事管理を超徹底しているので太りはしません。
他に最近はスタンディングデスクで仕事をしたり室内でちょこちょこ運動したりと太らない工夫はしてますけどね。
今では1日1時間座るかどうかです。食事や運動と一緒で慣れればこっちのもんよ。
1時間座ると寿命が22分縮まるらしいですよ。88へぇ。あ~怖い怖い(笑)

私は子供の頃から運動が大好きなので「運動なしの人生」は考えられませんが、
運動が死ぬほど嫌いなら別に無理してまでやらなくてもいいと思います。
嫌々ならどうせ長続きしないだろうし。
運動も食事管理も止めたら元に戻るのは当然。
「死ぬまでやるのが当たり前」くらいな考えでちょうどいい。
運動すると痩せる(太りにくくなる)、体力が付く、若返る、美肌になる、免疫力がアップする、
ストレス発散、健康になる以外にも脳が活性化します。
運動+食事管理を習慣化すると仕事(人生)の生産性も上がります。
他の本に書かれてありましたが、動かないとカラダが劣化するだけでなくバカになりますよ。マジで。

たしかに減量とかダイエットという意味では運動は食事管理ほどの効果は望めないかもしれませんが、筋肉が付いて基礎代謝量がアップして太りにくく痩せやすいカラダになりますし、やはり健康の面においても適度に運動はした方がいいですよ。やるかやらないんだったら運動はやった方がいいです。できれば有酸素運動(ジョグ、バイクなど)+無酸素運動(筋トレ、短距離ダッシュなど)で。ただ運動強度の低いウォーキングを毎日30分とかでは大した変化は期待できないと思いますが。それでも例えば3km歩くだけでも150kcal(体重50kgの場合)消費できるのでバカにはできません。「運動は魔法の薬」なので痩せるためとかよりも年をとっても健康的な生活を送り続けるために適度にやった方がいいのは言うまでもない。

食べるタイミング、時間は太らないカラダ作りにはまあ結構重要でしょうね。太りたくないなら寝る3時間前からとかは固形物は食べない方がいいと思います。どうしても何かを口に入れたいのであれば水分(カフェイン入りのコーヒーや緑茶は除く)やホエイプロテイン、消化の良いバナナなどで腹を満たすのもよいかと思います。

他に「食べる回数をとにかく減らす」と書かれているが、1日何食がいいのか具体的に知りたかった。とにかく減らすということは、やはり「1日1食」とかがベストなのだろうか?1日1食は最近非常に興味があり、長寿や健康にいいのかかなり気になっているので。芸能人でも実践している方がちらほらいますしね。個人的にはよく動いたり運動する人は1日2食以上は摂った方がいいのではと思っているのですが。ちなみに私は現在1日2~3食です。中途半端~

あとはこれも書いてあるのか分からんけど、「食べる順番」も意識した方がいいですよ。もう定番かな?私ももうたしか5、6年前から食べる順番を意識して食事をしています。野菜や肉・魚などから先に食べて最後に炭水化物からの味噌汁(汁物)ってな感じで。汁物は満腹感得られるのでおすすめ。ラーメンのスープとかは論外中の論外よ。食べる順番も食後の血糖値の上昇をある程度抑制できるから、多少~~~は太らないカラダに影響してくるだろうね。

私は別にダイエットのプロとかではないですけど、最強の健康法、太らない方法を挙げるとしたら、
「食事回数を減らし食べ物の質を超徹底して、有酸素運動と無酸素運動を適度にやる」ですね。
実際私が現在行っている方法です。
これが継続できれば「超健康スーパーボディ」を維持できます。
この4つのどれか1つだけ継続するだけでもかなりの効果を期待できるはず。
破壊力がずば抜けて高いのはやはり食事管理の方。

運動はできるだけ1日20分くらいはやった方がいいですが、
ほとんど運動しなくても食事管理を超徹底するだけでも標準体重くらいはキープできるかと思います。
「食事管理の超徹底」とは例えば米、パン、麺類、揚げ物、お菓子全般、アイス、スイーツ、インスタント麺、コンビニ弁当、ジュース、酒、加工食品などを極力減らしたり、量を食べ過ぎないとかですね。ちなみに私はこれらの食べ物は一切食べていません。玄米や蕎麦も食べません。他に牛乳やヨーグルトなどの乳製品や豆腐や無調整豆乳などの発酵されていない大豆製品もすでに止めましたが。主食は主にさつまいも、里芋、ブロッコリーたまにバナナとかです。野菜最強ーーー!!!

特に「食」に関しては人生を左右するといっても過言ではないので、
なるべく早い内に改善しておいた方がいいですよ。

「食」は変えられます。非常~~~~~~~~~~~~~~~に難しいけど。
味覚は簡単には変わらないだろうけど、好き嫌い(普段食べるもの)はコツをつかめば変えられる(止めれる)。

ずばり、頭の中を変えちゃえばいいだけ。

まあそれができれば苦労しないよね。。。
今では私は何でも簡単に止めることができます。
「身体に悪いもの」や「別に摂る必要のないもの」に限りますが。
野菜や魚は止めないぜえ~。

「食の断捨離」最高♪

by超サイヤ健康人
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
165人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告