通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
トロイメライ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古書につきカバー背ヤケなどあり。通読に問題ございません。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トロイメライ コミック – 2007/7

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 67

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トロイメライ
  • +
  • 東京命日
  • +
  • ダニー・ボーイ
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

コミック: 250ページ 出版社: 青林工藝舎 (2007/07) ISBN-10: 4883792463 ISBN-13: 978-4883792467 発売日: 2007/07 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2 cm


登録情報

  • コミック: 250ページ
  • 出版社: 青林工藝舎 (2007/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883792463
  • ISBN-13: 978-4883792467
  • 発売日: 2007/07
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
独自のマンガ世界を確立している島田虎之介の最新長編です。

シマトラの真骨頂たる大ボラ吹きは本作でも絶好調です。
アフリカの大木から作られた百年前のピアノをめぐる突拍子もない物語が、
流れるようなリズムで展開していきます。

突拍子もない、と書きましたが、嘘とも史実ともつかないエピソードを織り交ぜるシマトラ得意の
手法によって何の抵抗もなく物語の世界に没入させられてしまうのは前二作と同様です。
2002年日韓ワールドカップをからませるところなど、史実の選び方も絶妙です。

ピアノ調律師(『東京命日』のなっちゃん)やイラン人の大工、カメルーン人呪術師など、
多彩な登場人物も魅力的ですし、以外なところにおなじみのキャラが「カメオ出演」しているところも
ファンにはたまりません(手塚治虫的手法?)。

映画的なコマ割りは円熟味を増して、前二作よりもシンプルな物語構成となっているので、シマトラ入門編
としてもうってつけだと思いました。

なだれこむような結末とその後の余韻の美しさは、思い返すだけで胸が熱くなります。

2007年暫定ベストワンを宣言してもおおげさではない作品でしょう。

次の作品が出るまでまた二年待たされるかと思うと悲しくなります。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SI 投稿日 2007/7/31
形式: コミック
第1話を読んだ限りでは、ストーリーは全くもって分からない。
が、断片的に話が進んでいき、最終話で全てが解決したとき、読み返すと1ページたりとも違和感のない流れに驚いた。

島田寅之介さんの作品の中でも、分かりやすく、これは傑作と呼んでいいと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ヴァルファールトという1台のピアノと、そのピアノに関わる人々の数奇な運命。
それら各々のエピソードが、絡まりあって展開しながら、100年の年月と、世界を股にかけるスケールでもって語られてゆく。
物語が最後に辿りつくのは、あのシンプルで優しいメロディの最初の一音。
絵は無骨だし、語り口は訥々としていて饒舌なところなど皆無だが、その分、表現が研ぎ澄まされているので、読んでいてイマジネーションを大いに喚起される。
とても素敵な映画を観た気分になれる作品。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
はっきり言ってしまえば内容なんてない(筋があるわけではなし、ドラマがあるわけでもなし、一台のピアノにまつわるエピソードをいくつか作って寄せ集め、こういうことがありましたって見せているだけですから)。
扱っているスケールに感心するぐらいでしょう。

ただ、そのスケールをみせる意義は確実にある。
ワタシのいない時と場所の存在を島田虎之介作品は教えてくれる。
ある出来事を切り取るだけである通常の物語からは得ることの出来ない感覚。

宇宙は全てを受け入れているんだな〜。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック