通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トレーダーの発想術 マーケットで勝ち残るための70... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 エコロジ屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 代引き・コンビニ・ATM・Edy等全ての決済に対応。こちらの商品はAmazon配送センターより迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

トレーダーの発想術 マーケットで勝ち残るための70の箴言 単行本 – 2014/4/18

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 732
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トレーダーの発想術 マーケットで勝ち残るための70の箴言
  • +
  • 改訂版 基礎から学ぶデイトレード
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

伝説の名著、待望の復刊!
シカゴの商品先物相場で活躍した伝説的トレーダーが記した、投資家のための金言集。マーケットに対峙する姿勢、金で金を儲けることの意味、自分を律することの重要性など、投資家として成功するために必要な70のエッセイを収録。
人生を勝ち残るための箴言としても、心に響く言葉が満載。

(本書は、1997年に東洋経済新報社から刊行された『相場のこころ マーケットの見方・考え方』の新装版です。章タイトルの付加、項目の順序の入れ替えなど、一部再編集をおこないました。)

内容(「BOOK」データベースより)

それは「事実」か「願望」か。伝説の名著、待望の復刊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822250113
  • ISBN-13: 978-4822250119
  • 発売日: 2014/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 13 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 613,059位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/7/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
 著者は米国の大豆三品(大豆、豆かす、豆油)のトレーダーなんですが《全員が強気のときには、新たな買い手はいないと心得よ》というあたりは、株式も含めた市場取引すべてにあてはまると思います。

 「相場で金を失うほとんどのトレーダーは、主として自らが何をしたいのかがわかっていない」
 「好調なときでも過剰に取引すれば、最後には自らの腕ではなく自己の願望に縋るようになる」

 など著者が言いたいことは、自ら欲すること、何を得たいのかを明確にせず、自らを欺いて、助けとなる情報サービス会社やブローカーに出遭うことを期待する人がなんと多いことか、ということ。しかし、成功するためには自ら知的向上を図らなければならない、ということだと思います。そして「金で金を儲けることは難しい」ということなんでしょう。《完璧に予測できるということなど認めまい》《よいトレーダーは、自分の意見に固執しすぎることはない。完全に確信しているのは愚かであり、盲信するのは間抜けである》《自信過剰は、成功に必要な謙虚さを失わさせる》というあたりはしびれます。アマチュアはデータの本質的な欠点を知らず、それを嗅ぎ分けられるのがプロなんてあたりも。

 なかなか出来ませんが「最初の損が最も小さい」というのも本当だな、と…。これも難しいのですが「最も成功するトレーダ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ごく普通だった…突飛なことは何も書かれていない。でも、それだけ昔から言われてることには普遍性があり自分が軽視していると思う中でも、ハッとさせられる言葉があった。個人的な教訓は「事実を希望で上書きするな!」だった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告