中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トルコで私も考えた (1) (ヤングユーコミックスワイド版) コミックス – 1996/12

5つ星のうち 4.5 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

太った女がモテる! ハゲた男が多い! 激甘なお菓子が大好き! 街、人、食事、習慣…。トルコの男性と結婚し、出産した作者が描く生活ルポ。ガイドブックじゃわからない魅力あるトルコの素顔が見えてくる。


登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 集英社 (1996/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088642732
  • ISBN-13: 978-4088642734
  • 発売日: 1996/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
思えば1巻は12年も前の話。

最初作者は「トルコに遊びに来た旅行者」でした。

だから、最初の話はあくまでもトラベラーとしての体験記(もちろん面白いですが)

ところが、気がつけば旦那様はトルコ出身。途端に視点が「生活者」としての

トルコ(主にイスタンブル)に変わって、さらに筆は冴えてきます。

20年ほど前に「りぼん」で読んでいたときには、綺麗な絵を描く人だけど、

特に印象に残っていなかったのが正直なところだったのに、

作者はエッセイリストとして才能があるようで、何気ない日常のはずなのに、

うまくネタを拾ってきて、おいしいトルコ料理に仕上げてくれます。

きっと「ダーリンは外国人」を思い浮かべる方も多いと思うのですが、

あちらはあくまでも西洋人と日本人とのギャップを中心に描いているのに対して、

こちらは「トルコを愛する自分と家族」を基点にして、周囲の人々も含めて

描いており(世俗的イスラム教徒の生活もよく分かります)、非常に

対比的だと思っています。

きっとその差は、「自分と旦那」の世
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「なみだの陸上部」(古い…)の作者が送るトルコ旅行記→からトルコ滞在記。

ツーリストだった彼女がいつの間にやら、トルコの夫を持つはめに?

と、そのくだりが省略されているのがちと残念です…どうして国際結婚する事になったのか、

知りたかったし、謎でした。

(だって最初はシングルの旅行客だったのに、突然「夫」が出てくるんだもん…!)

しかしこんなに一冊読むのに時間がかかる漫画もめずらしいかも。

新しい情報ばかりだからでしょうかね?一日一冊が限度でした。情報量多い。

そして超太りそうな料理ばかりだ…(おいしそうだが)

そして実際皆太っているそうだし…

トルコの事情全くと言って良い程知らないので面白く読めました☆
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私も以前イスタンブールを旅行して、トルコの魅力にハマった1人なので、
最初にこの本を見たときは「!?」・・・言葉にならないくらい嬉しかったのを覚えています。
この巻では、作者がツーリストとしてトルコを訪れた時の話から、トルコで
実際に生活していく中での話が描かれています。
ちょっとおせっかいな部分もあるけど、それは人情味の裏返しで、そしてアバウトなところ
もあるトルコの人々。きっとトルコのお菓子があまーいのも、細かいことを
気にしない、ただ「甘いほうがおいしいじゃない?」というシンプルな理論(?)から
きているのかもしれないと思いました。
そして作者が、2ヶ月ほどヨーロッパを旅してイスタンブールに戻ったときに、
ここはこんなに美しくて優しい街だったのかと驚いたことがある、と記すくだりが
あるのですが、この一文にいろいろな思いが凝縮されているように思いました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/28
形式: コミック
この本に出会ったのはちょうどトルコ旅行から帰ったばかりのころ。『あーっ、行く前に読みたかった-』と、とっても悔やまれました。さすがに著者の実体験がもとになっているので細かい所まで行き届いていてて、とてもおもしろい。ガイドブックではないけどトルコ旅行のHow To本みたいな感じ。これを読んでから行くと2倍楽しめますよ。この本のおかげでしばらく『トルコ』にはまってました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この本はトルコという国やトルコ人のことについてとても分かりやすく書かれていて楽しみながら理解できる本です。読むにつれてトルコにはまってしまうひとが沢山いると思います。それほど素晴らしいということです。私がこの本を読んだのはトルコから帰ってきてでしたが、行く前に読んでいたらまた違った楽しさもあったかもしれません。
ちなみに、私の彼もトルコ人ですが、本を読んでいて沢山共感するところがあります。
トルコは親日的、歴史的遺産も沢山あり、料理は美味しいなどなど素晴らしい国です。この本を読んで沢山の人にトルコに行ってほしいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー