中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トリニティ~永遠のマリアージュ~ (プラチナ文庫) 文庫 – 2009/6/10

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天涯孤独の慧の許に突然現れた双子の幼馴染み、アンブローズとアリエス。彼らは慧の奪われた財産を取り戻してくれた。その上でそれぞれに求婚された。嬉しくも狼狽える慧。彼らの愛情は真実なのだろうか。愛に貪欲すぎて、慧はどちらの手も取れない。だが兄の存在に焦ったアンブローズが、手荒く押し倒してきた。無垢な躰に劣情を刻まれながらも、狂おしい眼差しに歓喜し、慧は身悶える。なのに。アリエスを思っても、躰は切なく疼くのだ…。三人の交錯する想いの行く末は…。


登録情報

  • 文庫: 240ページ
  • 出版社: プランタン出版 (2009/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829624337
  • ISBN-13: 978-4829624333
  • 発売日: 2009/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 759,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
主人公の彗は、両親をなくし、家も財産も叔父にとられ、16歳で貧乏で孤独な生活をしていた所、幼い頃仲が良かった双子が12年ぶりに現れ、彗を哀れみ、いろいろと世話をしようとします。あらすじのイメージでは、主人公の取り合いのイメージが湧いてきましたが、そんなシーンはありません。三角関係というより、みんなで愛しあうって感じです。
Hシーンは2回で、片割れと1対1、そして3Pシーンです。でも、3Pといっても、片割れが攻めて、片割れは眺めてるって感じなので、バリバリ3Pが見たいって人はあまりおすすめできないです。そして、最初から感じすぎる主人公にはちょっとドン引きでした。「きゃあああ」とか「ああああん」とか、ちょっと絶叫気味の喘ぎは私は受け付けなかったです。
読んだ感想は、最初から3人ではなく、片割れが最初近づいてきて、後から、また片割れが主人公に近づく感じなので、双子+主人公のシーンは、最後以外ないので、奪い合うこともないし、3人とも愛し合ってる感じなので、三角関係というのもないです。でも、このような結末は私は好きだし、イラストもいいので、ストーリーは星2つと言いたい所だけど星3つです。お金持ちの王子に大事にされる主人公ものが好きな方はおすすめできると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現代版シンデレラ(王子は二人)のお話です。

幼い頃に両親を亡くし、後見人の叔父家族には虐げられ、可哀相な境遇の主人公。
しかし、この話の主人公が童話のシンデレラと違うのは、きちんと働きつつ、大学進学まで考えているところです。
ネズミと一緒に歌ってたりなんていう、ファンタジーはありません。

そんなところに、双子の王子様が現れます。
世界長者番付に載るほどの財力を、自分達の努力で手に入れた双子達。
弟、兄、それぞれに求愛されながらも、幼少期に親(の愛情)が突然、自分の掌からこぼれ落ちていった経験のある主人公は、愛情という目に見えない不確かなものに身を投じることが出来ません。

そうこうしているうちに、双子弟に押し倒されたりと、…その後は雪崩のように話が展開します。

話の終わり方は、双子取り合い系の、一つのパターンとも思いますが、私としてはあの最後でも、もう少し双子に主人公を取り合っていて欲しかったです。

何と言うか、僕達には肉体関係は無いんだ…、の件にやや引きました。
主人公に対する愛情と兄弟に対する愛情が、ほぼ同等というのは話の流れから考えると無理がある気がします。
もしそうなら、せめて双子達、日本にいる間は同じホテル
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドロドロ奪い合う3Pをお望みの方には、物足りないと思います。が、ケイが愛されているのはよく分かるし、かわいそうな境遇から助け出されていくのは、胸がスッとするし。
ちょっと悲鳴が女の子みたいでσ(^_^;)だったけど、初心すぎるということで。
濃ゆいBLに胸やけ気味の方、オススメですよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告