通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トリガーポイント療法でツライ痛みが解消するーーーー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

トリガーポイント療法でツライ痛みが解消するーーーーその腰・肩・ひざの痛み治療はまちがっている! (廣済堂健康人新書) 新書 – 2015/12/28

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2015/12/28
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 295

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トリガーポイント療法でツライ痛みが解消するーーーーその腰・肩・ひざの痛み治療はまちがっている! (廣済堂健康人新書)
  • +
  • トリガーポイントブロックで腰痛は治る!
  • +
  • すぐわかる! すぐ使える!  トリガーポイント療法 関係する筋肉を理解すれば改善できる
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

トリガーポイント療法について、自分でもできるよう詳しく書かれています!
腰痛、首痛、ひざ痛・・・・・・。身近なこの症状ですが、病院で治療や手術をしてもなかなか痛みがとれません。それは現在の整形外科医の治療の常識がまちがっているからです。本当の痛みの原因は、脳のストレスとトリガーポイント。
トリガーポイントとは、筋肉などにできた「コリ」で、触ると痛かったり、コリッとした感触があったりします。
トリガーポイントは体のコリのある人には大なり小なりあるといわれています。
これを発見、治療するための最新の知識と自宅でのケアをご紹介します。

第1章 その痛みは“慢性痛"という病気である!―「神経の圧迫で痛い」はウツ(「痛み難民」が増えている!
「神経の圧迫で痛い」。今まかりとおっている説明はウソである ほか)
第2章 慢性の痛みの正体―じつは、脳の誤作動である(痛みとは脳への電気信号
神経が痛むという説はあり得ない ほか)
第3章 正しい慢性痛治療はこう行う!(―痛みの真犯人は「トリガーポイント」慢性痛の元、「筋痛症」は、どうして起きる?
痛みの真犯人は「トリガーポイント」 ほか)
第4章 自分でかんたんにできる慢性痛ケア―マッサージやストレス解消で痛みを治す(「痛み」にとらわれない工夫とオススメの本
姿勢からくる筋肉ストレスも、痛みを発生させる ほか)
第5章 ここが知りたい!痛みと治療に関するQ&A―痛み範囲が広がってくるのはナゼ?(痛みが慢性化するにつれ、痛む範囲も広がってきてつらいです。どうしてですか?
手術をしても痛みがとれません。なぜですか? ほか)

出版社からのコメント

トリガーポイント療法について、自分でもお家でできるように書かれています。
まず、なかなか治らない痛みには、脳の誤認も関係しています。そこで、痛みの仕組みを脳で理解することも大切です。なので、読むだけで痛みが緩和される方もいらっしゃるかもしれません!
また、トリガーポイントができやすい場所もイラストで掲載し、自分でできるマッサージ法もあり。
自分でマッサージするのが手間という方は、この本を読んで理解を深めて、専門家のところを訪ねてもよいかもしれません。
最近は、トリガーポイント療法を行っているところも大変増えています。
トリガーポイントへの理解の入門書としても最適です。
この本で、痛みやコリとおさらばしましょう!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 179ページ
  • 出版社: 廣済堂出版 (2015/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4331519880
  • ISBN-13: 978-4331519882
  • 発売日: 2015/12/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,381位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

痛みの原因は構造異常ではなく、筋肉のけいれんによる筋痛症であるという説明が分かりやすく説明されていた。

ケガの治療と痛みの治療は別もので、とにかく痛みを長引かせずに対処し、組織の損傷についてはゆっくり考えていく。痛みを素早くとることで、痛みが慢性化するのを防ぐ。痛みに苦しむ患者さんにとってはなによりも大切なことだと思う。

著者の「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」を読んでおり、それ以降に何か新しい情報があるのかなと期待して読んだが、特に新しい話はでてこなかったのは残念だった。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」は医療従事者向け、本書は一般の方に向けた内容だと思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 少佐 VINE メンバー 投稿日 2016/3/31
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
まずこの本はハウツーではありません。手っ取り早く、自分で痛みを消す療法を知りたい方には不向きです。基本は医学書として、痛みとはなんなのか? 従来医師が取ってきた対策や治療はなぜ間違っているのか? などが解説されます。正直、専門用語が多くて理解が難しいところもありました。

読む前、トリガーポイント療法は鍼灸に近いものかなとの印象を持ちました。当たらずとも遠からずみたいで、それを認めるような記述も101ページにあります。

著者が例にあげている、「脊柱管狭窄などは加齢によるもので手術以外に治療方法はない」と説明され医師から必ず手術を勧められる、というのは私の身近でも確かに非常に多く耳にします。手術を行っても必ずしも改善するとは限らないようです。「骨や関節に異常がなくとも痛みは生じることがある」事を認めていないからだと著者は断じています。

私にはどちらが正しいのかはよくわかりません。でも、医は仁術なのに、いくら患者が痛みで苦しんでいても「検査の結果悪いところはないので、こちらは手の施しようがありません」と済ませてしまうお医者さんの対応には私も遭ったことがあります。こうした風潮を否定する著者の意見には大きく賛同するものです。

ただし、この本はトンデモ本ではないと思うが、後ろの版元の広告ページに、マーガリン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
でも、このようなライトな書籍で慢性痛や繊維筋痛症をトリガーポイント療法に無理に絡める必要があったのかが少々疑問です。
この本の著者が参考文献にしていた痛みの専門家である熊澤先生の本でもこの本の内容とはイマイチ合致しない部分もあるように思います。

単にトリガーポイントの説明と作用の機序、トリガーポイントの図解とアプローチ法だけでも良かった気がします。
否定的なことも書きましたが、この本の第4章だけでも一般家庭でそれなりに役立つと思いますよ。
ただ、これだけでトリガーポイントを知った気になって家庭で実践するには全然足りない。
まして施術のプロが参考にするような本でもないでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
3年ほど前、椎間板ヘルニアになり、医者からはもっとひどくなれば手術だと言われた。手術は絶対いやだったので、いろいろと本を読み、ストレッチを中心にして直し、フルマラソンも完走した。
その経験からも、著者の説明には納得できるものがある。しかし、自分でできるマッサージも触れられているのだが、ほんの少しで、どちらかというと「トリガーポイントへの麻酔療法」の宣伝のようで、結局、ひどい人は著者(やトリガーポイント麻酔療法をしている医者)の病院へ行け、ということになってしまっているのが残念である。
もっと、自分でできるマッサージを詳しく取り上げてほしかった。その点が残念である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
「姿勢からくる筋肉ストレスも、痛みを発生させる」(128頁)。正にこの症状かと思うので、131~156頁に記載のトリガーポイントマッサージを始めたところです。自分の躰のさまざまな痛みについて理解が深まる一書ですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 3月のマキャベリ大将 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/3/2
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
痛みの真犯人はトリガーポイントであり、
日本の整形外科医療には大きな欠点がある、
とのことだ

まずは痛みの原因として筋肉痛を疑う。
そして脳の誤作動、ストレスが慢性通を悪循環させているそうだ。

これは、近年医者に言われて自分もようやく気づいた症状です。

さて、「慢性痛とは何か?」
明らかな異常が見られないにもかかわらず、痛みがなくならない状態を指す。

自分の場合は、環境の変化や仕事のストレス(緊張やプレッシャー)で、
肩や腕、肺やインブ、咳が止まらない、突然の鼻づまり、
肛門から出血(これは筋肉痛というよりストレスの悪化ですかね)、
などの色々な症状が、出ては消えて出ては消えての繰り返しで、

「もうダメだ・・・。病気?入院?手術?さよなら家族(泣)」
などと絶望しながら、意を決して検査に行くと
「はい、なんの問題もありません!」と言われて拍子抜けして安堵。
ビールで無事を乾杯!などということがしばしばありました。
(大袈裟に聴こえるかもしれませんが症状が続いていると、
「病院?行きたくない!病気って言われたらイヤだイヤだ」
などと本当に絶望感にさ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー