¥33,000
ポイント: 330pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

トランプ新政権と激動のAI動向 2017 [DVD... がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

トランプ新政権と激動のAI動向 2017 [DVD]


仕様
価格
新品 中古品
DVD, 色 2枚組
¥33,000
¥33,000
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで¥2500OFF。 2 件
  • まとめ買いで¥2500OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • まとめ買いで¥4000OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

CD・DVD スタンプカード

キャンペーンおよび追加情報

  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 梱包サイズ : 25 x 2.2 x 18 cm
  • EAN : 4562378551370
  • メディア形式 :
  • 時間 : 2 時間 30 分
  • 発売日 : 2017/1/13
  • 出演 : 宮本 和明
  • 販売元 : 新社会システム総合研究所
  • ASIN : B06VWTTQVG
  • ディスク枚数 : 2

商品の説明

Trump次期大統領は製造業を米国に呼び戻すと宣言し、同時に、米国でイノベーションを生み続けることを目標に掲げた。強いアメリカを掲げるTrump氏はAI開発やAI企業とどう向き合うのか、激変が予想される2017年を眺望する。
米国政府はAI研究開発の基本戦略を発表した。米国政府は長期レンジのAI開発に取り組むべきとし、人間のように柔軟で汎用的な機能を持つArtificial General Intelligence(AGI)に注目している。米国政府が描くAI開発ロードマップを考察する。
Trump新政権の四年間はAIやロボット技術が劇的に向上し、大量失業時代に突入することが懸念される。AIが自律的に稼働するにつれ、倫理、法令、社会の側面からAIに起因する問題が顕著となる。新政権はこれらの問題をどう解決するのか、そのヒントを探る。
Googleは検索サービスやAndroid事業から、家族で楽しめる優しい製品開発に比重を移している。利用者との接点はスマホだけでなく、家電やウエアラブルなど多岐にわたるが、そのインターフェイスをAIが司る。AIスマホ「Google Pixel」のライブデモを交え、GoogleのAI戦略を考察し、IT企業の役割を解析する。
いつの時代もイノベーションはベンチャー企業から生まれる。いまAIベンチャーから次世代のDeep Learning技術やニューロサイエンスモデルが登場している。ここにはAIで事業を興すヒントがたくさんある。2017年のAI技術トレンドと事業モデルを探る。

1.米国政府のAI開発戦略 ~他国を一気に引き離す
(1)米国政府のAI研究開発基本戦略
(2)Artificial General Intelligenceへの挑戦

2.AIが社会問題を引き起こす~新政権が背負う課題と対策
(1)AIに起因する問題が顕著となる
(2)大量失業時代に備える、ベーシックインカムの議論

3.GoogleはAI企業に大転身 ~ IT企業の存在価値とは
(1)GoogleのAIスマートフォン「Pixel」 (+ライブデモ)
(2)GoogleのAIスピーカー「Home」 (+レビュー報告)
(3)Googleは自動運転技術会社「Waymo」を設立 (緊急報告)

4.世界に挑戦するAIベンチャー ~ 次世代の事業モデル
(1)AIのブラックボックスを開きそのロジックを解明
(2)Human IntelligenceとArtificial Intelligenceの融合

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません