Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,161

¥ 459の割引 (28%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[副島隆彦]のトランプ大統領とアメリカの真実
Kindle App Ad

トランプ大統領とアメリカの真実 Kindle版

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,161

紙の本の長さ: 288ページ トランプ大統領とアメリカの真実と類似の本

商品の説明

内容紹介

アメリカ政治思想研究の第一人者が断言。次はトランプで決まり! アメリカ大統領選で荒れ狂うポピュリズムの嵐──。草の根の保守的な中間・下層白人の怒りを体現するドナルド・トランプとは何者か? 違法移民、学歴競争、妊娠中絶問題から、イスラム国、戦争参加、日本の核保有、米軍撤退問題まで、リアルで苛烈なアメリカ国内の政治思想対立を解説。アメリカ社会の裏側と世界最先端の動きがよくわかる!今、移民問題が世界が抱える最重要問題となっています。移民問題や経済格差を底流とする米大統領選でのトランプ現象を、アメリカン・デモクラシーの真骨頂であり、保守的中間・下層白人のエスタブリッシュメント(支配層、ワシントン、ウォール街)に対する激しい怒りだと解説します。気迫あふれる「副島節」をご堪能ください。小社既刊「最新改訂版 世界権力者人物図鑑」も合わせてお読みください。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ大統領選で荒れ狂うポピュリズムの嵐―。草の根の保守的な中間・下層白人の怒りを体現するドナルド・トランプとは何者か?なぜ、アメリカ国民はトランプに懸けるのか?違法移民、学歴競争、妊娠中絶問題から、イスラム国、戦争参加、日本の核保有、米軍撤退問題まで、リアルで苛烈なアメリカ国内の政治思想対立を解説。ポピュリズム、アイソレーショニズム(国内問題優先主義)、リバータリアニズムをキーワードに、ドナルド・トランプの人間像を読み解く。アメリカ社会の荒々しい裏側と世界最先端の動きがよくわかる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 40843 KB
  • 出版社: 日本文芸社 (2016/7/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01KLUZBFW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,368位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
マスコミは、伝えたがらなかったが、米国内の白人中間層の苛立ちは、おおきなうねりを起こし、トランプに勝利をもたらした。
リベラル寄りのマスコミの予想と期待は、あっけなく裏切られ、トランプ氏はあれほど叩かれたにもかかわらず、結果はこれだ。
全米大手マスコミ59社のうち、トランプ支持は2社のみであった!ヒラリー支持に回った、リベラル寄りのマスコミ57社側の敗北でもある。本書を読めば、現実の勝利の理由がよくわかる。
英国のEU離脱、トランプの勝利から見えてくるものは、グローバリズムの終焉。グローバリズムを真っ先に提唱した英米から、その崩壊が始まったことに、注目するべきだ。日本は、そこから学び今後は、あらためて自力の防衛を考えなくてはならない正念場を迎えたのだと思う。
著者は、本書あとがきにて、「私はトランプが嫌いではない、好きである」そして「私は日本のトランプになりたかった」と書いている。
マスコミのトランプ叩きに引きずられることなく、副島さんが独自の視点で、トランプ現象を検証分析そして予言した心意気に脱帽である。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
2016年7月発刊だから、それ以前に執筆されたものだ。その時期にこれだけ確信を持ってトランプ当選を予測していることは正に驚異的だ。従来筆者は「陰謀論者」と云われていた。
ところがこの書籍で筆者は、陰謀論者どころか完全な分析による慧眼をもった預言者となった。トランプのキッシンジャー訪問、ヒラリーの悪行など今から考えればこのような予測を生むのは当然とも思える。
それを見えなくさせたマスコミの見解こそ「陰謀論者」にも劣るバカ者ではないか。こんなバカ者達の情報に汚染されていたら、目利きの投資家にすらなれっこない。損をするのはバカ情報を信じるあなただ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
副島隆彦氏の本は、何冊も読んでいて、参考になる記述や論察が極めて多い。
この本で、副島隆彦氏は、「トランプ大統領」を見事に当てましたが、一方で、「トランプ相場」で、株高・円安になることは、大ハズレであったのも事実である。(「トランプ大統領誕生」と「トランプ相場で、株高・円安になる」という2点を同時に的中した論者は、私が知る限り、誰一人いない。)
もっとも、副島隆彦氏が深い論察と政治経済分析で、大統領選挙の何ヶ月も前から、「トランプが当選する。」と言い切って、この本を書き、そして見事に当てたことは、大きな評価に値することは、明白である。
ところが、どこのマスコミ(新聞、テレビ、雑誌など)も、副島隆彦氏を完全無視し、副島隆彦氏が「トランプ大統領誕生」を見事に的中させたことを新聞やテレビ、雑誌に全く書かないのは、納得できない。
インターネットの力がこれからも、どんどん高まり、一方で、マスコミ(新聞、テレビ、雑誌など)がこれからも、どんどん衰退することは、明らかである。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 かつて、アメリカという超大国の中でこれほど希望のない国家のリーダーが、選出される状況はあったであろうか? このような状況に陥った原因を一言で言えば、ロックフェラー家を頂点とする、ネオコン戦争国家の正体が、米国民全体に見破られてしまったということに尽きるであろう。
 アメリカ経済の破綻を、「戦争経済」という手段で挽回する以外に、もはやアメリカは生き延びる方法がなくなった。本来なら、ネオコン・戦争屋一派により、ジェブ・ブッシュを大統領に選出し、戦争経済(ウォー・エコノミー)を遂行していくはずだった。ネット世界の浸透で、9・11同時テロ以降の、イラク戦争やアラブの春やシリア紛争、ISニセ疑似国家の勃興等々、ロックフェラー・ネオコン体制の暴挙のしくみが、米国民にあからさまになってしまったのである。
 著者はかねがね、アメリカ一国を、“ダビデ大王”と言われるデイヴィッド・ロックフェラー体制が石油と軍事を独占することによって牛耳っていることを指摘、鮮明にしてきた。その101歳になるデイヴィッド・ロックフェラー体制の最期の綻びと撞着こそ、今度のどうにもならない大統領選挙の真実の姿なのであると説く。
 ヒラリー・クリントンが選出されようが、トランプ候補が勝利しようが、恐らく日本国家にとって明るい展望はないであろう。それでもトランプ大統領のほうがましだというのが、著者
...続きを読む ›
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover