通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トランプが戦争を起こす日 悪夢は中東から始まる (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ダストカバーに小さな汚れ/摩耗. ダストカバーに小さなしわ、または折り曲げ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トランプが戦争を起こす日 悪夢は中東から始まる (光文社新書) 新書 – 2017/3/16

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 799
¥ 798 ¥ 1

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トランプが戦争を起こす日 悪夢は中東から始まる (光文社新書)
  • +
  • イスラム唯一の希望の国 日本 (PHP新書)
総額: ¥1,685
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介


現代イスラム研究の第一人者が、
アメリカと中東の「危険な未来」を読む

<はじめに>
予想される最悪のシナリオは、
中東地域全体が、果てしない暴力や紛争の連鎖に巻き込まれていくことだろう。
たとえISが支配地を喪失したとしても、
テロリストたちは、シリア、イラク、トルコ、さらにはヨーロッパ各国の地下に潜り、
テロを頻発させる可能性を高めていくだろう。

◎ 内容紹介
アメリカの歴代大統領の大きな課題の一つに、対中東戦略が挙げられる。
アメリカの同盟国であるイスラエルの安全をどう守っていくのか、
石油をはじめとするエネルギーをどう確保していくのか、
そして近年に入って過激化するテロ集団にどう立ち向かっていくのか――。
トランプもまた、こうした課題に取り組まなければならない。
しかし、新政権から声高に聞こえてくるのは、「イスラム・フォビア(反・嫌イスラム)」的な発言だ。
本書では、イスラム世界に対する偏見やヘイトが、
いかに世界を危うい方向に導く可能性があるかに着目すると同時に、
これまで人類が時間をかけて築き上げてきた
平和・民主主義・人権といった普遍的価値の再考を促す一冊。

◎ 目 次
はじめに
【第1章】トランプはどう動くか
【第2章】新政権の危険な閣僚たち
【第3章】移民問題
【第4章】イスラエル・パレスチナ和平の崩壊
【第5章】「軍産複合体」国家
【第6章】テロは拡大する
【終 章】危機を乗り越えるために
おわりに

◎ 著者プロフィール
宮田律(みやたおさむ)
1955年山梨県生まれ。一般社団法人・現代イスラム研究センター理事長。
慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了、UCLA大学院歴史学科修士課程(歴史学)修了。
専門はイスラム地域研究、歴史学。
著書に『オリエント世界はなぜ崩壊したか――異形化する「イスラム」と忘れられた「共存」の叡智』(新潮選書)、
『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』(新潮新書)、
『石油・武器・麻薬――中東紛争の正体』(講談社現代新書)、
『イスラムは本当に危ない世界なのか』(潮出版社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの歴代大統領の大きな課題の一つに、対中東戦略が挙げられる。アメリカの同盟国であるイスラエルの安全をどう守っていくのか、石油をはじめとするエネルギーをどう確保していくのか、そして近年に入って過激化するテロ集団にどう立ち向かっていくのか―。トランプもまた、こうした課題に取り組まなければならない。しかし、新政権から声高に聞こえてくるのは、「イスラム・フォビア(反・嫌イスラム)」的な発現だ。イスラム世界に対する偏見やヘイトが、いかに世界を危うい方向に導く可能性があるかに着目すると同時に、これまで人類が時間をかけて築き上げてきた平和・民主主義・人権といった普編的価値の再考を促す一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 198ページ
  • 出版社: 光文社 (2017/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334039782
  • ISBN-13: 978-4334039783
  • 発売日: 2017/3/16
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 661,250位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー2017年4月12日
形式: 新書
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告