トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エデ... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ディスクにキズが目立つものには、研磨作業を行っ ております。 ケース割れには、ケース交換を行っております。 郵便局ゆうメールを使用し、クッション包装にて発 送させていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 884
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Y's(ワイズ)通販部
カートに入れる
¥ 1,000
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: さつき屋Web
カートに入れる
¥ 1,670
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 高木堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.1 329件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,179
価格: ¥ 871 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,308 (79%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Origin market☆毎日迅速発送☆お急ぎ便、代引き、コンビニ支払い対応してます☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 生誕25周年。限定、関連商品など盛りだくさん。「トランスフォーマー・ストア」はこちら

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • トランスフォーマー/リベンジ [DVD]
  • +
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン [DVD]
総額: ¥2,998
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シャイア・ラブーフ, マイケル・ベイ, タイリース・ギブソン, ジョシュ・デュアメル, アンソニー・アンダーソン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Mono, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2007/12/19
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 329件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000WZ8ME4
  • EAN: 4988113822640
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,881位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

●初回限定スペシャルアウターケース付き(Oリング仕様)!

【ここがスゴい!!】
★製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督マイケル・ベイが、日本生まれのロボット玩具を実写で映画化!
★日米No.1の大ヒット!! ILMが手がけた革新的なVFX 映像!!
★善と悪のロボット生命体と人類が繰り広げる壮絶なバトル!地球の危機を救おうとしたのは、平凡な少年と、変身する愛車だった…。

【世界で最も有名なロボット】
80年代に発売された日本製の変身ロボットがアメリカに輸出され大ヒット。関連玩具は現在まで23年間に渡り、世界130カ国、3億個以上を出荷。日本では『戦え!超ロボット生命体トラスフォーマー』のタイトルでTVアニメ化。

【特典映像】
<Disc.1>
■マイケル・ベイ監督による音声解説
<Disc.2>
■人類の世界
《物語の始まり》本作の映画化へ寄せるスタッフ&キャストの熱い思いを、インタビューやメイキング映像でつづる。
《人類の味方》主要キャストの熱演ぶりを、スタッフや共演者の証言や撮影現場の映像で紹介。
《巨大ロボットとの戦い》兵士役の俳優たちの軍事訓練風景や戦闘シーンのメイキング。
《戦いの場》砂漠、フーバーダム、L.A.市街など、主なロケ地での撮影の舞台裏。
■ロボットの戦い
《ロボットの起源》本作の元になった玩具やTVアニメの歴史、実写映画化に向けての舞台裏。
《オートボット 出動》オプティマスプライムやバンブルビーなど、オートボットたちの紹介とメイキング。
《ディセプティコン 襲来》メガトロンやスタースクリームなど、ディセプティコンたちの紹介とメイキング。
《オールスパークの内部》実写とCGの合成、ロボットのディテールへのこだわりなど、VFXに関するメイキング。
■目に見える以上の力
《砂漠シーン:スコルポノック 襲撃》生き残った米軍とスコルポノックが砂漠で死闘を繰り広げるシークエンスのメイキング。
《コンセプトアート》製作前に本作のビジュアルイメージを決定づけた精密なデザイン画の数々を紹介。
■劇場用予告編 3種
★隠しコマンドあり

※ジャケット写真、商品仕様などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

Amazonレビュー

   イラクで正体不明のヘリコプターが突然巨大ロボットに変身。米軍基地に攻撃を開始するという事件が起きた。米軍の総攻撃も全く歯がたたず、基地は壊滅をしてしまう。一方、アメリカでは高校生サムが初めて自分の車を持つことに。中古でカマロをゲットした彼だが、その愛車カマロがある夜に暴走を。車泥棒に盗まれたと思い、あわててその後を追うサム。だがそのサムが見たのはカマロが変形(=トランスフォーム)してロボットになる様子だった! その後、サムはロボットに変形したパトカーに襲われて…。
   日本の玩具がアメリカで人気となりアニメ化されてさらに火がつき、ついに実写化となった『トランスフォーマー』。とにかくすごいのはヘリや戦闘機、トラックや車などが変形してロボットになる様。まさに誰も見たことのない変形映像で、圧巻の一言に尽きる。しかもマイケル・ベイ監督が大好きな車を使ったカーチェイスなど、どこを切ってもベイ節大全開。彼がカッコ良さを感じているのであろう“自己犠牲”を話の軸にし、さらに得意のユーモアセンスも爆発させ、最高に楽しい痛快作に仕上げている。文句を言うのであれば、せっかくのロボット同士の戦いで映像が寄り過ぎていて何がなんだかわからなくなることが多い点。でもまぁ『ザ・ロック』など、常にベイの描くアクションシーンは“寄り”が多いので、ま、仕方ないといえば仕方ないのだけど。それと緩急のなさも気になるところ。でもゲームで速い映像に慣れている世代には、逆にこのくらいのほうが楽しめるはずだ。(横森 文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
原作アニメだって低年齢層向けですし、この映画も当時アニメにハマった親とその子供をメインターゲットにして
作られた作品なんですから、映画の内容が子供向けなのは当たり前じゃないですか。
そんな当たり前の事を指摘して批判・罵倒しても「だから何なの?」としか反応しようがありません。
わざわざウルトラマンの映画を見に行って「何これガキ向けじゃん」って
言ってるのと同じくらい的外れというか筋違いということに気付くべき。
むしろ、そんな内容の作品に莫大な労力と大金をつぎ込んで本格的なSFアクションにしてしまった
マイケル・ベイとスティーヴン・スピルバーグは賞賛されるべきなのではないでしょうか。

内容はと言うと、今時のオタクなモテない高校生が、宇宙から飛来した5人の
ロボット生命体オートボット(日本版では「サイバトロン」)や米軍の皆さんとともに、
地球征服を狙う悪のロボット生命体ディセプティコン(日本版では「デストロン」)から
地球を守るために戦う、いわゆる王道まっしぐらのヒーロー映画です。
オートボットは原作のアニメだともっとたくさんいるんですが、この映画では
5人しか登場しないので、何だか戦隊ヒーローみたいな雰囲気を出しています(笑)

個人的
...続きを読む ›
3 コメント 168人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
スゴイ映画を観ました。
日本生まれのアメリカ育ち。
アメリカではオープニング成績が、全米映画史上最高記録!!!の『お化け』映画です。
本来僕、SF映画ってあんまりピン!!と来ないんです。
燃えない・・・・。

ーで観てみると・・・・
スゴ〜イ!!!!!!
立て続けに3回程みてしまいました!!!
子供の頃の、ロボットのオモチャに興奮する感じ?
ジェットコースターに乗った後のような爽快感(怖いけど)?
何て言うかなぁ?最近のマンガ、テーマって言うか、何か難しいでしょ?
これは違います。チョー派手な打ち上げ花火みたいな、リフレッシュには一番の映画です。さすがスピルバーグ&マイケル・ベイ。
ホンマ『ハリウッド・エンターテイメントの超大作』。

NSA、FBIがわんさか。
国防長官も地球を守るために撃ちまくります。
な〜んも考えんでスッキリしたい方、トビキリのオススメです。

一つの不満は、トランスフォーマーが速いのか、カメラが近すぎるのか、今イチ動きがわかりにくいコト。
クルマからの変形シーン、戦闘中のシーンが、見やすかったら言うコトな〜し!!!

皆さんもスッキリして下さい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
トランスフォーマーはこれが一番面白いです。
話もよくできていますし、バランスも絶妙だと思います。
正直、2作目以降は映像だけはすごいのですが、出てくるキャラが破綻していたり、敵が味方みたいになってしまったり、味方が敵になったりとアメリカ映画のごちゃごちゃ感が半端ないです。
強いて言えば面白かったファーストシーズンの海外ドラマがシリーズが進むにつれて、あっちとくっついたりこっちとくっついたり、過去の恋人がでてきたりと初期のいいところをなくしちゃう感じです。日本人的感覚では「え~なんでそんなんなっちゃうの~」的ながっかり感があります。
なんにせよこの1作目は本当によくできてます。
話もまとまって終わりも綺麗におわっているし、お勧めです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
子どもが小さかったときにCGアニメーションのトランスフォーマー を一緒に観て、子ども向けのアニメでここまで凝るのかと感心しましたが、映画はもちろん そういった感想を超越し、最高の映像マジックで、古くて懐かしいテーマ 勧善懲悪、のび太君が勇者になるを彷彿される少年成長物語として素直に楽しめました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MM 投稿日 2007/11/5
形式: DVD
人類を滅ぼそうとする機械生命体(トランスフォーマー)とそれを阻止しようとするトランスフォーマーの戦いを題材にしたSF映画。ストーリーは単純で、単なる子供向け漫画レベルだが、そんなことはどうでもいい(元々漫画なんだから)。リアルなロボット(生命体)の動き、特に日常的な機械ががちゃがちゃと変身する過程は複雑で見応えあり、心躍った。

映画には、文学的に優れた作品を映像化したものと単純にアトラクションとして興奮してもらうために造られたものなどがあって、その趣旨は全く異なるが、本作品は明らかに後者に属する。大人も子供もターゲットにしていることが原因で、ストーリーや人物表現、科学的な考証などに厳しい評価をしているレビューもあるが、そんな野暮なことは考えずに、単なる娯楽作品、特に最新の映像を楽しむつもりで見て欲しい。また、実写部分の構図(カメラワーク)などは監督のオリジナリティーが感じられ、迫力十分。

DVDの特典映像からわかることは、CGが最大の威力を見せるためには、実写部分が同じくらい迫力を持たなければならないということ。そういった意味で、実写部分の撮影にも力を入れているスタッフには敬意を評すべきである。また、DVDで紹介されているアニメと比較すると、実写版のすごさがさらに強調される。

このような映像への挑戦があって、シミュレ
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック