Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


トラブルにならない「会社に有利な」ルールの作り方 単行本 – 2014/2/27

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 11,441 ¥ 375
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

◎社員も納得する「会社のルール」を作ろう
「ブラック企業」と言われず、また、優秀な人材が逃げ出さない会社にするには、労働法に違反しないルールに基づいて社員に働いてもらわなければなりません。
でも、小さな会社では労働法を杓子定規に当てはめたのでは運営が立ち行きません。
そこで、労働法の運用の仕方を工夫して、会社の効率・生産性が上がり、かつ社員も納得する「会社に有利な」ルールを作りましょう。

◎労働法は「守ることができるルール」に変えられる!
本書でいう「ルール」とは、主に労働法をベースとした社員との「労働契約」の内容のこと。
たとえば、労働基準法では原則「1日8時間以内、1週40時間以内」と定めていますが、
「時間外協定」や「変形労働時間制」を使うことで、原則の枠を超えて社員を働かせることができます。
つまり、「原則」を会社が求める内容にいかにアレンジするのかが知恵の働かせどころ。
本書では、経営者の悩みで多い「労働時間」「給料の払い方」「採用から解雇の仕方」の分野をメインに、合法なのに会社に都合のよい労働法の運用法をたくさん紹介します。

◎会社がトクするだけでなく社員にもメリットがあるルール設定を
「会社に有利」というだけのルール作りでは、社員の働く意欲が下がる可能性があります。
ルール作りは、あくまでも「同士」である社員と「会社」という舟をスムーズに前に動かすためのもの。
たとえば、「みなし残業代」は決して残業代を削減するためではなく、社員の能力が上がり効率的な仕事ができれば、短い労働時間で多くの給料が得られる仕組みになるのです。
最初の契約で、「何をすればどうなるのか」をハッキリ示すことで、会社と社員の進むべき方向が一致し、お互いに不信感を抱くことなく業務を進められるようになります。

内容(「BOOK」データベースより)

御社の労務管理は甘すぎます!クレーマー社員にも労働基準監督署にも立ち向かえ、会社運営もスムーズになる「ルール」を作りましょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 202ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2014/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534051670
  • ISBN-13: 978-4534051677
  • 発売日: 2014/2/27
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,370位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2017年8月21日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告