通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業 単行本(ソフトカバー) – 2013/11/23

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業
  • +
  • 成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●トヨタの優位は盤石か?
日本最大の企業であり、ものづくりの盟主とも言えるトヨタ自動車。トヨタ生産システムを磨き上げ、四半世紀にわたり君臨してきた業界の覇者に対し、トップの座を狙う最強のライバルが名乗りをあげた。欧州の雄、フォルクスワーゲン(VW)だ。

トヨタの人づくり、ものづくりとは対極をなす果敢な買収、オープン戦略でVWは急成長を続けている。その勢いは圧倒的だ。自動車の世界販売台数を見ると、2012年トップのトヨタは2007年と比べ6%増、2位のGMは横ばいにとどまるのに対し、VWは45%増に達し、上位2社に急迫している。

足もとでは、欧州市場の不振で業績が足踏み状態のVWに対し、体質強化と円安の追い風に乗って、トヨタは過去最高益を視野に入れるまでに復活した。しかし、著者は釘を刺す。「楽観論の中で思考停止していては危険である。パラダイムが変化していながらも古い構造を維持して繁栄を延長させることは時に可能である。まさに、2000年代のゼネラルモーターズ(GM)がそうだ。しかし、数年の延長はできても、永続はできなかった」(本書まえがき)。

日本・北米・東南アジアを得意エリアとするトヨタ、欧州・中国・南米を得意エリアとするVW。本書は、世界市場を静かに棲み分けてきた2強の成長シナリオを読み解き、2020年へ向けて激しくぶつかりあう姿をさまざまな角度から浮き彫りにする。

〔本書の内容より〕
▼主戦場は先進国から新興国へ
▼グローバル化の挑戦を受ける「人づくり」
▼VW帝国とピエヒ王朝の実像
▼モジュラー化は単なるコスト削減にあらず
▼8兆円投資でVWは1000万台超へ
▼トヨタは3年間、工場を新設せず?
▼自動車産業の合従連衡は続く
▼小排気量過給エンジンの実力
▼次世代ハイブリッドの戦略的な意味
▼中国市場の激戦
▼レクサスの先を行くアウディ

内容(「BOOK」データベースより)

果敢な買収、圧倒的な投資でトップを目指すVW。ものづくりと人づくりで世界を攻めるトヨタ。トップアナリストが激闘の構図を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 286ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2013/11/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532319196
  • ISBN-13: 978-4532319199
  • 発売日: 2013/11/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 190,772位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読めば・・・

(1) トヨタとVW以外の自動車産業の歴史が概観できます。
(2) トヨタとVWについてはもっとよく知ることができます。
(3) トヨタの有名なシステムが、修正を迫られている状況だという点が分かり易く解説してあります。
(4)当然ながら、話題にいなっているVWの問題点には触れておらず、VW=すごいかもしれない会社、という論調で書いてあります。

I was out of touch with what is happening in the automotive industry, and this book helped me be up on it.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日経書評でトップアナリストの最新本というので購入しました。数値分析や歴史は流石に良くかけていました。
しかし、同じ文章が何度も繰り返し出てくるのは推敲不足でノッキングです。
アーキテクチャ論も通説丸のみの上滑りでVWの戦略の神髄、スカニアからの学習経緯、マツダの快走などへの踏み込み不足の感が否めません。
さらに、大変恐縮ながら、独立したてのアナリストゆえなのか、国内権力者へのおもねりも何度か感じられ閉口しました。
本当に自動車産業の発展を志とするなら辛口批評も敢えて辞さない態度が本物のアナリストには必要な気がします。情報入らなくなるかもしれないし、気に入らないと目の敵にされるかもしれないけど。それを上回る分析こそがアナリストの命だと思います。残念。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最近の技術進歩の激しい自動車産業について少し知りたいと思って読みました。

内容はトヨタとVWに限定されたものではなく、広く自動車産業全般について書かれたものです。

これまでの歴史、今後の動向も書かれており、自動車に詳しくない自分には非常に内容の濃い一冊でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
業務都合で、自動車業界の現状を把握したくて買いました。
特に、10数年前に日本企業が強かった時代の知識しかなかったため、現在のVWが非常に強くなり、
パワートレインが多様化している状況を網羅したかったです。

結果的には、期待以上の濃さでした。
特にここまで変化した経緯と、アーキテクチャについてはよく書かれていました。

第8章は、それまでのまとめ程度で、さらなる変化要因などが追加されなかったのは少々残念でした。

現在、リアルタイムで大きく変化している業界なので、数年前の本を読んでいては追いつきません。
2015年までには読むべき本と感じました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nobu2002 投稿日 2014/9/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
先ず、誰に読ませたいのか、技術者?経営者?投資家?単に車に興味のある人?
技術の話なのか、経営の話なのか、周辺産業の話?
なんだか雲をつかむようで何とも。根拠も自分で調べたデータを使っていますが、どういう調査をしたの?ここでいうブランド力ってどういう定義?
他の産業で見習うべき点とか発展性が今一つ。パッとしませんね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
VWの勝利が当分続くという印象を強くした。マネージメント能力・戦略性において日本の会社は海外の企業に
劣っていると思われるからだ。
自動車メーカーが基本仕様を提示し、それに基づいて部品メーカーが部品を開発し設計図を作成し、
自動車メーカーの承認を受ける承認図方式を採用しているトヨタは、グループサプライヤーと「人、
もの、金」で結ばれ「摺合せ型」の個別最適開発を極める。
一方、欧州市場は保護と規制の温床となり、非効率的で停滞していた。しかしながら90年代後半から、
トヨタの経営モデルと距離を置き、欧州メーカーは独自の優位性を発揮できる戦略を採用し、プラットフォーム・
モジュール、メガサプライヤーの育成、水平分業、オープンシステム、アーキテクチャーと発展していく。
どちらがグローバル展開にとって優位性を持っているかは明確だ。
また、トヨタに限ったことではないが日本の企業の共通点として、Global Operationを行う人材不足は
相当深刻な状況だ。それにもかかわらず、それを補うべく外国人を登用しようという機会も少なすぎる。
人を育てると言いながら、結局、日本の承認なしでは何もできない、というのが実情ではないか(特にTier1レベル)。

今後、日系自動車
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー