通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2012年。ページの折れ跡が1ヶ所。カバー、小口に多少の使用感があります。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫) 文庫 – 2012/7/23

5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 998
¥ 998 ¥ 510

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)
  • +
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出 (ヤマケイ文庫)
  • +
  • ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)
総額: ¥2,812
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

真夏でも発症する低体温症のメカニズムが明らかにされ、世間を騒然とさせたトムラウシ山遭難の真相に迫る。
2009年7月16日、北海道のトムラウシ山で15人のツアー登山パーティのうち8人が死亡するという夏山登山史上最悪の遭難事故が起きた。
2010年には事故調査委員会による最終報告書が出され、今回の事故がガイドによる判断ミスと低体温症によるものと結論づけられた。
1年の時を経て、同行ガイドの1人が初めて事故の概要を証言。
世間を騒然とさせたトムラウシ山事故の詳細に迫り、検証したノンフィクションである。
また「気象遭難」「低体温症」「運動生理学」は、それぞれの分野の専門家が執筆にあたり、多方面から事故を分析・検証している。
事故調査委員会の見解を入れ、巻末には解説も新たに挿入。

内容(「BOOK」データベースより)

2009年7月16日、大雪山系・トムラウシ山で18人のツアー登山者のうち8人が死亡するという夏山登山史上最悪の遭難事故が起きた。暴風雨に打たれ、力尽きて次々と倒れていく登山者、統制がとれず必死の下山を試みる登山者で、現場は修羅の様相を呈していた。1年の時を経て、同行ガイドの1人が初めて事故について証言。夏山でも発症する低体温症の恐怖が明らかにされ、世間を騒然とさせたトムラウシ山遭難の真相に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 368ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2012/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635047466
  • ISBN-13: 978-4635047463
  • 発売日: 2012/7/23
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
中心はタイトル通り、夏山のツアー登山で起きたガイドを含む18人中8人の死亡者を出した未曾有の遭難事故の原因である『低体温症』が発生した科学的理由及びツアー登山の人的危険性を書いた本。
しかし、前半の1/3で書かれる自己調査報告書と生存者の証言によって再構成された遭難事故自体が圧倒的な筆力で書かれていて引き込まれました。
自分の周りで死んでいく仲間のツアー客やガイド。自分の"生"を賭けてまで謎の衰弱をしていく人間を助けるべきかどうかの極限の選択。
18人の名前を覚えるのが大変である事以外、パニック学的な要素を含んだ事故の説明が読ませます。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
そもそも、ツアー登山という言葉には矛盾があります。エンターテイメントが先行するツアーなのか、石橋をたたいても渡らないほどのリスクマネジメントが要求される登山なのか、どちらが優先されるのか、という矛盾です。本書を読みながらこの矛盾を深く考えさせられました。
自分の場合、自分の知見と力量の範囲、そして責任のとれる範囲で山に登ってきました。単独登山がほとんどなので、なおさら計画や行動には注意してきたつもりです。よって、リスクマネジメント最優先で臨むのが山のような危険な(少なくとも非日常的な)場所に行く場合の大前提である、と私は考えてきました。が、ツアー登山の業界ではそうではないことが本書を読んで分かりました。
自分自身の休暇登山で、今後ツアー登山を使うかどうかは分かりませんが、少なくとも「自立して行動できる」人間であり、自分の能力を管理でき、その範囲内で行動できる行動者でありたいと思いました(それでも人間に錯誤はつきものなのでしょうが)。

本書を読んでから、この事故の報告書やシンポジウム資料を批判的かつ詳細に読むと、登山以外の一般的なリスクマネジメントにも本事案で得られた知見が応用できるように思いました。しかし、八人の方の尊い人命が奪われた事実があまりにも重いですが・・・。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 吶喊尖兵 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
ドキュメントに勝るドラマ無しと言うが正にその通りで、
第一章はそのドキュメントであり、この部分だけでも読み物として十分通用するものでした。
ラストがどうなるかはわかりきっているのですが、
読んでいてドキドキハラハラ感があったのは事実だし、
山と言う物を経験していれば、
読書中は常に自分に照らし合わせて考えながら読めます。
勿論生存者により証言が異なる部分もありますが、
異なるそれらも併記してあり、極限状態での各人の受け取り方の違い等が垣間見えます。

最後尾にいたため幾人もの死を目の当たりにしながらも、
常に冷静に状況判断をしながら、的確な行動をとるS氏(本文中では本名)の奮闘ぶりが光ります。
ちなみにS氏は、それほどベテランと言うわけでもなく、
証言からすると、厳格で少々気難しい人物のように思われるのですが、
地図などを見てイメージトレーニングを十分にこなして挑むあたり、
トムラウシに対しては恐らくはガイドリーダー以上の見識を備えており、
経験はないが力量は十分にあり、その事に対する驕りを微塵も感じさせません、
また証言数が多く、矛盾点も無く本編の主人公と呼ぶにふさわしい人物でした。

生還ガイドの証言
...続きを読む ›
2 コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
登山しない方にも読んでいただきたい本です。
人はどこで道を間違えてしまうのか、そこからどうやって軌道修正するのか、
色んな意味で勉強になりました。
運命を分ける瞬間ってあるんだなぁと思いました。
怖いです。でも読み応えがあります。
久しぶりに心を動かされた本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
夏山での低体温症。トムラウシでの遭難があって、多くの人が注目するようになった。私も当時、高山に出かけるような登山はしていなかったがショッキングな出来事として記憶の残っている。翌年、ヤマケイ9月号(2010年)での特集も興味深く読んだ。
この本を手に取って読み始めたら、あっという間に読破。生存者の証言を元に忠実に当時の様子を描き出し、さらに、科学的、医学的な立場からの分析もされていて、現在、3000m級の山に登るようになった私には、その中から学ぶことがものすごく多かった。リスクマネージメントがどれだけ必要か。山に出かけるとはどれだけの危険を背負って出かけるのか。気象遭難に合わないためにどんなことを考えなければならないか。本当に考えさせられる。低体温症は高山だけでなく、低山でも、あるいは町中でも時には起こり得ることも知っておかなければならない。
 多くの人の生命と引き替えに私たちは多くのことを学ばなければならない。教訓を生かさなければならないと強く思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー