ZOIDS STRUGGLE がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: #S#【説明書あり】『営業所留』は可能です。漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、他社の値札シール、細かい傷や日焼け等がある場合がございます。特典や付属品はメールにて問い合わせ下さい。ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメールで配送できない商品は宅急便にて配送させて頂きます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,840
+ 関東への配送料無料
発売元: お宝中古市場沼津店
カートに入れる
¥ 2,380
+ ¥ 500 関東への配送料
発売元: 東京トーイ・ファクトリー[高価買取:ご連絡下さい!]
カートに入れる
¥ 2,900
通常配送無料 詳細
発売元: ゆめいろホビー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ZOIDS STRUGGLE

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 2,840 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,504 (61%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、じゃんぐらーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 新品未開封です。
新品の出品:6¥ 2,380より 中古品の出品:33¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ZOIDS STRUGGLE
  • +
  • ゾイドインフィニティ フューザーズ
  • +
  • ゾイドタクティクス
総額: ¥12,148
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0002XVD8S
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2004/11/18
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 8,064位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

大人気ZOIDS STRUGGLE


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

今までに発売されたゾイドのゲームとは方向性が完全に違う作品。
使えるゾイドは13体と他のゲームに比べると明らかに少ない。
ゲームとして考えても、操作性はシンプルで、やり込めば奥が深いものの、格闘ゲームとして考えると本格的な対戦格闘ゲームには明らかに劣る。
ではこのゲームで何が良いのかというと、ゾイドに関するもっと細かい部分。
まずはモデリングが良く出来ている。アニメ調ではなくリアル調でカッコイイ。
ゲーム中は間合いによってスムーズに視点が切り替えられる。
遠距離では見やすくズームアウト、近距離ではゾイドが大きく表示され、迫力の格闘戦が体感できる。
そして他のゲームでは貧弱な表現で描かれている攻撃を喰らった後のダウン。
このゲームでは装甲を破壊され、きりもみで吹き飛び、地響きと土煙を派手にあげてダウンする。
EX必殺技発動前などは、アニメでの必殺技使用時のようにポリキャップ周りが発光したりする。
使えるEX技もアニメを再現した機体特有のものから、カスタマイズパーツで選べるものまでカッコイイものがイロイロ揃っている。
カスタマイズで付けれる武器も豊富で、販売されたカスタマイズパーツはほとんど揃っている。
字数制限があるので語りつくせないが、ゾイド好きなら買って損はしないと思う。
逆に、面白い格闘ゲームを探してる方は、他のゲームを探した方が良いだろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
格闘ゲームです。
ゾイドファンで、ソイドの玩具以外の動きを見たい方、ちょっと変わった、人では見ることの出来ない野性的な動きが見たいにオススメします。
登場ゾイドが少なめな代わりに、追加武装のカスタマイズがある程度広く作られています。
ただし、格闘ゲームとしては易しめで、奥が深いわけでもありません。
ちょっと格闘ゲームに触ったことがある方なら、すぐにゲームとしては飽きが来てしまうでしょう。
また、ストーリーモードは淡々と進む感じがあり、魅力的ではありません。限りなく薄味です。
良くも悪くもファンゲームという感じがします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゾイドをモチーフとした対戦格闘ゲーム。

・レバーニュートラルで近接ガード、ステップで射撃ガード

・追加武装は設定した順にしか使えない

など、かなり独特のシステムを採用しているため操作に慣れるまで割と大変なのが欠点か。

あと、武装のカスタマイズが売りであるにもかかわらず、武器の値段が高すぎて全部そろえるだけで数十時間はかかると言うのは流石に問題がありすぎな気が。

とは言え、狭すぎず広すぎずなサイズのフィールドで、射撃は飾りだと言わんばかりに殴りあうってコンセプトは良い感じだと思うんで、星は4/3で。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/23
これはゾイドの対戦格闘ゲーム。
VS3では格闘攻撃のモーションがあまりに鈍く、出の遅さに腹立たしく思われた方も多いことだろう。格ゲーだから当たり前、なのかもしれないが、VS3で納得いかなかった生物としてのゾイドの動物的な素早い動きが改良されている。が、対戦格ゲーとして、またゾイドゲーとしてのツメの甘さが各所で気になるのも事実。
使える機体の少なさもどうだろう。VS3からみるとたった13機しかないというのはファンからすると物足りなく感じる。もう少し増やせたのではないだろうか。VS3もそうだが、無差別対戦ばかりでなく、ブロックスのみ参戦できるモード、練習用のプラクティスも欲しかった。またも「白虎」が登場しないのは憤慨ものだ。カスタマイズの幅も宣伝ほどではない。キャラボイスもおまけ程度に少なく、フルボイスが多くなった昨今「?」という気がする。登場13機中隠しキャラがたった2機など、やり込み要素が無いのもいただけない。
今回も痒いところに何も届かない。格闘好きにもゾイド好きにも中途半端な印象を受けた。インフィニティがPS2に移植予定だが、納得のいく集大成的な作品であるように願う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ゾイドの装甲、動きの描写はすばらしい。だからゾイドをみてワクワクする人ならば、このソフトを買っても損はないだろう。
 しかし、このゲームをプレイしてみて思ったことは、ゾイドは格闘ゲームの素材としては向かないのではないか、ということだ。
 まず操作面。格闘ゲームでは、多少複雑なコマンド入力によって技を発動するのが一般的だ。コマンド入力は少々複雑な操作を要することが多いので、どれだけ技を習熟したかによってキャラクターの強さも変わる。また、このコマンド入力によって格闘攻撃から飛び道具の攻撃へ、またその逆へと、直感的かつシームレスに移行できる操作感覚がこのジャンルの妙味と言える。
 しかし、このゲームでは、基本操作を簡略化して射撃にタメ時間を取り入れている上、格闘と射撃の間合いが著しく異なるため、両者のコンビネーションが死んでしまっている。ゾイド本来の装備の設定が、格闘ゲームとうまくマッチしていないのでは。ゾイドは機種ごとに目的・性格に著しい差があり、格闘戦の場面だけを想定するのは難しいと思う。
 性能面でもそうで、ゾイドは機種によって大きな差があるはずで、一対一の格闘ゲームには合わないのでは。確かに公式のゾイドバトルストーリーでは格闘シーンもある。しかし、その勝敗を最終的に決していたのはゾイドの機種ごとの基本性能であり、またどのゾイドにどのゾイド
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告