この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トミー コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロジャー・ダルトリー, アン・マーグレット, ロバート・パウエル, オリバー・リード, ジャック・ニコルソン
  • 監督: ケン・ラッセル
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Letterboxed
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/09/08
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002IJM2W
  • EAN: 4988003962807
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 55,520位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

1975年、カンヌ国際映画祭に出品され一大センセーションを巻き起こし、世界各国で爆発的なヒットを記録したロック映画の最高峰がついに究極版DVDとして復活!!!
1969年に発表され、ロック史上に ”ロック・オペラ” という新たなコンセプトを確立した金字塔的アルバム、ザ・フーの「トミー」の映画化で、多くの評論家に ”絵画、オペラ、音楽、演劇などいかなる芸術でも到底追いつかない、20世紀最高の芸術” と言わしめた歴史的傑作である。
このコレクターズ・エディションDVDでは、ザ・フーのメンバーであるピート・タウンゼントが自らリマスタリングを施した最新の5.1chサラウンド音声と1975年当時劇場にて採用されたオリジナルのQSクインタフォニック・サウンドを採用、ロック・オペラに相応しいスペックを実現した。ほかにも出演者の貴重な証言が聞けるインタビュー多数、鬼才ケン・ラッセル監督による音声解説も収録。
【映像・音声特典】(予定)
●ピート・タウンゼントインタビュー(約59分)
●ロジャー・ダルトリーインタビュー(約20分)
●ケン・ラッセル監督インタビュー(約20分)
●アン・マーグレットインタビュー(約15分)
●ケン・ラッセル監督によるオーディオ・コメンタリー
●オリジナル劇場予告編
●「トミー」メイキング・ドキュメンタリー(約21分)
●テクニカル・スタッフインタビュー(約20分)
●スチール・ギャラリー

《監督》 ケン・ラッセル(「マーラー」「アルタード・ステーツ/未知への挑戦」)
《製作総指揮》 ベリル・ヴァーチュー、クリストファー・スタンプ(「さらば青春の光」ストーリー・コンサルタント)
《製作》 ロバート・スティグウッド、ケン・ラッセル
《脚本》 ケン・ラッセル(オリジナル原案:ピート・タウンゼンド)
《音楽監督》 ピート・タウンゼント
《衣装》 シャーリー・ラッセル(「マーラー」)
《編集》 ステュアート・ベアード(「オーメン」「スーパーマン」「リーサル・ウェポン」)
《出演》 ロジャー・ダルトリー、アン・マーグレット、オリバー・リード、エルトン・ジョン ほか

Amazonレビュー

   ジャック・ニコルソンが歌う(歌おうとする)のを聴きたいと思ったり、アン・マーグレットが酔っぱらったようにベイクド・ビーンズの滝に打たれて跳ね回っているところを見てびっくりしたいと思ったら、『トミー』はまさにうってつけの映画だ。ザ・フーの素晴らしいロック・オペラは、たまたま監督ケン・ラッセルの映像に対する過剰趣味と抜群に一致、この1975年の映画は、ケン・ラッセル監督にとってもっとも代表的な作品となった。この作品は、ミュージカル的誇張がなされた発熱夢であり、それはピート・タウンゼントの、ロック叙事詩を描くという野心におあつらえのものだったのだ。内容は、表題の“耳が聞こえず、口もきけず、目も見えない少年”(ザ・フーのヴォーカル、ロジャー・ダルトリーが演じる)が、知覚を奪った子ども時代のトラウマを乗り越え、“ピンボール・ウィザード”となり、組織化された宗教の偽善に対してタウンゼントがしかける壮大な戦いの救世主というものだ。

   ラッセル監督の影像催眠術にかけられ、観客は夢見状態になるにもかかわらず、ストーリーは驚くほど首尾一貫している。トミーのオデッセイは映画全体を覆う音楽を通じて描かれ、それぞれの曲、血が逆流しそうな「アシッド・クィーン」(ティナ・ターナーのはまり役)、善意の医者役のジャック・ニコルソンの一曲、そびえ立つエルトン・ジョンの「ピンボールの魔術師」、そしてダルトリーの自己覚醒的「僕は自由だ」といった曲が、トミーの成長の過程で軸となる章を表している。エリック・クラプトンや、(すごいことに)ザ・フーのドラマー、キース・ムーンらも登場している。 すべてを通じてケン・ラッセルは信心深いといってもいいほどタウンゼントのアーティスティック・ヴィジョンに忠実だ。初公開当時こそ、評論家は賛否両論だったが、今みると『トミー』はいかれた映画のマイナー・クラシックであり、創造力をかきたてるミュージカルの鬼才作品として価値があるのだろう。(Jeff Shannon, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

退屈だと言っている人が何故かまた買って(見て)しまうところがこの映画の不思議な魅力なのだろう。映画の内容については他の方のレビューに譲るとして、このソフトにいてレビューさせていただく。まず上映時間が劇場公開及び、米国でソニー・ピクチャーズより発売されているもの(R-1仕様)より約5分短くなっている(106分)。これはこのソフトがカットされているからではなく、このソフトは英国盤を基に作られているからで、すなわちPAL原盤からNTSCへの方式変換が行われたためだ。その際のスピード変調があったようで、従って音のキーがやや高く、せわしい感じになっているが、ロックが主体なので違和感はさほどない。画質の精細さと自然さは米国盤のスーパービット仕様にはさすがにかなわないが、それと比べると多少どぎつい感じの色調である本ソフトも、映画の内容にはマッチしていて、これはこれでまたいいように感じた。いずれにしても過去の日本盤よりはずっと高画質になっているので、ファンにはたまらないだろう。音声は米スーパービット盤と同様DTS収録付きだが、全く別物。両DTSを比べると、音の分解感ではこのソフトの方が優れているように感じた。ちなみにロードショー公開時に採用されたのサンスイ開発「クインタフォニックQSシステム」は現在の5・1サラウンドシステムの源流のようなものであることが、付録のスタッフへのインタビューで明らかにさ...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1969年にザ・フーによってリリースされたアルバム「トミー」は、当時、日本ではあまり評判がよくありませんでした。
 原因は、歌詞、対訳がついていなかったため、リスナーに内容を理解されなかったことが挙げられると思います。
 私が、「トミー」を初めて聞いたのは、80年代終わりだったと思うのですが、その当時も対訳がついていなかったため、内容を把握するのに四苦八苦しました。
 特に、曲だけでは、ストーリーがよくわかりにくく、そういった点では、このDVDは大変役に立つものであります。
 ケン・ラッセル監督による、この「トミー」は、内容を忠実に再現しているだけではなく、映像としても大変楽しませてくれるものであります。
 私生活では、麻薬中毒でどん底のエリック・クラプトンや、離婚したばかりで失職中だったティナ・ターナーが、カムバックを目指し、必死になって演技しています。
 ロック界の奇人、キース・ムーンの存在も見逃せません。
 瞬きしていると、見つけることができないフーのメンバー達は、「キッズ・アー・オールライト」では、見ることの出来ない演奏もやってくれています。
 また、ファションセンスが、全く古臭くなく、今観ても十分新しさを感じます。
 個人的には、キューブリックを思い起こさせます。
 「ロッ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
欧米では高い評価を受けて商業的にも成功した作品。しかし、日本で初めて公開された時は話題にすらなりませんでした。「ロック」がまだ日本では一般的ではなく、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルのようなビッグ・ネームでも日本ではせいぜいレコードを10万枚売る程度。その中でもフーは特に日本で人気が出ず、したがってその人達が中心になって作った映画など、そもそも公開すら危ぶまれていた記憶があります。
当時中学生だった私も、映画館で見たものの、ストーリーとしては特に記憶に残りませんでした。ただ、アシッド・クイーンのティナ・ターナーやピンボールの魔術師のエルトン・ジョン、新興宗教の教祖役のエリック・クラプトンのところだけは強烈な印象に残っておりました。
この映画の数年後には、MTVの登場により音楽と映像のコラボなど当たり前になりましたが、当時としては相当先駆的なことをやっていたのが今としてはわかります。
ストーリーも、今でこそ当たり前のように認識されている児童への虐待とその精神的苦痛を根底に添えるなど、かなり先進的な社会的テーマであったことが、これも後になってわかりました。
他にも、アカデミー主演女優賞にノミネートされたアン・マーグレットの体当たりの演技など、もう少し日本でも注目されてしかるべき点が数多くこの作品にはあります。
ただ、惜しむらくは
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/18
映画上映年になぜかサウンドトラック(レコード)は購入したものの、映画自体は観ていません。
付属のブックレットや特典映像によって謎がすこしずつ解明されました。
なぜ、外部ミュージシャンを呼んだか、なぜ、ジャックニコルソンのような大物を呼べたか?
豆の噴出シーンはどうやって撮影されたか、等、裏話満載です。現在の年老いたふたりの解説、
回顧シーンも味わい深いものがあります。
音声も5.1チャンネルとクインタフォニックの2本収録されていますから、
装置をお持ちの方にお勧めです。
この映画の本当の主役はアン・マーグレットと音楽ではないかと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック