通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
トマト・ゲーム (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-6)... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややコスレ 本体薄ヤケ概ね良好軽い角折れ ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トマト・ゲーム (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-6) (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2015/6/4

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,037
¥ 1,037 ¥ 210

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トマト・ゲーム (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-6) (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 双頭のバビロン〈上〉 (創元推理文庫)
  • +
  • 双頭のバビロン〈下〉 (創元推理文庫)
総額: ¥2,981
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

壁に向かってオートバイで全力疾走する度胸試しのレース、トマト・ゲーム。22年ぶりに再会した男女は若者を唆してゲームに駆り立て、残酷な賭けを始める。背後には封印された過去の悲劇が……第70回直木賞候補作の表題作をはじめ、少年院帰りの弟の部屋を盗聴したことが姉を驚愕の犯罪に巻き込む「獣舎のスキャット」等、ヒリヒリするような青春の愛と狂気が交錯する全8篇収録。恐怖と奇想に彩られた、著者最初期の犯罪小説短篇集。

出版社からのコメント

2011年に上梓した『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―』以降、著者の新刊および復刊のペースは目をみはるものがありますが、なかでも本書は、大人向け小説のデビュー作である「アルカディアの夏」や、直木賞候補作「トマト・ゲーム」を含んだ、著者最初期の短篇集の復刊となっています。しかも、単行本から文庫化にする際に、内容の過激さから削られた「獣舎のスキャット」「蜜の犬」を増補し、単行本時未収録で文庫化時に加わった「アイデースの館」「遠い炎」「花冠と氷の剣」はそのままに、今回加筆修正を加えた、いわば《完全版》としてお届けします。詳しくは、日下三蔵氏の解説をお読みいただきたいのですが、著者がいかに初めから「完成された作家」だったかがよくわかる、華麗なる狂気に満ちた豊かな作品世界をお楽しみください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 早川書房 (2015/6/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150311978
  • ISBN-13: 978-4150311971
  • 発売日: 2015/6/4
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 185,658位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ここ数年、尋常ではない数の皆川作品が刊行されている。ご自身、齢八十を超えて新作長編を精力的に発表し続ける一方、出版芸術社から『皆川博子コレクション』が順次刊行されている。また、いくつかの旧作が文庫化されたりもしており、過去の作品にもスポットライトが当たりはじめている。どこもかしこも皆川博子である。というのは冗談だが、無視できない流れではある。

おそらくその流れのひとつとして、本書も「復刊」されたのだろう。待ち望んでいた人も多いのではないかと思う。なにしろ、この本の単行本は1974年に講談社から出版され、のち1981年に講談社文庫に入ったがやがて絶版となり、現在ではいずれも入手困難だからである。本書は、その単行本から文庫本になるときに削られた2編とその代わりに追加された3編もすべて収めた「完全版」ということになる。今回も編集を務める日下三蔵氏の抜かりのない仕事ぶりにはいつも感心させられる。

本書に収められている8編のうち、「トマト・ゲーム」は表題作だった分だけ期待しすぎてしまい、実のところ今読むと多少の古さを感じる。私のオススメは「獣舎のスキャット」、「蜜の犬」、「アイデースの館」、「花冠と氷の剣」の4編である。無論、好みの問題ではある。「獣舎のスキャット」と「密の犬」は、30年前の文庫化の際に著者自身が「あまりに不健康かなァと、自粛してし
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
約30年前に書かれた作品だが、全く古さを感じなかった。

表題作はそれほど楽しめなかったが、個人的には「獣舎のスキャット」と「アイデースの館」が好きだった。

「獣舎のスキャット」は、初等少年院から出てきた弟と、誰からも愛されず普通に生きてきた姉の物語。姉は弟の生活を盗聴するのだが、とんでもない秘密が隠されていた。タイトルの意味も最後に明らかになる。

「アイデースの館」は、5つのデス・マスクを巡る物語。誰が何のために作ったのか。その謎を追求していく過程と結末がおもしろかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 表題作はセピア色の青春思い出語り…と思いきや、血と怨念の泥流に!!とてつもなくショッキングな短編集である。一本のアダルトビデオレヴュー文から、沈殿していたおぞましい過去が生々しくよみがえる「アイデースの館」が迫力。平穏に見える現在はうわずみにすぎず、噴出の機をうかがう過去のマグマエネルギーの前にただ人はなすすべもない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これがやはりどこを切っても皆川節満開なのである。表題作である「トマト・ゲーム」は一種のチキンレースを題材にした青春物・・・・といってしまえば簡単なのだが、やはりそう簡単にはいかない。ここで描かれるのは相克だ。いまの青春を謳歌する若者とかつての青春にすがりつく二人の男女。そこには長い時間が厳しく横たわっている。そして、それを乗り越えようとしたときに一番最悪なことが起ってしまうのである。ぼくが一番感心したのは「アイデースの館」だ。これは導入部からして異様な雰囲気をたたえているのだがそれが二転三転して大きな陰謀が浮上してくるあたりの話の転がし方が素晴らしい。いまでいえばジャンル・ミックス的なおもしろさなのだ。この人この頃からこんなスゴイ話書いてたのね。「アルカディアの夏」は、非常に印象深い一編。思春期の少女のあやうさを切り取っているが、その手法が独特だから、強烈に印象に残ってしまうのである。でも、この感覚はよくわかる。エロスとタナトスの関係は永遠に不滅なのだから。
「花冠と氷の剣」は、これを読んで『贅指』という言葉を知ったのが一つの収穫。着眼点がすごいよね。この感覚はスタージョンに通じるものがあると思うのだが、どうだろうか?これは主人公である女医がどんどん転落していく様がすさまじい。溺れるのを通り越して、最初から死んでるみたいなものだもの。凄惨だ。「漕げよ、マイケル」は本書の中
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告