トップをねらえ2! (5) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,460
通常配送無料 詳細
発売元: Leadway
カートに入れる
¥ 2,470
27pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: Prime会員送料無料|Your Media Store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トップをねらえ2! (5) [DVD]

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 2,460 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,804 (61%)
ポイント: 24pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、古本・斑屋【ご購入前に商品説明文をお読みくださいますようお願い致します。】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,460より 中古品の出品:11¥ 111より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • トップをねらえ2! (5) [DVD]
  • +
  • トップをねらえ2! (6) [DVD]
  • +
  • トップをねらえ2! (4) [DVD]
総額: ¥7,060
ポイントの合計: 81pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 福井裕佳梨, 坂本真綾, 沢城みゆき
  • 監督: 鶴巻和哉
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2006/03/24
  • 時間: 25 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000E6G112
  • JAN: 4934569619341
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,020位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

巨大ロボットを操って、人類の未来を脅かす宇宙怪獣と戦う美少女の姿を描いたアニメ「トップをねらえ!」の続編。声の出演は福井裕佳梨、坂本真綾、沢城みゆきほか。第5話「星を動かすもの」を収録。

レビュー

監督・原案: 鶴巻和哉 監修: 庵野秀明 演出・絵コンテ: 平松禎史 脚本: 榎戸洋司 キャラクターデザイン: 貞本義行 メカニックデザイン: 石垣純哉/コヤマシゲト/撫荒武吉 美術監督: 加藤朋則 作画監督: 林明美 メカニック作画監督: 阿蒜晃士 バスターマシンデザイン: いづなよしつね デジタルディレクター: 増尾昭一 音響監督: なかのとおる 音楽: 田中公平 声の出演: 福井裕佳梨/坂本真綾/沢城みゆき/岩田光央/山崎たくみ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品のすごい所は、前作がとんでもなく高いクォリティーでありつつも、それに負けない程、ファンを驚かすことができる点だと思う。圧倒的な大きさのモノ、数など、現在の描写手法で表すことができる視覚的な迫力の追求。前作のイメージを完全に払拭するデザイン、雰囲気にしつつも、前作の設定をうまくストーリーに組み込んでファンに好奇心を与えている所。これらが私たち視聴者の期待を裏切らず、また良い意味で裏切ってくれる。いささか展開が早すぎる所があって置いてけぼりを食らってしまうところもあるが、それはOVAの宿命と言うべきか。26話構成のTVシリーズだったらな〜と思うこともあるが、そこはトップ2作目を出してくれたという点でみんな我慢してくれると思う。

残すところは最終巻のみ、どんな壮大なオチが待っているか、みんな楽しみにしているはず。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まず見終わったあとの感想としては、予想を裏切らないクォリティと

「1」の視聴者をニヤリとさせる演出でファンとしては非常に満足な内容です。

ただし、これまでのように一巻で気持ちよく終わる内容ではありませんのでご注意下さい。

良かった点は、ニコラやラルクの変化が分かりやすく描かれているところです。

ニコラはついにアガリを向かえるところまで来て、よくない暴走をしてしまいますが、

本音がやっと聞けたような気がして好感触です。

ラルクに関してはノノや自分の置かれた状況等への鬱屈が晴れてスカッとさせてくれます。

また、敵の巨大感やバスター軍団の迫力ある演出等アクションシーンも鳥肌モノです。

ラストまでかなり盛り上げておいて・・アレ?という感じですが、

これはラストに見せるカタルシスへの前準備であることは間違いないでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
四話の後半の盛り上がりに比べ五話は、全体的に暗い感じで、期待した

バトルシーンもあまり無かったんでちょっとがっかりでした。

しかし前作「トップをねらえ!」との大きなつながりも見えてきて

ノノがいつも言っている「ノノリリ」という人物についても少しずつ

分かってきました。

ラストとても気になるところで終わってしまっているんで最終話がかなり気になります!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正確には、盛り上げようとしてます。

3話までのノリと、4話の完成度と、また変わった作品になってます。

一連のシリーズの一作としてはアリでしょうが、この30分一本で6000円を支払わせるのは、色々と意見が分かれそうですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 "お姉さま"が一転無力にして犯罪的立場にと成り下がり、対してノノは「おお人類の守護者、バスターマシン7号様!」と上に下にの大歓待。敵たる宇宙怪獣が人類の守護者にと変わり、そして遂に真の人類の敵たる変動重力源が現れる、と。正しい物の見方の提示はしかし、物語的には「正しい盛り上がり」をもたらしはしなかったようで・・・・・・。
 とにかく全編通して暗く絶望感漂い、これが最終話前の話とはとても思えず。ラストの展開なんか、ポカーンってなもんでしたし・・・・・・。ここからどう物語を大団円にともっていくのか、興味津々期待半分不安半分というのが正直なところ。最終巻、腹を据えて見てみようかと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 4巻にて、衝撃のデビューを果たしたバスターマシン7号の活躍。

 前作のトップでも、第5話では、ノリコが戦えなくなったおねぇさまことアマノカズミを励まし、宇宙怪獣を圧倒する展開であったが、それを踏襲した形の展開となった。

 ノノの家出元の謎やブラック・ホールが大きく影響する展開となり、前作のファンも納得できる内容なのではないだろうか。

 ただし、最終巻に期待を持たせるラストがずるい!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す