トッカータとフーガ/J・S・バッハ:オルガン名曲集 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トッカータとフーガ/J・S・バッハ:オルガン名曲集 Limited Edition

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、しょうせん堂 【在庫確実(品切れ無し)・年中無休】  ~Ships to worldwide~が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の バルヒャ(ヘルムート) ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: ヴァルヒャ(ヘルムート)
  • 作曲: バッハ
  • CD (2006/11/8)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 66 分
  • ASIN: B000I0S8J2
  • EAN: 4988005446688
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 113,634位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 トッカータ
  2. トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 フーガ
  3. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564 トッカータ
  4. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564 アダージョ
  5. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564 フーガ
  6. 幻想曲とフーガ ト短調 BWV542≪大フーガ≫ 幻想曲
  7. 幻想曲とフーガ ト短調 BWV542≪大フーガ≫ フーガ
  8. パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582 パッサカリア
  9. パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582 フーガ
  10. 小フーガ ト短調 BWV578
  11. コラール≪主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる≫ BWV639
  12. コラール≪いざ来ませ、異教徒の救い主よ≫ BWV659
  13. コラール≪目覚めよと呼ぶ声が聞こえ≫ BWV645

商品の説明

メディア掲載レビュー

`ドイツ・グラモフォン・ザ・ベスト1000`シリーズ。オルガニスト、ヘルムート・ヴァルヒャによる、バッハのオルガン名曲集。「トッカータとフーガ」「パッサカリア」「コラール《目覚めよと呼ぶ声が聞こえ》」他を収録した、1956、62、69、70、71年録音盤。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
オリジナル楽器全盛の現在、いまや忘れられつつある盲目のオルガニスト、ヴァルヒャのバッハです。

非常に地味です。コープマンあたりの生き生きとした演奏に比べて色彩感に乏しいので、ちょっと聴いただけでは魅力を感じない方も多いと思います。

でもこのパッサカリアはぜひじっくり聴いて下さい。重く静かに始まる低音主題、おずおずと遠慮がちに乗せられる第一変奏。今風の演奏に慣れた耳には「何これ?」と聞こえることでしょう。

しかし曲はいつしか壮大な高みに登りつめていきます。クライマックスで渾身の悲しみをこめて歌われる第1主題がなんと美しい響き!

この曲の「気高い精神性」を深く表現した名演だと思います。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 しゃんと背筋の伸びたたたずまいが好ましいヘルムート・ヴァルヒャのオルガン。その演奏から、こんこんと湧き上がるバッハの音楽の生命感が、よく伝わってきました。
 なかでも、主題と20の変奏からなる「パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582」に感動したなあ。荘厳で、揺るぎない音楽が、まるで夜空の星々のようにちかちかと瞬き、めぐって行く様は、本当に素晴らしいものでした。
 もう一曲、「トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564」のトッカータの音楽も気に入りました。ここでは、バッハの軽やかな音楽の煌めきに酔いましたね。この曲には、ブゾーニのピアノ編曲版を弾いたホロヴィッツの演奏(1965年、カーネギー・ホールでのコンサート)もあって、それもいいんですよ。

 録音データを記しておきます。
 「BWV565」「BWV564」 1956年9月。 「BWV542」「BWV582」 1962年9月。 オランダ、アルクマール聖ラウレンス教会大オルガン
 「BWV578」 1970年5月。 「BWV639」 1969年9月。 「BWV659」「BWV645」 1971年5月。 ストラスブール、サン・ピエール・ル・ジュヌ教会オルガン
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
デスメタルバンドのテクニカルなギターリフを追いかけていたら無性にバッハを聴きたくなって
このCDを購入しました。
クラシックの難しい事は知りませんが、このアルバムは私なりに感激しました。大満足です。
「トッカータとフーガ」BWV565 は一度聴いたら決して忘れる事のできない強烈な旋律で始まります。
アルバム全体のオープニングにふさわしい非常に強い曲だと思います。
アルバムで一番気に入ったのは「パッサカリアとフーガ」BWV582です。
この曲はオルガンの様々な音色が出てきて、音と音が対話をしているように感じます。
特にパッサカリアで低音と高音が重なる迫力の中間部、明るく優しい中高音、
後半の一瞬の空白に続いて現れるギラギラした主張の強い音色の中高音、
それを戒める様に反復される禁欲的な低音部・・・
淡々と演奏されているのですが、やがて強烈な感情に身震いします。
あらためてバッハの偉大さを感じました。演奏も素晴らしい。
良いアルバムに出会えました、究極の様式美に触れた思いがします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シネマA トップ1000レビュアー 投稿日 2008/4/10
形式: CD
 かつて盲目の哲人といわれた故ヘルムート・ヴァルヒャは、J・S・バッハの演奏でつとに知られるドイツのオルガン兼チェンバロ奏者です。
 これは大部のバッハのオルガン曲の全集録音版から、初心者にも敷居が高くなさそうでポピュラーな8つの楽曲を抜粋した作品集。録音は初期のステレオを含む古いものですが、そんなことも気にならないくらい圧倒的な音の厚みと精神の奥深さが伝わってくる名演揃い。

 私は夜の静けさのなかで荘重なパイプオルガンの響きにとっぷり浸かって時を過ごしていると、昼の慌ただしさに疲弊した孤独な心のうつろが澄明な安らぎでゆっくりと満たされるのを感じる。
 ヴァルヒャは20世紀の至高のオルガニストのひとりですが、近年忘れられた存在になりかけているようで淋しい。

 これが廉価盤で聴ける時代が来たんですね。
 ハードロックやヘヴィメタ系のサウンドが好きな若者にも、かなりおすすめ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック