中古品
¥ 1,850
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆめ屋堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに擦り傷があります。ページ内は良い状態です。(帯ナシ)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トウキョウ・モナムール―ピチカート・ファイヴのグラフィック・デザイン1985‐2001 大型本 – 2002/3/31

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,613

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

世界でも評価されるピチカート・ファイヴのグラフィック・デザイン。1985~2001までの、時代に残るシンボリックな作品の数々を1冊にまとめる。


登録情報

  • 大型本: 368ページ
  • 出版社: ピエブックス (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894441985
  • ISBN-13: 978-4894441989
  • 発売日: 2002/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 22.6 x 15.4 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 642,918位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
 信藤三雄氏率いるCTPPがグラフィックデザインを手がけたピチカート・ファイブのCDジャケットを中心としたアートワーク集です。
 信藤氏は、グラフィックデザインにおいて、写真において、素材において、形態において、さまざまな面で日本のCDジャケットのデザインに刺激を与え続けていますが、なかでもピチカート・ファイブの作品はずば抜けているのではないでしょうか。
 この本にはそんなCDジャケットデザインにおいて最高峰というか、一時代を築いたというか、そんなデザインが凝縮されています。
 その雰囲気は、キュートで、かっこよくて、渋くて。エッジが効いていて。なんて言葉で並べるといくらでもあるけれど、まぁカンタンに言えば、とにかくグッとくる。グッと。
 分厚くって読み応えもありますが、綴じがちょっと甘いのが悲しいといえば悲しいか。
 でも、とにかく本書を開くだけでなんとなく楽しい気分になる。うれしい一冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
音楽だけでなく、CD(LP)ジャケットやPVにも力を入れているピチカート♪
ピチカートのすべてが好きなピチカートマニアなら持ってて当然という感じ。
解散後にピチカートを知った人や、LPを持ってない人、ファンクラブに入ってなかった人、東京や関東近辺に住んでなかった為に
見れなかった広告やファンクラブの会報などまで細かく載ってます。
後ろの方には、ピチカート関係者のインタビューも記載。
お得な1冊だと思いますよ♪
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
(タイトルから続いて)それがピチカート・ファイヴ。デビュー当時から解散までのさまざまなアートワークの数々が惜しげもなく披露されるこの一冊、94年に出た「ブートレグ」とともにファン必携の書。CTPPの仕事で一番マッチングが良かったのがこのバンドだったと思うし、その最大の理由はもちろん小西康陽の存在だろう。しかし一般に手に入りやすかったアイテムの大半を押さえている自分に半ば呆れてしまった。もちろん後悔してません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック