この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トゥー・ハンズ

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の フライシャー(レオン) ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: フライシャー(レオン), ボルティモア交響楽団
  • 指揮: コミッシオーナ(セルジウ)
  • 作曲: バッハ, スカルラッティ, ショパン, ドビュッシー, シューベルト
  • CD (2004/11/25)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 91 分
  • ASIN: B000657LGU
  • EAN: 4988001901051
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 316,267位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 主よ、人の望みの喜びよ
  2. 羊は安らかに草をはみ
  3. ソナタ ホ長調 K.380 (L.23)
  4. マズルカ 嬰ハ短調 作品50の3
  5. 夜想曲 変ニ長調 作品27の2
  6. 月の光
  7. ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960 (遺作) Molto moderato
  8. ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960 (遺作) Andante sostenuto
  9. ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960 (遺作) Allegro vivace con delicatezza
  10. ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960 (遺作) Allegro ma non troppo

ディスク:2

  1. 左手のためのピアノ協奏曲

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

50~60年代、欧米を中心に活躍していたフライシャー。病から右手の自由を失ったまま指揮者として活動していたが、最新医療と懸命なリハビリで右手が回復、40年ぶりの両手による録音。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

30代後半、絶頂期にあったフライシャーの右手を襲った病魔。65年の引退は、カペルとカッチェンの早世にも匹敵する、アメリカ・ピアノ界痛恨の大損失だった。以来左手だけの演奏家、指揮者、教育者として活動、10年ほど前に漸く復帰したが、新日フィルのモーツァルト弾き振りを聴いたときは寂しさだけが残った。あれから7年余、実に40年ぶりとなる“両の手”での録音は、あの喪失感を埋め合わせて余りある、真に歴史的な復活の記録である。バッハとショパンの崇高なまでの静謐感。往年の煌めくタッチを偲ばせつつ、丸みを帯びた渋い音色が魅力的なスカルラッティとドビュッシー。そしてシューベルト最晩年の、諦観に満ちた白鳥の歌を気高く歌いあげるD.960。熱っぽいブラヴーラのフライシャーはもういない。だが還らない時間を惜しむことはもうすまい。この真率で瑞々しい歌に耳を傾けながら、むしろ以前とはまったく異なる芸術家として現れた、彼の輝きが続くことを願わずにはいられない。 (川田朔也) --- 2004年12月号


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ん? 投稿日 2004/11/29
形式: CD
難病で右手が全く動かなくなったフライシャーの両手再起アルバム。
昔の豪快な技巧派というイメージは全く消え、音楽を丁寧に祈るように作っていくタイプに激変しています。
確かに右手が良くなったと言っても、スカルラッティではちょっとキツい気がするし、ショパンのマズルカで激しくなるとミスも
出ますが、バッハやシューベルト、ドビュッシーと真摯な音楽を聞くと胸打つものがあります。彼の履歴が頭に入ってるからかも
知れませんが。
私の持つ輸入盤は前半の新録音だけですが、これに昔の録音も加えて、この大して変わらない値段付けなら
アンチ国内盤の私でも、買ってもいいかなという気になります。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
楽器 楽譜 技術 といったある意味障害となりうるものを全く超越した演奏。耳では無く 純粋に心でフライシャーの音楽に対する魂を感じられる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 「ジストニア」(局所的筋失調症)と呼ばれる右手の運動神経障害のため、1965年に第一線の演奏活動から退いたピアニスト、レオン・フライシャー(1928- )。治療によって右手の演奏能力を取り戻し、“両手”によるソロ演奏として、40年ぶりに録音したのが本CDです。

 2004年の6月4日から6日にかけて、ニューヨークで録音されたDISC-1の7曲。「今、こうして、ピアノを両手で弾くことができる喜び、その有り難さ」を深く感じて演奏しているピアニストの思いが、それぞれの曲にこめられているようで、胸を打たれます。バッハのコラール2曲、スカルラッティの「ソナタ」、ショパンの「マズルカ」と「夜想曲」、ドビュッシーの「月の光」と続く小品の演奏がとりわけ素晴らしく、心にしみとおる味わいがありましたねぇ。感動しました。

 DISC-2のラヴェルは、右手の障害が治る前、左手のための曲のピアニストとして演奏活動を再開した1982年の録音。録音の違いのせいか、DISC-1に比べて、かなり音量を上げて聴きました。“両手”によるDISC-1のピアノのような、一種特別の味わいというのは感じませんでしたが、幻想的な曲の雰囲気をよく捉えた演奏で、聴かせます。

 収録曲の思い出を演奏家が語った文章をはじめ、ライナー・ノートの文章も読みごたえがありまし
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 omikuji 投稿日 2015/2/8
形式: CD
レオン・フライシャーはやっぱりすげぇ、と思わせてくれる。手の故障を知らなくてもこんな演奏はちょっとない。ゲンリヒ・ネイガウスの一派以外でこれ程のピアニストはグールドぐらいじゃないか。
その上、手の故障の話を聞くと凄さは更に倍増する。本人が言うように、もはや手の数の問題ではない領域であろう。アイルトン・セナがサーキットにおいて神に遭ったように、レオンは天国の音楽のように奏でる。
後は自身の耳で聴くしかないか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
商品は早く到着しました。
とても良い状態で満足しています。
曲は大変素晴らしいです。
買ってよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック