トゥ・ザ・メタル がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★多少の使用感ありますが、状態良好です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,157
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

トゥ・ザ・メタル

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,625
価格: ¥ 2,330 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 295 (11%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、machan78♪が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

ニッパー(犬)グッズ ストア
蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画「His Master's Voice」のモデルとなった犬、ニッパー (Nipper)のグッズをご紹介。ほぼ等身大のルームライトや、10枚セットのコースター、Tシャツまで。詳しくはニッパー(犬)グッズ ストアをチェック


Amazon の ガンマ・レイ ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トゥ・ザ・メタル
  • +
  • Empire of the Undead
  • +
  • ランド・オブ・ザ・フリーII
総額: ¥8,892
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/2/17)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 57 分
  • ASIN: B00317COT4
  • EAN: 4988002591602
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 55,281位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
5:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
5:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
5:21
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
3:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
4:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
5:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
5:07
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
3:47
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

カイ・ハンセン率いるGAMMA RAYが、 1990年に「HEADING FOR TOMORROW」でデビューを果たしてから20年が経った2010年、
通算10枚目のオリジナル・フル・アルバム「TO THE METAL」を発表!

今作に関して、カイはこのように述べている。
「本作に収録されている曲は、良い意味でのキャッチーさを意識し、尺はやや短めに作った。
そして自分たち自身とオレたちの典型的なカラーを排除することなく、伝統と現代の間の橋渡しとなるようにトライしたんだ」


タイトルの「TO THE METAL」とは、
Cheers to the Metal(メタルのために)と、Pedal to the Metal(アクセル全開)というダブル・ミーニングを持つ。


本作では、ゲスト・ヴォーカリストとして、この上ない人物も力を貸している。
カイがHELLOWEEN在籍時にメイン・シンガーの座を託し、
ギタリストに専念したカイと共に、「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PART 1」、「同 PART 2」という傑作を創り上げたマイケル・キスクが、
“All You Need To Know”でゲスト・シンガーとして参加しているのだ。
キスクがGAMMA RAYの作品にゲスト参加するのは、「LAND OF THE FREE」以来、15年振り。

また、アディッショナル・キーボードとして、ULI JON ROTH BANDの08年の来日公演に帯同した、コーヴィン・バーンが参加している。

メディア掲載レビューほか

ジャーマン・メタル界の`ゴッドファーザー`こと、カイ・ハンセンがHELLOWEENを脱退して結成、2010年にデビュー20周年となるガンマ・レイの、通算10枚目のスタジオ・アルバム。盟友マイケル・キスクもゲスト参加した、記念碑的作品。 (C)RS

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 緑川 とうせい VINE メンバー 投稿日 2010/3/13
形式: CD Amazonで購入
ジャーマンメタルゴッド、ガンマ・レイのアルバム。2010作
前作「Land of the Free 'U」において、王者としての強力なパワーを見せつけた
カイ・ハンセン率いるこのバンド。本作はタイトルからしていかにもメタルへの愛を感じさせる。
1曲目のドラマティックなミドルチューンは、かつての「Land of the Free」の1曲目
“Rebellion in Dreamland”を思わせる雰囲気で、ややダークな香りを覗かせているが
続く2曲目はヘヴィな疾走と、正統派メタルとしての力強さ、そしてカイ・ハンセン節ともいえる
キャッチーなサビのメロディで聴かせる好曲で、なんとマイケル・キスクが参加している。
ヘニュ・リヒターとのツインギターも、ときに力強くときにメロディアスで、
随所にシンセアレンジも加えた壮麗な雰囲気とともに、いつになくシンフォメタル的だ。
かつてのHELLOWEEN風の疾走曲“Rise”、クールなヘヴィさも加わった“Chasing Shadows”、
そして、ラストの美しいバラード“No Need To Cry”まで、メタルとしての躍動感とメロディの
バランスがとれた作風で、楽曲の質も素晴らしい。カイの歌声は以前のハイトーンではなく
中音的を中
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
期待が大きすぎた反面か、あまりのめりこめませんでした。
音質もいいしバンド側の気迫も伝わってくるのだけど、なんだか以前のようにわくわくしない…。
自分にとっては、引き付けられるような分かりやすいメロディが足りなかったのかもしれません。

向こうかこっち、どちらが年取ったのだろう?(^-^;
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャーマンメタルの最高峰、ガンマレイの記念すべき10作目!メタル愛に満ちた作品で、疾走曲にミドルテンポ曲、バラードとヴァリエーションに富んだ内容。音的には、マジェスティックとランド・オブ・ザ・フリー2を足して2で割ったような感じで、正統派の印象が強くなっている。キメ曲レベルに達している2の『All You Need To Know』を筆頭に、I want outを思わせる3『Time To Live』、哀愁漂うアップテンポな5『Rise』、血管がきれそうな勢いでカイが歌う7『Shine Forever』、正統派なギターソロがかっこいい8『Deadlands』など収録曲のレベルは本当に申し分無し!若手バンドには絶対に表現できない質がここにある!間違いなく傑作なんだけど、何かが足りなくて星4つなんだよね・・・それが何なのかは聴く側によるのだろうけど、私的には、斬新さとメロディの美麗さが足りないのかな?とか思ってます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 緑川 とうせい VINE メンバー 投稿日 2010/4/6
形式: CD Amazonで購入
ジャーマンメタルゴッド、ガンマ・レイのアルバム。2010作
前作「Land of the Free 'U」において、王者としての強力なパワーを見せつけた
カイ・ハンセン率いるこのバンド。本作はタイトルからしていかにもメタルへの愛を感じさせる。
1曲目のドラマティックなミドルチューンは、かつての「Land of the Free」の1曲目
“Rebellion in Dreamland”を思わせる雰囲気で、ややダークな香りを覗かせているが
続く2曲目はヘヴィな疾走と、正統派メタルとしての力強さ、そしてカイ・ハンセン節ともいえる
キャッチーなサビのメロディで聴かせる好曲で、なんとマイケル・キスクが参加している。
ヘニュ・リヒターとのツインギターも、ときに力強くときにメロディアスで、
随所にシンセアレンジも加えた壮麗な雰囲気とともに、いつになくシンフォメタル的だ。
かつてのHELLOWEEN風の疾走曲“Rise”、クールなヘヴィさも加わった“Chasing Shadows”、
そして、ラストの美しいバラード“No Need To Cry”まで、メタルとしての躍動感とメロディの
バランスがとれた作風で、楽曲の質も素晴らしい。カイの歌声は以前のハイトーンではなく
中音的を中
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 文文丸 投稿日 2012/1/18
形式: CD
感じとしては7thに一番近い。一曲一曲がコンパクト。
キスクやダークが歌っていたりバラエティ豊富でミドル曲の出来がよいので飽きない。
I want outやShine onといったセルフパロが多いのもある意味聴きどころ。

ただ、Dethrone TyrannyやFight、Mother Earthのような一撃必殺曲がないので物足りない印象を受けてしまう。
♯3 Time TO Liveや♯5 Riseにもうちょっとパワーがあれば・・・と思ってしまう
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック