トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 DVD-OUTLET
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※こちらの商品はアウトレット品になります。色あせやシュリンク破れ、ケース破損などがある場合があります。DVD-OUTLETストアで在庫をチェック!今すぐ出品者のボタンをクリック!アマゾンからの出荷分を除き、当店で商品金額1,500円以上(同日発送分のみ対象)ご購入頂くと送料サービス!発送作業後に順次ご返金致しますので、反映までに1~2営業日かかりますこと予めご了承ください。※弊社からの領収書の発行は行っておりません。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,200
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]

5つ星のうち 4.3 148件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 920より 中古品の出品:4¥ 699より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でトゥルーマン・ショー (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]
  • +
  • イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]
  • +
  • ライアーライアー デラックス・エディション [DVD]
総額: ¥2,787
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジム・キャリー, エド・ハリス, ローラ・リネイ, ノア・エメリッヒ
  • 監督: ピーター・ウィアー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 148件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EWBUPI
  • JAN: 4988113756488
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 42,096位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

トゥルーマン・ショー

トゥルーマンは保険会社の平凡なセールスマン。しかし彼は自分の生活が少し変だと思い始めた。もし自分の人生が、実は“演出された作りもの”だったら…?

鬼才ピーター・ウェアー監督のもと、才人ジム・キャリーが絶妙な名演技を見せて絶賛されたヒューマン・コメディの傑作。

トゥルーマン・ショートゥルーマン・ショートゥルーマン・ショー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『マスク』のジム・キャリー主演による異色ヒューマンコメディ。トゥルーマンの人生は、隠しカメラで撮られたTV番組として世界中に放送されていた。彼はやがて自分の人生がすべて作りものだったことに気が付き…。“ハッピー・ザ・ベスト”

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2003/7/21
形式: DVD
 自分がテレビ番組の主人公として24時間世界中の注視を受けているということを知らないトゥルーマン。自分をとりまく世間がどこか妙ではないかという彼の予感が、やがて確信へと変わる重要なシーンで、日本人にはちょっとなじみがない西洋文化がカギとして登場します。
 ルーペを使って自分の結婚式の写真を仔細に見つめてみると、なんと新婦は右手の人差し指と中指を交差しているのです。これは英語ではkeep one’s fingers crossedという慣用表現があるくらい一般的な仕草です。日本人の中にはこれを「幸運を招くおまじない」と解釈している人がいますが、むしろこれは「これからおこなう計画を頓挫させるような災厄が降りかかったりしませんように」と祈る「魔よけ」の意味があります。指の交差は十字架を意味しています。これから幸せな新婚生活を築くことに胸躍らせても不思議はないはずの花嫁が、ましてや愛する夫とくちづけをかわしているさなかに、「災厄が降りかからないように祈る」というのはやはり不自然でしょう。
 妻の場違いな仕草を見つけた翌朝、トゥルーマンは出かける彼女に対して、I’ll cross my fingers for you.(今日一日キミに厄介事が起こらないように祈っているよ)と当てこすりを言い、妻も自分の失態に気づくという場面が展開していきます。
 この場面を見落と
...続きを読む ›
1 コメント 240人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 『トゥルーマン・ショー』と聞いて、まず思い出すのは、映画そのものではなくて、この映画に関して言及したアカデミー賞受賞式での、ジム・キャリーのスピーチである。これは、本当にすごかった。ジム・キャリーは、天才だと思った。何を大げさなとお思いかもしれないが、一瞬のうちに、『負け犬』が『勝利者』に変貌するのを見て、『こんな手があったのか』とつくづく感心した。
 『トゥルーマン・ショー』は、その年の作品賞にも主演男優賞にもノミネートされなかった。ニコニコ顔で登場したジムが明るくしゃべり出す。
 “Good evening, ladies and gentlemen. I'm here tonight to present the Academy Award for Outstanding Achievement in Film Editing. That's... all I'm here to do. I have nothing else to worry about. I can just... show up and enjoy the parties."
 (皆さん、今晩は。私は、今日アカデミー最優秀編集賞を授与するためにここにやって来ました。私が今日ここですることは、それだけです。だから、ほかに心配することは何もありません。ただ、出席して
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
10数年前、20台前半のころに一度見ています。
大筋を除き、細かな内容はよく覚えていなかったのですが、
なんだか自分にとって特別な作品なんだということはぼんやりと印象に残っていました。
なので、ブルーレイを買ってみました。

不覚にも号泣しました。きっと当時もそうだったのでしょう。
だから僕は、これが特別な作品だということを覚えていたんだな。

この作品は「一人の男の人生をテレビ番組に」というSF的なアイディアが傑出していることは言うまでもありません。
クスッと笑えるところや、空恐ろしくなるところなど、見どころや解釈はたくさんあるでしょう。
一方で、あんまり予算がかかっていなさそうな作りである、とは思います。

そんな中で、僕としてはこの作品を「親離れ、子離れの物語」として受け止めました。

プロデューサーは子供の頃から見守ってきたトゥルーマンを心の底から愛していて、
トゥルーマンが「一人の人間」として世界に一歩を踏み出すことを決めたとき、これを阻もうとします。
それはトゥルーマンを優しい世界に置いておいてあげたいという親心でもありますが、
一方で、声を荒げて「いいからやるんだ!」とトゥルーマンに試練を与える姿に、
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kemmaarch 投稿日 2006/5/6
形式: DVD
この映画は面白い。自由とは何か?自分の世界は本当の世界か?という問いや、何も起こらないような人生と思っていても、実は誰もがドラマのような人生を送っているんだ、ということを教えてくれているような気もする。そのあたりも面白いのだが、私にはこの映画の中にあるメディア批判の部分が一番気に入った。一般大衆の覗き趣味を刺激して、視聴率を稼ぐためだったら人の人生なんて死も含めて商品として扱ってしまう。後半部分の”監督”の動き、会話の中には自分を神(Creater)にまで昇華させてしまいトゥルーマンはおろか一般大衆まで見下ろす態度。しかし全世界に影響を与え、すべてが自分を中心に動いていると見えた監督の最高傑作トゥルーマンショーの映像が突然切れた後に視聴者が最初にしたことはテレビガイドを見ることだった。所詮は神様にまでなった監督の人生をかけた作品などは暇つぶしの何物でもなかったことを見せ付けてくれる。

この映画はもちろん作り物なのだが、よく考えると同じようなことはすでに日本を含めてどの世界でも起きているのではないだろうか?傲慢で我々大衆を見下ろし世界を自分達がリードしていると勘違いしているメディア、被害者の立場に無頓着で覗き趣味だけを刺激し続けるワイドショー、外国に行ってはありもしないステレオタイプを故意に強調し、現地(ニューギニアとか)の人を日本に招くふりして晒し者にし、文化交流にかこつけて実際は日本の優越性を演出するテレビ局。こんな番組なんてもううんざり。そんなことを考えさせられた映画です。
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す