トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,200
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]

5つ星のうち 4.2 150件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 920より 中古品の出品:5¥ 577より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でトゥルーマン・ショー (字幕版)を今すぐ観る ¥ 100 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]
  • +
  • イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]
  • +
  • ライアーライアー デラックス・エディション [DVD]
総額: ¥2,843
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジム・キャリー, エド・ハリス, ローラ・リネイ, ノア・エメリッヒ
  • 監督: ピーター・ウィアー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 150件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EWBUPI
  • JAN: 4988113756488
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,085位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

トゥルーマン・ショー

トゥルーマンは保険会社の平凡なセールスマン。しかし彼は自分の生活が少し変だと思い始めた。もし自分の人生が、実は“演出された作りもの”だったら…?

鬼才ピーター・ウェアー監督のもと、才人ジム・キャリーが絶妙な名演技を見せて絶賛されたヒューマン・コメディの傑作。

トゥルーマン・ショートゥルーマン・ショートゥルーマン・ショー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『マスク』のジム・キャリー主演による異色ヒューマンコメディ。トゥルーマンの人生は、隠しカメラで撮られたTV番組として世界中に放送されていた。彼はやがて自分の人生がすべて作りものだったことに気が付き…。“ハッピー・ザ・ベスト”

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
どんな映画かまったく知らずに見始めた。
なんでこんなに怖いんだろう?
どこが怖いのか自分でもわからず、
その怖さの正体を知るためにリタイアせずに見続けた。
・・・なるほど。と、途中で怖さの正体がわかって
自分がおかしいわけじゃなかったんだ!と安心した。
最後まで観た感想は、アメリカらしい映画だなーというのと
ジムキャリーの映画を初めて観た(!)ので
うわさ通りチャーミングな俳優なんだなーということ。
レビューを書こうと思ったところで初めて話題になった作品だったと知った。
「知らないでいる」ことって確かにすごい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
太陽を登らせ、嵐を起こさせる巨大なステージ。その中の主人公は、そのことを知らない。奇妙な映画です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
経済人間哲学として勉強しました。
ショービジネスと人権、カルマ。
素晴らしい映画でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
10数年前、20台前半のころに一度見ています。
大筋を除き、細かな内容はよく覚えていなかったのですが、
なんだか自分にとって特別な作品なんだということはぼんやりと印象に残っていました。
なので、ブルーレイを買ってみました。

不覚にも号泣しました。きっと当時もそうだったのでしょう。
だから僕は、これが特別な作品だということを覚えていたんだな。

この作品は「一人の男の人生をテレビ番組に」というSF的なアイディアが傑出していることは言うまでもありません。
クスッと笑えるところや、空恐ろしくなるところなど、見どころや解釈はたくさんあるでしょう。
一方で、あんまり予算がかかっていなさそうな作りである、とは思います。

そんな中で、僕としてはこの作品を「親離れ、子離れの物語」として受け止めました。

プロデューサーは子供の頃から見守ってきたトゥルーマンを心の底から愛していて、
トゥルーマンが「一人の人間」として世界に一歩を踏み出すことを決めたとき、これを阻もうとします。
それはトゥルーマンを優しい世界に置いておいてあげたいという親心でもありますが、
一方で、声を荒げて「いいからやるんだ!」とトゥルーマンに試練を与える姿に、
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
かなり前のSF小説で筒井 康隆さんの『おれに関する噂 』という小説があったが、その本を思い出した。ここまでセンチメンタルではなっかったがどちらも面白かった。あの本にヒントを得たのかな?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
後半盛り上がるにつれストーリーも盛り上がり、全世界の視聴者たちも固唾を吞んで見守る、そして最後にはやったぜと言わんばかりに視聴者も大歓喜。
晴れてハッピーエンドなわけですが、これがちょうど映画を観ている自分の反応と重なって、それがもうどうしようもないんですよね。
この映画を観る人も、もうどうしようもなくトゥルーマン・ショーの視聴者なのだと。薄々感じていたことが確信に変わるわけで、それをきちんと伝わる形で表現した監督は紛れもなくすばらしいcreatorなのでしょう。観るものすべてを映画の出演者にしてしまった。入れ子構造の中に組み込んでしまった。メディアを使ってメディアをクリティカルに、そしてスマートに批判していて、これこそエポックメイキングな映画と呼べるものなのではないでしょうか。
そんなことをレビューを書くと考えるのですが、普通に観ても十分に楽しめます。少なくとも私が初レビューをこの映画に捧げてしまうくらいには。
そして写真を見ているシーンで理解できなかった指の意味を説明してくださるレビュワーさんがいらっしゃったことで、見終わって尚楽しめました。
必聴の映画だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
まとめサイト?のバッドエンド映画でタイトルを見て気になってた。
今回見てみて、人生がTV番組で実は作り物ってアイデア(だけ)は良い。
世にも奇妙な~なんかに丁度良いネタだと思う。

考え得るオチは、作り物だと気付いて終わるバッドエンドショートストーリーか、
その先まで描くかだろうが、この映画は主人公が作り物の世界を脱出しようとし、
最果ての壁の扉を開けた所で終わる。さらにその先は描かれてない。
外は悲惨な世界で作り物の方が良かったとかなら、もっと分かりやすく面白かったんじゃないだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す