日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

トゥルーマン・ショー (字幕版)

 (3,256)8.11時間42分1998G
トゥルーマンは保険会社の平凡なセールスマン。しかし彼は自分の生活が少し変だと思い始めた。もし自分の人生が、実は“演出された作りもの”だったら…? 鬼才ピーター・ウェアー監督のもと、才人ジム・キャリーが絶妙な名演技を見せて絶賛されたヒューマン・コメディの傑作。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ノア・エメリッヒナターシャ・マケルホーンホーランド・テイラーブライアン・ディレイトウナ・デーモン
プロデューサー
エドワード・S・フェルドマンアンドリュー・二コルスコット・ルーディンアダム・シュローダー
提供
Paramount
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

3256件のグローバルレーティング

  1. 62%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Nighthawk2019/06/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
この映画の狂気はどこにあるのか?
確認済みの購入
ジムキャリー主演の名作映画。1998年制作。
最後のシーン「終わっちゃったよ」「番組変えろよ」「番組表は?」このセリフにこの映画の全てが詰まっていると思う。
ある意味サイコサスペンス。コメディ映画の皮を被ったサイコサスペンス、またはサイコドキュメンタリー

この映画の狂気はどこにあるのか?
街の中にいるキャスティングメンバー?
それとも制作スタッフ? プロデューサー? それともスポンサー?

私には番組の視聴者が一番の狂気に見えました。
168人のお客様がこれが役に立ったと考えています
良品大好き2018/07/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
初めは映画を見ているだけだったが・・・
確認済みの購入
初めは映画を見ているだけだったが・・・

最後になる頃には、見てる側もトルゥーマン・ショーを見ている気持ちになる!!

すごい映画だ。
92人のお客様がこれが役に立ったと考えています
aroma552018/11/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
伝えたかったのは何か?
確認済みの購入
既に学者たちの間でも"この現実世界はシュミレーションプログラミングの可能性が50%以上ある"と語られている
今、この世界がプログラミングだとしたら…。
パラレルワールドが存在する定義もわかりやすくなるし
重力によって時間軸がずれる方程式も、わかりやすくなる
だからこそ、学者の間でプログラムの可能性が高いと考えられやすいのだろう。

このトゥルーマン・ショーでは、「TV」として伝えているが、この脚本を考えた方はきっと、そういった考えを伝えたかったのでは?と感じていまいます

では、この現実世界をプログラミングした意図、存在は何だろうか…?
その存在こそが神ではなかろうか。
イエスは言いました
「人はみな、神の子である。なぜ、それに気が付かない」と。

聖書を読み、自分なりに解釈すると…神は自分の分身を作り、さまざまな環境に身をゆだね、さまざまな価値観や文化であってもこうあるべきだという新しい真理を追究しているのではないか。と感じる

だからこそ、神はどんな人であれ許し、愛するのではないか。

と…最後は痛々しい感想になりましたが、とても考えるきっかけを作ってくださった良い映画です。
はじめて見たときには、衝撃を受けた一本ですね。
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
karubi2018/11/03に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
胸糞悪い
確認済みの購入
タイトルの通り。この感想が少数派なのがまた納得いかない。
60人のお客様がこれが役に立ったと考えています
しんちゃん2018/07/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
「籠の中の鳥」、「自我の目覚め」を示唆
確認済みの購入
生まれて生きて今まですべてを監視されている。ある意味我々の日常も同じなのかもしれない。監視しているのは神様、それは自分自身なのかもしれない。自分自身の知る範囲の世界で生きている、まるで籠の中の鳥のようにある意味安全で快適である。しかし、自我が芽生えそれに気づいた時、自我は籠を破り、危険かもしれない、いやかなり危険で自分自身が知らない世界へ飛び出すのだろう。一方で自我は自分自身を守るために行動を阻止する。酒場で見ている聴衆が主人公が外に出るかどうか賭けるシーンがあり、みんな外に出る方に賭けていた。人間は酒を飲んで本能に近い意識の場合未知の世界を求めているのだ。トゥルーマンは外の世界でもトゥルーマンでいられるのだろうか?自我に目覚め今の世界を出て行き自由になった彼を我々はもう監視できない。
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2019/01/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
レビューの賛否両論を見てより一層面白くなる名作
確認済みの購入
何度見ても感動する名作
様々な意見を見るとより一層この映画は面白くなる
胸糞悪いと言った感想もシルヴィアの様にトゥルーマンを一人の人間であると感じたからこそ生まれる嫌悪感であり
それだけこの映画の完成度が高いということです
自分がどの人物の視点で感想を持ったか考えてみるともっとこの映画は面白くなる

様々な形でトゥルーマンは愛されている
視聴者はスターや疑似的家族として
番組の監督は息子として
シルヴィアは恋人として
それぞれの愛とは対照的にエキストラや役者の上辺だけの愛情がより一層引き立ち
監督の嫌っている「作り物の演技」がどの様なものかはっきりわかる

映像も美しくテンポも良く役者も最高
欠点が見つからないです
最初のインタビューや序盤の展開がよくわからなくても最後まで見れば必ず何かしらの感情を抱くので
是非最後まで見てほしいです
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
cosma2019/04/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人は生まれる場所を選べないが意思と勇気があれば新しい場所へ行くことができる
確認済みの購入
ラスト近くで船の舳先が壁(書割り)に穴をあけるシーンがすごく象徴的。自ら殻を破る力があるヒナは卵の中に留まろうとはしない、、、たぶんそういうことなんだろうと思う。トゥルーマンの最後のセリフも、ここは(作り物だったけど)自分をを育んでくれた世界、でももうここにはいられないよ!さようなら!という自立していく若者のある種の薄情さみたいなのが表現されていて見事だった。彼は扉を開けてこちら側に来たのでは無く、我々視聴者を取り残して新しい世界に巣立ったのだと思う。何度も見たくなる作品です。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
シリウス2019/07/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
おもしろかったです星5ですわ
確認済みの購入
おもしろかったです
ジムキャリーさんは素晴らしい役者さんですよね!
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示