通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
トイレの神様 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化があります☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品(CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属しておりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる場合があります。発送には、郵便局のゆうメールを使用します☆万が一商品に不備があった場合は、メールにてご連絡ください。対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

トイレの神様 単行本 – 2010/7/9

5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • トイレの神様
  • +
  • トイレの神様(DVD付)
総額: ¥1,831
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

シンガーソングライター・植村花菜が亡き祖母との思い出を歌った「トイレの神様」は、9分52秒という長さの曲にもかかわらず「聴く人誰もが泣ける歌」として話題となり、3月の発売以来10週連続で有線リクエストランキング10位以内、オリコンチャートでも上位を継続しています。
植村花菜はじめての著書となる本書では、祖母との心温まるエピソードや、この曲が生まれるまでの誕生秘話を初公開します。

内容(「BOOK」データベースより)

おばあちゃん、ホンマにありがとう。最愛の家族への思いを綴った、今いちばん泣ける歌「トイレの神様」感動の誕生秘話。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 宝島社 (2010/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796677542
  • ISBN-13: 978-4796677547
  • 発売日: 2010/7/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 1.8 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 582,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
トイレの神様の曲を聴いたときは、純粋に
「いいな〜♪」と思いましたが…

同タイトルで本まで出したんですか
「なんかそれは違うんじゃないか?」と感じました

感動した曲も、なんだか薄っぺらい
お涙頂戴ソングにしか聞こえなくなりました
メディアのゴリ押しやプッシュも見るに耐えないし

まあ売れればなんでもOKなのかな…
たとえ死んだおばあちゃんをネタにしてもね
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今話題の曲の書籍化。
正直歌の方は何度聴いても途中でダレてしまうため、本を購入して内容確認することに。
感想としては思ったより酷くなかったです。ただ、ありきたりだし、そんなドラマだ紅白だで宣伝する程かぁ?とも思いました。
しかし、最近本当に死人の持ち上げが多い。「死人に口無し」とはよく言ったもので、成程死人は文句も言わないし、絶賛の声も上げない。マイケルの時もそうだが、死ぬ前は皆してボロクソ言いまくってた癖に、死んだ途端まるで聖人のように扱う。何かの宗教みたいで心底気色悪い。このお婆ちゃんの話だって、最初から普通に孝行するに越したことはないワケだし(ドラマにはならないかもしれないけど)。こうやって死人を持ち上げる流れに加担するような作品は、自分は好きになれない。
まあ、それでも今は人情や義理何かより、お金を稼いで話題に上がれば勝ち、みたいな風潮だし、お金いっぱい稼げて良かったね、植村さん。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
FMで聴くくらいしか関心はありませんでしたが、初めてこういう歌詞を書く人ができたのかと、初めて聴いたときには感動しました。この感動はだれの心にも共通したようで、この本をよんで、業界の関係者も同じように感じたのだと思います。日本で歌を歌う人は恋歌しか歌えない人が結構多いように思います。植村さんもそのように思っていたと書いてありましたが、歌の本質はもっと広いものだと思います。そのことに気がついたとも書いてありますが、そうしたことを素直に書いている植村さんの歌に素直によいと思います。売れるかどうかではなく、自分のソウル(魂)を歌うことができる人はすばらしいと思います。これからもガンバレ!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
歌詞の内容について詳細に書かれた作品

読んでいて家族のこと

特におばあちゃんのことを思い出す作品だった。

一緒に暮らした経験のある祖父母の場合
やはりそれなりに思い出あり、
いろんなことがあったなあ・・・
と蘇ってくるものがあった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読み進めていけば、どこかに学ぶ点があるだろうと、
あきらめずに読み終わりました。

この本で、一番学んだことは、
有名になれば、どんな本でも出していいのだなーって事。
歌は、この本のあとで、聞かせていただきました。
本は、酷評してしまって、申し訳ないですが、
歌は、良かったですよ。
きっと、本は、不本意ながら出されたのでしょうね。
売れれば何でもいい。という事務所の考え方が、彼女の将来を摘み取りそうな気がします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最後の方に彼氏の話が載っていましたが、いらないかな〜って思いました。子供も一緒に読んでお互い感想を言い合いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
違う形で,色々な場所で色々な方法で語られた内容ですが,なんとなく身に近く感じるのはなぜでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
早速購入して、
今、一気に読み終った。

そこまで書いて良いのか?と
少しドキドキするほどに
これまでの家族の事
彼女自身の事が綴られていた。

本のタイトルにもなっている
「トイレの神様」
という曲と同じように
読み終ってみれば、
この事を語るためには、
削ってはいけない内容ばかりだった。

この曲が気に入った人には
是非読んでもらいたい。

で、植村花菜さんには
長く歌い手でいて欲しいなとも
思った。

一番気に入っているアルバム
「わたしのかけらたち」
がどんな思いで作られたか
知る事ができて良かった。

これを読む前に、アルバムを聴いていて
「わたしはじめ」という曲で
前の曲とのギャップに
ずっこけてしまい、
これはツッコんだ方が良いんだろうか?
としばらく悩んでしまったのだ。

ただ、曲の途中で、
「深呼吸してみた、久しぶりだった、
ただいま、おかえり、わたし」
という個所で、
色々あるけれど、明る
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック