通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論 単行本 – 2016/12/9

5つ星のうち 4.1 67件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,200 ¥ 1,014
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論
  • +
  • デービッド・アトキンソン 新・観光立国論
  • +
  • 国宝消滅―イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『新・観光立国論』の著者、30年間の集大成がついに刊行。

日本はいま、潜在能力をまったく活かせない「日本病」に陥っている。
その原因を特定し、「あたりまえの政策」を実行するだけで、
【平均年収2倍】【GDP1.5倍(770兆円)】が可能になる!

データに基づく客観的な分析で解説する、日本に輝かしい未来をもたらす方法。

■潜在能力が活かされていない日本
・日本は「GDP世界第3位」の経済大国
→1人あたりGDPは世界第27位
・日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国
→1人あたり輸出額は世界第44位
・日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国
→1人あたり研究開発費は世界第10位
・日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国
→1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位

■潜在能力を活かせば、日本はこうなる
・平均給与は男性が1.6倍、女性が2.7倍に。全体では約2倍に拡大
・GDPは1.5倍の770兆円に
・貧困問題、国の借金の問題、社会保障費問題も解決する

■筆者のコメント
皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、
有給休暇もほとんど消化せず、一所懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。
先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。
こんなにも教育水準が高い国で、世界の科学技術を牽引するだけの潜在能力がありながら、
1人あたりのノーベル賞受賞数が世界で第39位というのは、悔しくないですか。
「ものづくり大国」を名乗りながら、1人あたり輸出額は世界第44位と言われて、悔しくないですか。

私は、悔しいです。日本は、この程度の国ではありません。

日本の実績を「この程度」に押しとどめている原因を特定し、改革を実行すれば、日本は必ずや、劇的な復活を果たせるはずです。
本書がその一助となれば、筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

内容(「BOOK」データベースより)

潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋。人口が減っても、「昭和の常識」を打破すれば平均年収は2倍、GDPは1.5倍に!貧困、国の借金、社会保障問題もすべて解決!ベストセラー『新・観光立国論』の著者、30年間の集大成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 305ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492396357
  • ISBN-13: 978-4492396353
  • 発売日: 2016/12/9
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ライフシフトはどちらかというと働く個人に対しての提言なのに対し、本著は企業や政府に対する提言。
生産性を向上させないと日本には未来が無い。逆の見方をすると日本はまだまだ伸びしろがある。
一方で、生産性を向上すれば労働者が余るかもしれない。若い世代は引く手あまただが、シニア世代は終身雇用制度を捨てて新しい働き方をすべき時代。いろんな意味で既成概念を捨てて行動することが生き残る唯一の道だといえる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読み始めました。
すべてを人口ボーナスでかたづけるのはどうかと思うが、面白い視点で書かれているので、共感が持てます。
著者のキャリアもなかなかユニークです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一人あたりで見ると日本はまだまだ伸び代がたっぷりあることが言葉を尽くして説明されている。同意できる
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ついに外国人にまで言われてしまった。本に書いてある内容だけでなく、考えただけでも、アイデア無し、無計画、非効率なことばかり思い浮かびます。この議論は20年前からしている記憶がありますけど、まったく進歩がないのは何故なんだろうとこれまで考えていたけど、著者の言うように高度成長期の慣行をそのまま維持しているから、というのは本当に納得です。日本は危機的な状況というのは再認識できました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
女性に給料を低くしか払わないのは経営者の甘えだ、と言い切っているところが素晴らしい。
安い給料で滅私奉公させようなんてふざけるな、労働者は男だろうが女だろうが皆、自発的に生産性を上げはしない、生産性を上げるのは経営者の責任だ、ということ。そのためには日本的なよさという伝説から脱却せよということ。
1 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
思わずのめり込んで一気に読み切ってしまいました。

バブル崩壊から20年も経って、なぜいまだに日本経済は復活できないのか?
本書は徹底的なデータ分析によって、その原因と対策を炙り出します。
一番興味深かったことは、人口増加社会から人口減少社会という大きな構造的変化が起こっているにもかかわらず、日本人は過去の成功体験を引きずるあまり人口増加を前提とした現状維持を最優先し

「客観的に見て明らかに改善すべき制度でも、驚くような屁理屈を立てて存続をもくろむ人たちがあちらこちらにいます」

と言及している点です。
奇しくもこれは、25年前に発刊された名著「失敗の本質」で、旧日本帝国軍が犯した過ちと同じ結論に至っています。
「失敗の本質」ではこう言及されています。

「過去の戦略原型にはみごとに適応したが、環境が構造的に変化したときに、自らの戦略と組織を主体的に変革するための自己否定的学習ができなかった」

このまま何も手を打たなければ間違いなく訪れる日本の二度目の「敗戦」を避けるため、どうすべきなのかを考えさせられるいい本だと思います。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/21
形式: 単行本 Amazonで購入
テレビでは「日本すごい!」の大ブームだから、うっかりすると日本は経済大国で何でも優れていると錯覚しそうだ。しかし、この20年くらいは経済成長がとまり、急激な地盤沈下が起こっている。その結果、GDPでは世界第3位だが、それも人口が多いためであって、生産性つまり1人あたりのGDPだと世界27位にまで後退する。1995年以降は、他国に比べ生産性の伸びが著しく低下しているのだ。本書はその原因を明らかにし、解決策を示す。著者は、先ごろ「新・観光立国論」で注目浴びた元金融アナリストである。

過去日本がGDPにおいて優位を占めてきたのは、人口が多かったからであって、今後人口減少が進めば、たちどころに転落してしまう。だからといって移民導入を進めるのは効果的ではなく、イノベーションつまり生産性の向上が急務であると著者は主張する。GDP=人口×生産性なので、生産性を上げることで経済規模を拡大できるはずである。国際的にみれば日本は、全労働者の中で高スキルを持った労働者の割合が48%と最も高い。すなわち高い潜在能力をもった国であるから、生産性の向上の余地は大きいはずだと、著者は叱咤する。

そこで日本の生産性を阻害している要因が指摘される。まず、女性の活用の遅れである。女性の職場進出は進んでいるが、平均賃金は男性の半分ほどである。これは同一労働同一賃金が守られてい
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー