中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デート・ア・ライブ(3)狂三キラー (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2011/11/19

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 18
文庫, 2011/11/19
¥ 648 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

6月5日。災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」士道のクラスに転校してきた少女は微笑を浮かべ、そう言った。人を自らの手で殺す最悪の精霊――狂三。そして、士道の実妹だという少女も現れて――!?

内容(「BOOK」データベースより)

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2011/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829137045
  • ISBN-13: 978-4829137048
  • 発売日: 2011/11/19
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 403,920位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「狂三」と書いて「くるみ」と読みます。何度見ても「きょうぞう」と読んでしまいますが「くるみ」です。
基本、「キャラ萌え作品」といえるのですが、今回は少し旗色が違いました。
1巻、2巻とコミカルに続いた物語は3巻にきて、アホっぽい場面は残しつつも少々シリアスな場面が多くなっています。

物語は今回のメインヒロイン、狂三(くるみ)が突然学校に転入してくる所から始まります。
それまで登場した精霊たちと違い初めから社会性を持って登場してくるのですが、何故か初めから主人公の士道に対する好感度はMAX。
さらに士道の実妹を名乗る真那という少女まで現れ、狂三との浅からぬ因縁を匂わせます。
そして狂三がその本性を現した時、物語はクライマックスを迎えます。

狂三はそれまでの精霊とは比べ物にならない位「悪いやつ」っぽく描かれていますが、この作者の書く作品の性格からして、恐らく違うのでしょう。違うと思います。違うんじゃないかな。……違うといいなあ。

今回特筆すべきは、「悪い精霊」である狂三が登場する事で、1巻、2巻では謎となっていた秘密の片鱗が垣間見える事ですね。
このシリーズ、お約束なバカっぽい描写が多い割には裏の設定は真面目に作られていそうです。

しかし悔
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1巻・2巻と精霊をデレさせてきた士道ですが、今回の精霊はさすがにやばすぎる。
2巻のメインヒロインだった四糸乃はあまり出てきませんが、その分十香と折紙が頑張っていました。
前巻の終盤に登場した士道を兄様と呼んで慕っていた少女、『崇宮真那』。
彼女も序盤から登場しその強さを見せつけていたのですが、読み進めていくうちにとてもいたたまれない気持ちになってしまいました。

そして、今回のタイトルにもなっている第三の精霊、
『狂三(くるみ)』。
このレビューのタイトル通り、今回は今までとはまったく違います。
士道の中にあった『精霊』という存在をことごとく覆され、十香達のような『良い精霊』と狂三のような『悪い精霊』というものを存分に思いしらされました。終盤に行くと『こいつデレるのか?』とつくづく思いました。
ネタバレをしてしまうと、狂三の話は次に持ち越しというようになりました。
しかもその持ち越し方が半端じゃない。
最後は正に驚愕でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
狂三可愛すぎですね
いや、本当に

本編は続き物になっていますので次巻が楽しみです

始めての人を自分の意志で殺したことがある精霊となります
でもそれには理由が……
という感じです

ぜひ狂三もデレさせて欲しいです
でもあの人数デレさせたら大変なことになるんだろうなぁ(読めばわかります

デート・ア・ライブのヒロイン達はなんでこんなに可愛いのでしょうか
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ぶっ続けで読んだ狂三キラーですが、タイトル通り人が亡くなります。
狂三の何かを殺そうとしているのに自分が死ぬ覚悟がないのは変と言う所だけは共感しましたが、銃殺された後に影に引きずりこむ描写はグロかった。
十香や四糸乃とは違い明らかRPGで言うボスクラスのキャラだと感じました。
ラストはある人物が現れて終了します。
士道は何だかんだでやさしいナイスガイなので、壁にぶち当たっても頑張って欲しいと思えるキャラです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なすいろ 投稿日 2012/3/5
形式: 文庫
きょうz…じゃなくてくるみちゃんが僕好みです。
こういうキャラは是非とも妹さん辺りに屈服させて欲しいですね。

面白いです。読みやすさが最大の理由でしょうか。
無駄に長ったらしい文章を使わずに、それでもその状況を
しっかり伝えてくれるので脳内で妄想、もとい映像化しやすいです。
キャラクタが一人一人しっかり立っているので、アクションや、内面の
描写されていない部分における感情の動き方も把握しやすいです。

今回は特別なエピソードだったので、作品全体のマンネリ感を抑制していると思います。
1巻、2巻と順当に来たのに、3巻ももう少しというところで"まさか…"と思える展開は
ラノベを読んでいて久々にぞっとしました。これは怖い。

アニメ化も決定されたようで。おめでとうございます。
非常に早いタイミングでの発表ですが、作家さんはこれに慢心せず、
しっかり自身が考えた結末に持って行っていただきたいと思います。
今のところ、作家さんにはそれが出来るスキルが備わっていると思うので。

懸念すべきは、ハーレム物であるが故の収拾のつけにくさでしょうか。
どこか優柔不断っぽい主人公というのは最早避けようがないので、ど
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック