中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デート・ア・ライブ(2)四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2011/8/20

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
文庫, 2011/8/20
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高校に転校してきた十香は、鳶一と事あるごとに喧嘩を繰り広げ、毎日が修羅場な士道。唯一心休まる自宅に帰れば、訓練ということで十香との同居イベントが発生。動揺する士道の前に、第2の精霊が現れて――! ?

内容(「BOOK」データベースより)

高校に転校してきた十香は、クラスメイトの折紙と毎日のように喧嘩をしていた。そのたび二人を止めに入る五河士道は、下校中、第2の精霊と出会う。少女は降りしきる雨の中、傘も差さず、左手にウサギ型の人形を付け、道路を楽しそうに飛び跳ね―盛大にコケた。助け起こそうとした士道に少女は怯えた様子で言う。「いたく、しないで…ください…」世界から否定され、拒絶され、殺意を突きつけられても、なお相手を傷つけないように耐える優しすぎる精霊、四糸乃。「手伝ってくれ、琴里。…俺は―あの子を、助けたい…!」世界を殺す少女を止めるため、デートして、デレさせろ!?―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2011/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829136723
  • ISBN-13: 978-4829136720
  • 発売日: 2011/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 410,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
前巻でのレビューにも書きましたが、いわゆる「キャラ萌え」作品です。
こう書くと否定的に感じられるかもしれませんが、そうではありません。この作品の登場人物は全てキャラが立っていて、それぞれがその魅力的な個性を主張しています。
実際、現実ではありえないようなキャラ達ばかりなのですが、それを許せる楽しさがこの作品には溢れています。

さらに、お約束な「萌え」ではない「ああいい娘だ」と思わせる人物描写が、前巻よりもさらにパワーアップしており、今回のヒロインの四糸乃も、その描写のおかげでたまらなく可愛いと思わせる娘に仕上がっています。
この作品では、他のラノベや漫画等で使い古されたお約束な「萌えシチュエーション」は、全てギャグとして処理されています。
そういったお約束な「萌えシチュエーション」をギャグとして捉えられる人には、そこそこ楽しめる作品なのではないでしょうか。

「可愛い子」よりも「一生懸命な子、頑張ってる子」が好きな方、お薦めです。

私はこの作者のファンなので、多少甘い評価かもしれません。
でも深刻すぎず甘すぎないこの作者の文章は好きなので、自分の中での☆は5つ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現在中古品一円でも送料で251円、ブックオフでも108円ですな。

四糸乃を攻略するのが今回の話ですな、蛙色のウサギみたいなコスプレをしてる四糸乃です。
左手につけてるパペットがよしのんで、四糸乃の多重人格です。
デート・ア・ライブの中でゆういつ、デートせず攻略したキャラかもしれません、四糸乃ですな。
四糸乃攻略中に、十香とASTが見事に妨害してくれましたな。

それにしても、折紙が本作ではひどすぎるww
メイド服で出迎えるとかね。
家に連れ込んで、0巻で入手した「1gで象を発情させる薬」を入れたみたいでね。
ベッドも新品&ツインマクラとか、何やね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
第2の精霊、四糸乃が登場するお話。

2巻もライトノベルとしては、平均を上回る面白さであった。
しかし、1巻の勢いは衰えていた、というのが私の感想だ。

四糸乃のキャラ作りは、悪くない。
彼女の持つやさしさ、別人格を作らざるを得なかった苦悩は理解できた。
ただ、この設定自体はよかったが、もう一つ踏み込めていなかったように思う。
ライトノベルに多くの事を望むのは酷かもしれないが、この作品にはそこまで望みたい。
私にとって、それぐらい期待している作品だ。

折紙、十香のキャラも生き生きしており、物語の中で十分動いていた。
今後も楽しみなキャラである。

精霊を「攻略」する際の選択肢を選ぶ場面は、正直飽きてきた。
選択肢の内容は相変わらず面白かったが、選択行為自体は1巻で感じたインパクトはなかった。
今後もお約束として行われるのだろうが、選択肢の内容を工夫して物語を盛り上げてほしい。

気になる点がいくつかあった。

十香がシェルターを出て、四糸乃を救出に行った士道に会いに行く場面だ。
シェルターからそんなに簡単に出られるのか?
十香はなぜ、士道の居場所が分かったのか?<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EL 投稿日 2014/2/15
形式: 文庫
一巻がすごく面白かったので続けて購入しました。
ストーリーはすごく面白いし、ギャグ要素もあって、笑えるという意味でも面白いです。
絵師はネプテューヌと同じでつなこさんです。
すごく可愛らしい絵で、口絵なんて大胆すぎて驚いてしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 黒翼 投稿日 2011/8/23
形式: 文庫
1巻から長く間が空きましたが、遂に2巻の発売がされました。
今回の精霊は十香とは違いおとなしめの少女ではありますが、さすがに精霊、十香に引けを取らない力を持っていました。
このシリーズでは1巻と同様に、『人』と『人でないもの』との確執のようなものが表現されています。
主人公が精霊達を思って人間達に苛立ちを感じますが、人間達にもそれなりの理由があるからこそ、精霊達と戦っている。
そう言った理由があるから主人公は人間達のことを責められない。
『人』と『精霊』は共存出来るのか出来ないのか。
そう言ったことも物語の重要なキーポイントだと思います。話は変わり、1巻でその力を存分に振るっていた十香は今回は女の子としての一面をかなり出していました。 士道の妹である琴里も意外な一面を見せたりしていて、キャラクター達の新しい一面が垣間見える巻でした。
最後には新キャラが登場し次回への伏線を貼っていたので続きが楽しみです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック