通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感あり。通常中古商品の為、ヤケ・スレ・折れ、・汚れ・シミ・汚れなどの経年による傷み・使用感がございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典などの付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 300232
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 単行本 – 2014/7/17

5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,013

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人間行動の法則性が、ここまで明らかになった!

時間の使い方・組織運営・経済現象など、人間と社会に関する認識を根底からくつがえす科学的新事実。
科学としての確立と現場での応用が同時進行し、世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

日立製作所中央研究所で2006年に開発されたウエアラブルセンサ「ビジネス顕微鏡」による人間行動の研究が、
いま、人間・組織・社会の理解を根本から変えようとしている。
著者自身を含め、これまでのべ100万人日以上の行動を計測、その身体活動、位置情報、
センサを付けている人どうしの面会などを記録した「ヒューマンビッグデータ」が、
人間や社会に普遍的に見られる「法則」や「方程式」を次々と明らかにしているのである。
そのデータから明らかになる「法則」とはいかなるものか。
法則の理解は、私たちの生活や社会をどのように変えるのか。
世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!


《内容より》
人間の活動は、分子の熱運動と同じ法則に従っていた
人間活動の「効率」は、熱力学の「熱効率」の式で記述できる
人間は自由だからこそ、法則に従う
職場の生産性は、会話時の身体活動の活発さに左右される
従業員の幸福感が生産性向上につながることをセンサが証明する
開発遅延の少ない組織の「ソーシャルグラフ」には特徴がある
「知り合いの知り合い」を増やすことで組織統合を成功に導く新技術
購買行動を丸ごと測定する新技術で明らかになった「買いたくさせる要素」
大量のデータを解析し自動的に仮説を構築する人工知能「H」の誕生
「ビッグデータで儲ける3原則」とは何か?
人間の学習能力を人工知能が増幅させる「ヒューマン3.0」の時代へ

内容(「BOOK」データベースより)

人間の行動を支配する隠れた法則を、「方程式」に表す。ヒューマンビッグデータがそれを初めて可能にした!時間の使い方・組織運営・経済現象など、人間と社会に関する認識を根底からくつがえす科学的新事実。科学としての確立と現場での応用が同時進行し、世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 草思社 (2014/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794220685
  • ISBN-13: 978-4794220684
  • 発売日: 2014/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
手の動き度を、測ってみたら、
幸せさや、仕事の効率と関係していることがわかった!
大興奮の一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
センサー、ビッグデータ、ネットワーク工学、社会学、心理学…。点と点をつなぐような研究事例が掲載されています。
とりわけ、幸せの定義を定量化するという思案あたりを興味深く読むことができました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実に驚くべき本です.
発端は,ウェアラブル加速度センサーで著者自身の左腕の動きを1秒間に数十回,何年にも渡って記録していったこと.それを複数の人,さらに人と人との相互作用の計測に広げていった結果わかってきたこととは?

「人間活動は熱力学の法則にしたがうから,時間を自分で自由には使えない」
「幸せは加速度センサーで測れる」
一見,荒唐無稽にも聞こえるような話が次々と飛び出してきます.そして,このような内容には反射的に反感を覚える人もいるのではないかと思います.しかし,著者は自分の仮説から出発して,それを正当化する都合のいいデータを選んで見せているのではありません.これらは,「データがそう言っているので,そう考えざるを得ない」といった形で帰納的に発見されているのです.それゆえ,私は高い説得力を持っていると感じます.

本書の後半では,これらの知見をもとに,データから仮説を作り出す新種の人工知能を開発し,そのアドバイスをもとに意外な施策で企業の業績改善をもたらした実証例が紹介されています.結局は自社のシステムやサービスの宣伝をしているだけではないかといった見方もありうると思いますし,実際のところ,そういった役割も期待されている本だとは思います.しかし,著者はそういった小さなスケールで物事を考えているのではないらしいと
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書で引用されているデータはきちんと検証されたデータなのだろうか?。普遍性を感じない。そもそも何を持って「ビッグデータ」やら「大量データ」と言っているのか全く示されていない。
 冒頭にある「腕の動きを数えるとわかる驚くべき法則性」の章で使われているのはたったの12人のデータである。おそらくは著者の同僚、知人だろう。それが全ての人間に当てはまると考える(普遍性があると考える)本書の論法には、はっきり言って頭のなかに「?」が沢山出てしまった。たった12人から得られたデータがビッグデータなのであろうか?。最初から変なのである.はっきり言うが、本書で引用されているどのデータは,どういうデータ,どういう人数、どれだけの時間を書けたか、調査方法、実験方法を明記されていないと思う。「思う」と書いたのは85頁で読むのを止めたからである。
 とにかくおかしい。頁84-85にコールセンターのデータ?とやらがでているがここにもどれだけの人数をどれだけの期間調査したか書かれていない。ここまで読んで、読むのを止めた。科学者ならきちんとデータ、実験方法、実験時期、実験規模等を明示すべきである。この本が「科学」として成り立つなら、どんな事も成り立ってしまうよ。科学はそんなに簡単なモノでは無いと思う.

注1:私が考える「トンデモ本」とは「科学的に検証されていない適当なデー
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間活動のビックデータがウェアラブルセンサによって
収集され、日立の人工知能機械を使った解析により
人間活動が自然法則に従うことが明らかになった。

今話題のビックデータ、AI、IT、センサ技術を
組み合わせることで、可能になった人間行動の解析。
初めの1章は、人間の行動が指数分布に従うことを
示しており、とても興味深かった。
この章は自分の1日の行動を最適化するのに
とても有用である。

また3章における1/Tの法則も実際に肌感覚に
あっており、うなずきながら読んだ。
ただしこの話はべき乗則と同じで、「自然は
かくのようにある」としか言っていない。
人と会わなければ会わないほどもっと
会いにくくなる。だったらどうすればいいの?

5章の新しい見えざる手はとても面白い。
簡単に言うとスーパーコンピューターが解く解の
因果関係は人間には直観的に理解できないので
コンピューターに任せなさいということだ。
ただしちゃんと従えば幸せになると。

ここまで複雑な計算になると、実は計算が実験をやっていることと
同じことになってしまうので、原因と結果
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー